パチスロ愛好家からパチスロ小説家に変身してます、ごまちゃんです

 

 

—–sponsored link—–




 

前回の記事はこちら↓↓↓

 

タクシーからでてきた人物は・・・

 

 

 

 

グレート義○夫にそっくりな男

 

 

この男は知らない人物ではなく、当時のこのエリアの

 

 

スロプロ(専業)である

 

 

しかも、ゴマちゃんの今まで出会った中でも一二を争うぐらいのスロット力があります

 

 

顔見知りではあるが名前もしらない、しかし、グレート義○夫そっくりであるから、「義○夫」とB君の間では呼んでた

(当ブログでも義○夫とします)

 

 

義○夫「うわぁ~お兄ちゃん達やっぱりいたか・・・」

 

ゴマ&B君「お疲れ様です(笑)遅いですよ」

 

義○夫「先にいそうな気がしてたんだよな・・・」

 

義○夫の悔しそうな今でも忘れない笑

 

義○夫「どの台かはわかっているの?」

 

ゴマ「当然ですよ!!!」

 

(ここで知らないとは言えないので、ハッタリを言い放つゴマちゃん)

 

義○夫「知らなくても大当たり回数見れば二人おれば何とかなるしね・・」

 

 

非常冷静な分析ではある

 

 

しかし、義○夫はあきらめていなかったのである

 

ちなみにこのスロット屋は「GAIA堀田店」である・・・現在はないですww

(名古屋駅に系列店がありました)

 

全国的に有名なGAIAさんではありません

 

 

義○夫「名駅のGAIAが明日、吉宗10台をHIGH&LOWやるらしいよ」

 

HIGH&LOWっていうイベントは設定1と設定6を半分づついれるイベントである

 

 

ゴマ&B君「マジでかぁ?」

 

 

義○夫の携帯で確認すると間違いなくそのイベントは行われることが確認できた

 

 

しばし、ゴマ&B君の作戦会議をお聞きください

 

 

 

ゴマ「どうする?」

 

B君「どうするって、こちらは確実に北斗の拳の設定6が打てるんだぞ」

 

ゴマ「けど、吉宗打ちたくない?ジャッキー―――ンを聞きたくない?」

 

B君「打つ打たないより、吉宗を二人でうつとなると、まず投資がかさみきつい展開になるし、片方が設定6座れても片方が設定1だったらカバーしきれないやろ??」

 

冷静な分析なB君!!さすが信頼なるパートナーである

 

ゴマ「いくらぐらい投資がかかるかな?」

 

B君「実際に設定看板するまでにかなりの時間はかかると考えると・・・

 

—–sponsored link—–





 

10万はいるだろう

 

ごま&B君のコンビは最終的な決断はゴマちゃんがするのがお決まりではある

 

 

ゴマ「よし、決めた!!!!」

 

 

 

 

ゴマ「吉宗に行こう!!!」

 

 

B君「はぁ?マジで言ってるの?」

 

ごま「いや~今後、朝から吉宗をぶん回すことはないと思うから、今やりたいと思った」

 

ごま「大丈夫だ!!1G連を必ず10回だすから」

 

ゴマ「投資金もゴマがだすのでお願いします」

 

ごま「一生に一度のお願いです」

 

B君「その意気込み気に入った!!吉宗行くぞ!!」

 

ゴマ「ちょっと待って!!一つ確認してから行くことにするわ」

 

ゴマ「義○夫さん!」

 

義○夫「何だい?」

 

ゴマ「もし今から名駅のGAIAに行って、僕たちが一番先頭に並べなかったら戻ってきたいのですか?それでもいいですか?」

 

ごま「ダメなら、このままここに並びます」

 

義○夫「そりゃ~全然いいよ!俺にはありがたいくらいな話だし」

 

義○夫「先頭じゃなかったら、戻ってきなよ!」

 

この時「先頭」にこだわったのは、せめて座る台は自分で決めたかったからです

 

ごま&B君「いってきまぁ~す」

 

このように、北斗の拳の設定6を捨てて、吉宗に突撃しに行った二人の運命は・・・・

 

続きはこちらから↓

—–sponsored link—–

↓他のメシウマ日記が読みたい方はこちらからどうぞ↓ にほんブログ村テーマ 大負けメシウマ逝った委員会へ

大負けメシウマ逝った委員会

↓他のメシマズ日記はこちらからどうぞ↓

にほんブログ村テーマ 大勝ちメシマズ委員会へ

大勝ちメシマズ委員会

↓↓応援PUSHお願いします↓↓


にほんブログ村