ぎゅぎゅ押して・・・ゴマです

 

お昼の時間になりました

 

お昼の記事は僕が好き勝手にど~でもよく、くだらないことをひたすら記事にする回でございます

 

しかし、ごく僅かなコアなファンの方にはお昼ごはんの一品的に活用されてるとかしてないとか・・・

 

お昼ですのでスロットに関係ないくだらない記事です

 

—–sponsored link—–




 

6号機がきたら・・・

 

今でも「4号機の方が・・・」って言う声は聴く

 

スロットの未来はどうなるだろうか?

 

現在5.9号機の時代がやってきて今年中には6号機が登場するだろう

 

来年、再来年となれば徐々に5号機の姿もなくなることは間違いない

 

となった場合に

 

「5号機時代は良かった!」

 

と、僕たちスロッターはいっているのだろうか?

 

きっと、「5号機のGODは面白かった」と昔話に華を咲かせてるだろう

 

 

お好み焼きではない!

 

先日、父親と過去のスロットでの爆発自慢大会を二人でひたすら話していた

 

あんなことやこんなことがあったなど、もう既に50回は聞いたことあるような話まで飛び出す惨事

 

そんな昔話に華を咲かせていたら、なぜかお好み焼きの話に流れていった

 

今でこそ家庭でお好み焼きを作ったり、お好み焼き屋さんがあったりといろいろな所で食べれると思う

 

しかし、父親が言うお好み焼きはちょっと違った

 

どうやら昔は、駄菓子屋さんでお好み焼きが売っていたそうだ

 

けど、父親の話では今みたいな豪勢の物でなく、小麦粉の生地にキャベツとねぎと僅かな肉が入っている程度のものらしい

 

よし!作って見ようとなった!

 

うまいまずいではなく父の記憶のお好み焼きを作る

 

 

押しまくれ!

 

まずは小麦粉に水を入れるのみ

 

卵はいれないのか?と思うかもしれないが

 

「当時は卵は高級品だから使うはずはない」という父親の意見を存分に尊重する

 

そしてキャベツとネギを切る

 

「とにかく細かくて歯ごたえは無かった」という父親の意見を厳重に聞く

 

僕の「肉はいれていいよな?」の声には無言でうなずく父親

 

のみ!

 

これ以上、材料費はかけれない!

 

 

—–sponsored link—–




トラブル発生!

 

 

 

フライパンに生地とキャベツとネギと肉のみのせる

 

が、ここでトラブル発生

 

何も考えずに小さいフライパン一杯に生地作ったので、このままひっくり返すとかなりの確率で綺麗には返せない

 

困ったと父親を見たけど、スルー顔してた・・・

 

焦る僕に奥さんが「大きいフライパン使えば?」という的確な横やりが入る

 

おりゃ~~~

 

 

 

見事、危機は乗り越えた

 

そしたら、父親が「ギュウギュウとやっていた」という記憶を思いだした

 

 

 

ふんわり感をゼロにするぐらいひたすら押さえた

 

ぎゅうぎゅう

 

・・・

 

ぎゅうぎゅうぎゅう

 

・・・

 

 

 

出来上がった!

 

 

 

あとは青のりとかつお節とソースをかける

 

 

 

食べてみた!

 

実際に食べてみた・・・

 

・・・

 

・・・

 

普通においしかった!

 

単純にキャベツのおいしさが際立ったお好み焼き?でありました

 

っていう、お好み焼きを作ったと言う話でした!

 

ね!お昼のおかずになったでしょ?

 

午後からも程よく頑張りましょう♪

—–sponsored link—–

↓↓応援PUSHお願いします↓↓


にほんブログ村</