スロット永世77冠のゴマです

 

昨日は将棋の羽生善治先生が「永世七冠」を獲得したニュースが非常に多かったです

 

凄そうだけど「永世七冠」の意味わからんという方もいるだろう

 

将棋には、竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖という古くからあるタイトルと2017年からできました「叡王」の八タイトルあります

 

竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖の七タイトルはある一定の条件を満たすと殿堂入り的な形になります

 

各タイトルの「永世」への条件は

 

永世竜王:連続5期か通算7期
永世名人:通算5期
永世王位:連続5期か通算10期
名誉王座:連続5期か通算10期
永世棋王:連続5期
永世王将:通算10期
永世棋聖:通算5期

 

これを全部達成したのでものすごいことだと言うことです

 

月並みですが、おめでとうございます

 

お昼ですのでくだらない記事です

 

 

ポチお願いします


にほんブログ村

 

 

—–sponsored link—–




 

 

 

獲得タイトル自慢が勃発する

 

これだけ「永世七冠」ニュースになる+年末の飲み会のシーズンに突入となれば確実に

 

 

「君は今までタイトル獲得したことある?」

 

 

という上司のどうでもいい発言から上司の自慢話が世の中あちこちで始まるに違いない

 

そこでカウンターパンチをかますためにも、おのおの事前に自分の獲得タイトルを思いだしといた方が良いと思う

 

どんなことにも事前調査は勝利への一手だから

 

今年も上司をぶち倒すぞ・・・オォーーーー

 

 

僕の獲得タイトル

 

僕の今までに人生で獲得タイトルを並べてみた

 

 

・小学の時に校内、版画コンクール金賞
・小学校の時に校内マラソン大会で二位
・小学6年生の時に豊橋市少年野球でMVP獲得

 

 

真面目に答えるとこれぐらいがパッと思いついたのと同時に非常に早熟タイプの人間ということも分かった

 

このなかでも豊橋市少年野球でMVP獲得は今でも自分でも嬉しいタイトルです

 

野球にはちょっと自信はあります笑

 

どんな些細なことでもいいので、タイトルを言い合う準備は今年はしておいた方が良いです

 

—–sponsored link—–





 

僕はMVP!M君は〇〇!T君は〇〇

 

では、あの僕の友達で生きる屍的な伝説の男M君にはどんなタイトルがあるかだけお伝えしよう
(T君もさらりとね、、、)

 

 

僕とM君とT君の話を読んでない方はこちらから

 

 

あんなM君にも人生において獲得タイトルは一度だけある

 

 

打撃賞3位

 

 

これは今でも彼は思いっきり自慢してくる

 

僕がMVPを獲得した大会で彼は打撃賞3位を獲得した

 

おかしい!M君の打順は8番ですので、ほぼほぼ打撃力に関しては皆無

 

というよりそもそも、、、、M君がHITを打った記憶すら皆無だ

 

なのに、M君は打撃賞3位を獲得した

 

僕はM君より打った記憶はあるが僕は獲得できなかった

 

おかしいおかしいおかしすぎる・・・・M君はひたすらバントとデットボールをくらい続けるという、キャプテン翼で言う石崎的には頑張っていったのは評価する

 

またガッツだけが持ち味というのみでセンターというポジションを獲得して、平凡なセンタフライをジャンピングキャッチの後にガッツポーズするM君を僕は忘れない

 

頑張ってはいたが打撃賞3位には価しないが、M君は現実にタイトルを獲得した

 

 

しかし、よくよく考えたらM君が打撃賞3位を獲得した理由がM君にはあった

 

 

M君はひたすらバントとデットボールをくらい続けて、たまにHITを打った

 

ということは、打率が高めであった

 

これがM君がタイトルを獲得した裏ワザである

 

今一度言おう、打撃賞3位おめでとう

 

T君はどうなのか?

 

もう一人のT君はというと、、、普通に野球はうまい、特に守備は抜群にうまい記憶があります

 

だが、T君はノンタイトル

 

 

世の中結果が全て

 

これが現実です!

 

僕とM君にはタイトルがあってT君にはない

 

野球のうまい下手の問題ではなく、結果としてでてしまっている、、、、

 

T君は僕とM君に一生自慢され続けることになるだろう

 

しかし、いつも自慢するM君の笑顔をみるとホッコリするのは気のせいだと思いたい

 

—–sponsored link—–

↓他の実践記事が読みたい方はこちらからどうぞ↓
にほんブログ村テーマ 実践記事まとめへ
実践記事まとめ

↓↓応援PUSHお願いします↓↓


にほんブログ村</