いつかはやってくる男こと・・・ゴマです


あけおめぇ~!

 

新春という事で久しぶりに普通に実践記事を書いてみようと思いますがまずはいつものように雑談

 

2020年となりましたが僕に限っては特に大きな変化はない

 

いつものように仕事をガッツリやってガッツリ稼いでスロットをガッツリ打って微妙に稼いで家族と遊んでしっかりとYouTube活動を継続していくということ以外はない

 

良し悪し抜きに本当にYouTube活動は楽しく出来ているので移行してよかったとは思う

 

ってな感じであります

 

そういえば年始が始まれば多くの方があれこれ始めようと思う時期でもある

 

が、年始がきたという事は当然年末が直近にあったということ

 

この年末というのは「お別れ」の季節でもある

 

僕は競輪も好きなのですがだいたい毎年新人選手と言うのは60人ぐらい入ってくる

 

ですのでザックリ60人ぐらいは辞めていくという話でもある

 

年末も多くの競輪選手が「ラストラン」という感じで引退していた

 

当然ラストランといっても結果的には厳しい…車券的にも買えることもない…

 

がその姿は鮮やかでもある

 

何度見てもグッとくるものはある

 

やっぱり「そこまでやり遂げた」という所からくるものなんだと感じました

 

僕自身もどういう形になるかわかりませんが「何かをやり遂げる」という所まで頑張ってみようと改めて思いました

 

さてさてどういう2020年になるかな?

 

ハッピーかな?試練かな?可もなく不可もなくかな?

 

楽しみでしょうがない!

 

本記事は奇跡の実践稼働になります

 

—–sponsored link—–




 

動画VER

 

この記事の全貌は既に動画で上がってますので詳しく内容を動画で見たい方は動画をオススメしています

 

またできればチャンネル登録をしていただけるとありがたい

 

可能な限りドンドン動画は更新していきます

 

 

 

 

奇跡も想定内

 

2019年12/25のクリスマス実践です

 

前日の深夜にはサンタとなりチビゴマ・ミニゴマ・ゴマ姫にプレゼントをお届けさせていただいた

 

朝から「サンタがやってきた」と大騒ぎの我が家であった

 

そんな日常ですが普通に仕事行って、仕事終わりにはホールに到着

 

・・・

 

 

 

星矢SPの据え412G

 

6号機なのに「リセ確認は大丈夫か?」という話は「マイホを熟知している」というのがある

 

実際に「リセット状況」というのは曖昧では話にならない

 

「リセットしているのかしていないのか?」とハッキリと明白に把握していることは肝心な事である

 

一番の難関はランダムリセットのホールである

 

どうしようもない!笑

 

この「リセット」に関しては常に危機管理は持っていた方がいいとは思う

 

機種は違いますがちょっと気になるのが「沖ドキでの話」

 

沖ドキに関しては「早く当たったからリセットモード」と断定する人が多い

 

こういう情報は「間違いではない」

 

間違いではないがこういう情報にスロットの落とし穴というのは存在している

 

この「早い当たりはリセットモード」と言えるのは大前提として「全リセットホール」というのが大前提

 

まずはここがしっかりとしていないとリスクが高すぎる

 

実際に「リセット時の1/3」しかリセットモードにいかなくそのリセットモードの時に「早く当たった時」←ここまでのハードルは結構高い

 

そもそもが1/3程度

 

その中にたまたま早く当たったという可能性の台も入れれば確率はかなり下がる(Aタイプみても朝一速攻で当たる台は少なくないと思う)

 

そういう感じで「リセット」に関して今一度把握してみるのもいいかもしれません

 

・・・

 

GOMA「さぁ~打ってくよ!」

 

意気揚々とレバーを奏でる

 

・・・

 

 

 

GOMA「チョイ待て待て!」

 

まさかの一輝演出

 

めっちゃ焦る!焦る要因をお伝えする

 

・・・

 

 

 

打ち始めて3Gなのだが…

 

状況と一輝演出を考えても「あれ!」…あれしかない状況だと思う

 

内心「決まった!」とは思うがそれでも恐る恐るボタンを押す

 

・・・

 

・・・

 

 

 

えんだぁ~~~~

 

わかっていても震える瞬間がスロットにはあるぞ!

 

 

 

GOMA「これが僕の打ち方だ!」

 

ハッキリいってこういう勝ちも僕の中では想定内..冗談でもなく後付けでもなく本当に想定内

 

GOMA「打っている数が違う!」

 

・・・

 

前にも一度記事に書いたことありますがこういう「プレミア」的なのを引くに辺り「引きが強い弱い」というのは実際にはない

 

*並よりは奇跡が起きる数は多いとは思う笑

 

動画配信者さんやブロガーさんらが引きが強いとは思わない

 

「それだけ打っている」というのがある(ここは動画でも話しています)

 

単純に数多く回せば回した分だけ「可能性」は上がるのでそう見えているだけである

 

なのでその部分は勘違いしてはいけない

 

またここで重要なのはそういう「プレミアや運が良い展開」という時にスロットは勝てるというのがある

 

天井狙いだろうが設定狙いだろうがある程度は「良い展開」の時に勝利する

 

「良い展開」がくるまで数打てるか?資金が途切れないか?が重要な勝負所である

 

さらに「期待値を積めば」という話もあるが何度も言っていますが「打ち終わりがスロットの全て」

 

そろそろ「打ち始め」の重要性より「打ち終わり」の重要性に気付いてほしい

 

実際に勝っている人も負けている人大きく打ち出しベースというのはあまり変わらない

 

それでも結果には違いが出てくる

 

情報的に「打ち始め」にスポットをあてた方が話が膨らむのでそこが大きくなっているだけで根本は大した話ではない

 

動画では何度か言っていますが「誰かがミスをしているからハイエナ」という言葉が出てくる

 

全員が全員しっかりと打ち切れば「ハイエナ」というのはできない

 

だから「打ち終わり」が最大に重要です

 

生意気に言っているのはなるべく皆さんの印象に残したいだけです

 

もう一度言いますが負けている人は「必ず打ち終わりでミスしています」

 

↑100%断言していいです

 

ってな感じで実践記事を一気にいきますよ~

 

 

—–sponsored link—–




 

 

この展開だ!

 

投資9枚でSR直撃ならば勝利は確定

 

あとはどれだけ出せるか?という話である

 

GOMA「序盤からしっかりと!」

 

・・・

 

 

 

いまだに「×3」以上を達成できない

 

SGGとかもですがスロットのST系は苦手ですね

 

それでもとりあえずはROUD3までは確定したので淡々と打って行く

 

GOMA「おっ!ラッキー」

 

 

 

3ROUD目のバトルで瞬君から急遽、本日絶好調男登場

 

GOMA「駒田的な感じ?」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

「駒田の力」

 

やっぱりここぞの代打は「駒田」以外にはありえない

 

当然僕の中に「八木」の選択肢もありましたがどちらかと言えば「駒田」派ではある

 

GOMA「駒田に続くぞ!」

 

・・・

 

実際に最初にVストックが全然できなかったので少し心が落ち込んでいましたが「+100G」で確実に踊った

 

勢い的には「だんじり祭り」ぐらいはある

 

 

 

GOMA「チャンス目or強チェ引くだけで済む話」

 

・・・


「へへっへぇ~~ん」

 

・・・

 

 

 

「へへっへぇ~~ん」と言えば済む話

 

 

 

GOMA「どんどんいこうか?」

 

・・・

 

仮面を被ればいいと思うよ!

 

・・・

 

 

 

仮面被って登場すれば済む話

 

 

 

GOMA「いや~これヤバいな!」

 

押し寄せてくる「Vストック」に笑顔が止まらない

 

 

 

画角に収まらないぐらいストックしたぞ

 

・・・

 

「まだ足らないんじゃない?」

 

・・・

 

GOMA「足らないなら足せば済む話」

 

・・・

 

 

 

勢いに乗せたら止まらない子だよ

 

 

 

これが駒田の力です

 

 

 

気が付けば「海皇激闘」

 

GOMA「初めてここまでやってきた」

 

この時に思った事がこの星矢SPの「海皇激闘」をあたかも「千日戦争」のように言うブロガーの方がいたがハッキリ言って「一緒にするな」と思う

 

表現の自由とかのレベルを考えても「言うな!」笑

 

マジで一緒にしないでくれ

 

・・・

 

 

 

仕留める時に仕留めるのもスロットを勝っていくうえで必要です

 

 

 

その後にこれ出たので追いました

 

続きが気になる方は動画を見てください

 

 

まとめ

 

毎年、自分の中で「目標」を掲げながら打っている中で2020年はしっかりと勝っていきたいと思う

 

もっとも物凄く勝ってやろうという感じでもないですが年間ベースならば負けるということはない(2018年はギリギリ±0ラインでしたね笑)

 

実際に今の6号機の感じならば負けるという事はないと感じています

 

本当に僕程度の打ち方でも負けないです…そして僕の打った後にハイエナされることはない

 

ってな感じで2020年もしっかりと皆さんと共に勝って行こうと思います

 

その為にも「打ち終わり」は本当にしっかりといきましょう


「あなたの打った後はハイエナされてませんよね?」