年間収支???男こと・・・ゴマです

 

この記事は2018年の収支発表会になります

 

2018年を全体で見れば苦しんだという感じはあります

 

特に上半期は終始厳しい戦いだったと思う

 

上半期で怒涛の追い込みで、最後は捲ったかな?

 

しかし、僕の中では収支的に勝ったから上手い、負けたら下手とかの感覚はない

 

いつも言っていますが僕にとってはスロットは「趣味」にすぎない

 

これで稼ぐという感覚もなく、「稼ぐことは仕事で」という思いはこの先も変わらない

 

けど、これしか趣味がないので「1年間ずーーとスロット屋に行きたい」為にある程度の勝ちは必要と思ってます

 

結果はどうなったかな?

 

—–sponsored link—–




 

月別収支

 

まずは今一度、月別で見ていきます

 

1月☆

 

 

21戦11勝10負 +79,840

 

最高勝ち額=+153,200(1月5日)

 

最高負け額=-112,000(1月4日)

 

お正月休みでいきなり-100K越えのパンチをくらいましたが翌日には+153.2Kのカウンターパンチと波の荒い2018年がスタート

 

この1月5日に引いた「真瞳術チャンス」はその後、一度も2018年は引けませんでした笑

 

また「バイオリベ」のノーマンバトルで89連したのはいい思い出でした

 

 

2月☆

 

 

19戦8勝11負 +18,600(年間収支+98,440)

 

最高勝ち額=+141,600(2月19日)

 

最高負け額=-66,000(2月1日)

 

2月19日が何で勝ったのか記憶がなく記事を見直したらハーデスで8500枚出していました

 

確かこの辺りから「北斗の拳強敵で北斗揃いを引く」を言いだした記憶あります(結局、引けなかった笑)

 

月末に「第1回プレゼント企画」をやった月でもありました

 

 

3月☆

 


25戦7勝18負 -211,000(年間収支-112,560)

 

最高勝ち額=+75,600(3月19日)

 

最高負け額=-87,000(3月10日)

 

この辺りから「沖ドキ」を集中的に打つようなになった記憶はあります

 

まさしく「沖ドキラーへの入門編」のような月でした

 

この3月のマイナスでここから半年以上年間収支がマイナス圏となる

 

 

4月☆

 

 

22戦5勝17負 -80,000(年間収支-192,560)

 

最高勝ち額=+69,400(4月28日)

 

最高負け額=-44,000(4月24日)

 

可もなく不可もない実践が続いた感じでした

 

また4月末でブログが1周年!

 

記念として「第2回プレゼント企画を開催」

 

 

5月☆

 

 

25戦14勝11負 +52,200(年間収支-140,360)

 

最高勝ち額=+66,400(5月19日)

 

最高負け額=-47,600(5月22日)

 

今年最長となる7連勝があった月でした

 

またGWには兵庫県で実践動画を撮りに行ったのもいい思い出です

 

 

6月☆

 


23戦7勝16負 -71,400(年間収支-211,760)

 

最高勝ち額=+41,600(6月30日)

 

最高負け額=-40,000(6月16日)

 

この辺りからスロット屋に行けば負けるイメージしかなかったです

 

 

7月☆

 

 

17戦4勝13負 -200,600(年間収支-412,360)

 

最高勝ち額=+32,900(7月5日)

 

最高負け額=-60,000(7月7日)

 

勝負の7月7日と意気込んだがまさかの敗北でしばしスロットから離れた月でしたね

 

この月で年間収支が「-2万枚」ぐらいに行ったのでそろそろ焦りだした

 

 

 

8月☆

 

 

23戦11勝12負 +116,100(年間収支-296,260)

 

最高勝ち額=+94,400(8月30日)

 

最高負け額=-48,000(8月23日)

 

お盆の期間はスロットで苦しみパチンコで大逆転ばかりの日々だった記憶

 

月末に「凱旋」でついに初天井ループが取れたという月でした

 

月も+収支でいよいよ反撃か?

 

 

9月☆

 


23戦7勝15負1分 -15,700(年間収支-311,960)

 

最高勝ち額=+43,400(9月1日)

 

最高負け額=-45,000(9月5日)

 

月で見れば負けていますが、後半に3連勝で復活の兆しが見えたか?

 

やっぱり今年を振り返っても9/27に打った「ドロロンえん魔くん」から捲り体勢に入ったと思います

 

今でもあの実践は鮮明に覚えてます

 

「第3回のプレゼント企画」も開催(ついに応募総数も400名を越えました)

 

 

10月☆

 

 

26戦18勝8負 +366,100(年間収支+54,140)

 

最高勝ち額=+110,000(10月15日)

 

最高負け額=-37,000(10月30日)

 

9月末の勢いに乗って、「勝率・勝ち額・負け額」と全てが完璧な月でありました

 

そしてついに年間収支が+域に浮上!

 

「オリジナルシール応募者全員無料配布企画」を開催しました

 

 

11月☆

 

 

23戦10勝13負 -87,800(年間収支-33,660)

 

最高勝ち額=+32,000(11月5日)

 

最高負け額=-40,000(11月29日)

 

とにかく終始、巻き返してばかりの展開でなかなか好展開に恵まれませんでした

 

年間収支も再度マイナス域に突入

 

 

 

12月☆

 


23戦12勝11負 +34,150(年間収支???)



最高勝ち額=+47,100(12月28日)

 

最高負け額=-40,850(12月31日)

 

ってな感じで1年が終わりました

 

 

総括

 

2018年 270戦114勝155負1分(勝率は42%)


総収支・・・+490円

 

コミック本1冊は買えるぞ~~!

 

ってな感じの2018年でした…良くも悪くも頑張ったなと思いました

 

2019年はもう少し楽にいきたいですね

 

あとはダラダラ話すだけなので気になる方だけ見てください笑

 

 

 

運だけなのか?

 

ここからはもう少し深い話をしてみよう♪

 

僕の1年間の実践で高設定確定示唆は「一度も見ませんでした」(6ベルも見れず)

 

なのでずーーと「低設定」を打っているという事は間違いないと思う

 

実際には休日が家族サービスなのでイベントになかなか参戦出来ないので「ある所に行っていない」というのが本質ではあるとは分かっている

 

けど、それでも年間収支が±0ラインになったのは、「運がいいだけなのか?」という点もある

 

実践数も数回でもなく「270戦」での話なので「振れ」ということはないはず

 

ここを「振れの範囲」と思うならば「収支は永遠に振れに左右される」という話になると思うし、スロットは所詮「振れの戦い」という事になる

 

僕自身はこの結果には「この程度だろうな」と感じてます

 

気づいている人もいますが、僕の打ち方の多くは「据え置き」を使ってのハマリ台狙いになります

 

ハマリ台と言っても「そこそこハマッている台」を打つことが多いです

 

理想を言えばキリがないですが何店舗も回っている時間がないのでソコソコのラインから打っています

 

そこそこのラインで打つから±0付近ぐらいに落ち着くというのはあるかな?と思ってます

 

なので勝つも負けるも「運次第!」という話は間違ってもないのでは?

 

—–sponsored link—–




 

解析は信用しない?

 

僕は解析数値は見ますが、絶対に「本当なのか?」という疑念は常に持っている


実際に世に出ている解析と実践値では大きく離れている機種などは多々ある

 

何回か言っていますが、僕が愛してやまない「月下雷鳴」でも解析数値的には天国へは「20%~30%」移行率しかないですが、「確実にもっとある」と感じてます

 

なので僕は基本的に天国フォローするし、本当に実際の解析通りならば「即ヤメでOK!」となると思う

 

この辺りは証明することができませんが、実践値と感覚を大切にしている

 

なので僕はオカルトって言葉は「間違っていない」とも思う

 

多くの方がそう感じることは「実際にはそうなのかもしれない!」

 

そこを「解析だと、こうだから!」と言うのは避けた方がいい、解析を信じているというのがそもそものオカルトなのかもしれない

 

 

 

Aタイプを打たない理由

 

僕はあまりAタイプは打たない!(嫌いというわけでない)

 

また、Aタイプはスロットで一番難しいジャンルであると思っている

 

理由的には「ヤメ時がない」

 

さらに、僕のスロットでの勝率は約40%でずーーと変わらない

 

だからこそAタイプは打ってはダメだと思う

 

とにかく、「勝った時に大きく」といつも思っているので、大きく勝つ可能性が低いAタイプを打つ事がダメだと感じている

 

「ホームラン狙いのヒット」と「ヒット狙いのヒット」は同じでない感覚

 

・・・

 

先日、ツイッターで業界系の人が「ゴージャグの設定1で4000枚(9000G回して)」「ファンキーの4で6000枚(9000G)」出たという情報がありました

 

打っている人その周りの人、「誰もが高設定を疑わなかった」と思う

 

ってことは、僕達が考えている半分は「低設定だったとしてもおかしくない」という所までに繋がるかもしれない

 

スロットの確率はある意味ではその程度ということなのかも…

 

けど、ただ勝ちを目指すならば僕は「ハナハナ」だけを打ちます

 

 

 

2019もGOGO!

 

ってな感じで、今年もいろいろな角度からスロットを見て考えていろんな発想を提案していけたらと思います

 

そして何より、日本の中で誰よりも楽しんでレバーを叩くことを約束します

 

2019年も「運と引き」だけでほんのりと勝ちたいと思います

 

そして「負けは勝ちへの演出」で頑張っていきます

 

↑真の意味は「勝てる自信があるからこそ負けれる」という感じです

 

2019もゴマちゃんから目が離せないぞ~~!

 

2019年最初の稼働