モードAの罠男こと・・・ゴマです

 

本記事はリゼロの考察記事になります!最新の実践記事は書きにありますのでよろしくどうぞ~

 

 

—–sponsored link—–




 

前回の考察記事

 

 

 

検証できないが…

 

前回の考察記事では2回に渡って「SSSRカード」の出現所やその後の挙動等を見てきました

 

今回は検証しようがないが僕が「ずーーと考えている箇所」について…

 

2点ある

 

しかし、この2点は検証の仕様のない話です

 

・・・

 

一つ目

 

「200前半→CZ失敗→有利区間継続→200前半→CZ失敗→コンビニ」

 

 

 

浅い所で当てるも2連続で白鯨に負ける残念な形

 

この形と言うのは結構リゼロで見る形である

 

その中で僕の中では「低設定の特徴」の一つと思っていて、朝一でこの形ならばほぼ6はないと見切りをつける事例の一つ

 

まず高設定ならばこの形になることは少ない

 

かつて「CZ2連続は失敗はコンビニ確定」と思い込んでいたぐらい低設定ならばこの形になってしまう

 

↑実際に同じように思っている方も多いとは思う

 

なぜコンビニにいくのですか?

 

・・・

 

補足的にですが有利区間リセット後、1回目に200前半→CZ失敗は100%有利区間は継続する(設定関係なくこれだけ打って実践上は100%なので間違いないと思う)

 

↑ここはどのみちまだまだ有利区間が残っているのでリセットする必要性もないので納得はできる

 

しかし、「200前半→CZ失敗→有利区間継続→200前半→CZ失敗」でもまだまだ有利区間は残っているはず

 

一般的に言われている次回の当選G数+AT分の300Gを足しても有利区間が残っていれば「有利区間は継続する」ならば大きく幅を持たせても次回が650G以内ならば継続するはず

 

ならばたまには継続してもよさそうなのに低設定の場合には100%なのでは?と思うぐらいにリセットされてくる(たまたま毎回A天を選んでいたからと言われればそれまでですが、そうは思えないぐらいは打っている自負はある笑)

 

もっと言えば「B」以上を選んでさえいれば「有利区間継続」するはずの話である

 

非常に不思議な部分と思う

 

実際に高設定の時は「継続することもある」という報告があるので「CZ2回失敗というのがリセット理由ではない」のは間違いない

 

だとすればもっと他の何かの要素でリセットはしているという話になる

 

僕が考えたことを並べて見る

 

・・・

 

①AT分300G必要という話

 

そもそもこの「2400枚には300G必要」という部分は大いに意味は分かる…分かるがこれって誰が言いだした話なのか?とは思う

 

ソース(証拠)の出所がいまいち不明であるが調べようもない話とは思う((出所を否定している話ではない)

 

そこでいろいろ考える中で純増8枚と言われているが時には純増通りに出ることもないので「下振れ分を加味していないのか?」とは個人的には思う

 

じゃ~実際に「本当に純増8枚の計算の部分はあるか?」という点を探すしかない

 

答えを言えば「AT1G=純増8枚の計算をしている」とは思う

 

これはAT中のショートフリーズの瞬間(MAX枚が確定する瞬間)

 

 

 

必ずしもではないですが現在の獲得毎数+残りATゲーム数×8枚=2400枚を超えた時に多く発生する

 

ここを見る限りは「1G=8枚」という計算は台の中にあると考えていいと思う

 

なのでAT分で300G必要という話は間違いないとは思う…しかし、僕はこの部分は300G~400Gの間ぐらいでは?と考えています

 

理由的には「B天CZ失敗→コンビニの多さ」

 

B天(500前半)からのCZ失敗でのコンビニは非常に低設定では多く見かける…(高設定でもソコソコリセットしてくる場面)

 

しかし、B天→CZ失敗→継続→B天→CZの場合でも普通ならば1200G以内で納まるのでAT分を加味しても「B天→B」に繋ぎさえすれば「有利区間継続」となるはず

 

そう考えると「リセット数が多すぎるのでは?」と感じる

 

なのでここの部分はもう少しばかり多く見積もっているのでは?と思う(実践中の計算は300Gがスッキリするので300Gで計算すればとは思いますし、僕もそう考えています)

 

が、「AT継続時はどうなのか?」という問題もある(仮の話なのでAT分300Gとする)

 

「300Gも必要はない」

 

AT突入から必ずしも2400枚出るという話ではなく同一有利区間内で2400枚という話がある

 

例;ATで800枚獲得で終了→有利区間継続→1Gでフリーズでは1600枚分しかでない

 

そう考えると条件次第では毎回「300G」という話もちょっとおかしな話であるとは思いませんか?

 

でも、AT→有利区間継続→通常時でメダル減る(時には追い金)展開→ならば最低でも300Gはないと2400枚は出せない

 

「通常時で減る分をどういう計算しているのか?」というのもちょっと気になる

 

検証の仕様はない笑

 

複雑な話で申し訳ないですが、なんとなく伝わればとは思う笑

 

—–sponsored link—–




 

②モードAは総じて深い説

 

話が飛び飛びになりますが

 

「200前半→CZ失敗→有利区間継続→200前半→CZ失敗→コンビニ」がどうして多発するのか?の考察である

 

前にも言いましたが「モードA」で実際にはどれだけ当たっているのか?という問題もある

 

ここにはいろいろな意見はあるとは思う

 

僕自身、昔は全然200前半でもバンバン当たる可能性はあると思っていますが、今現在はほぼほぼ「500G以降を選択するのでは?(主に600G以上…及びA天)」と思っている

 

①からの流れもあるように「仮にそこそこモードAでも200前半で当たるならば、なぜ200前半3連続」という展開にならないのか?と思う

 

十分に有利区間は残っているはず

 

単純にモードAがほぼほぼ深い所(500G以上)を選ぶならば有利区間の問題からリセット多発で「この話は納得する」

 

なので僕はモードAが深いゲーム数を選んでいる=200前半の当たりの多くははそれ以外のモードでは?と考えてます

 

 

③強弱のリセットタイミング

 

リゼロのATには強弱など何段階のATレベル的なものがあるのは皆さんもよくご存じだとは思う

 

その中で「有利区間継続では変わることはないのでは?」という話が出てくる

 

実際に打っていても「強AT」ならばそのまま多くはリセットになるし、「弱AT」ならば「AT継続」というのはなりやすい

 

時には「1000枚越え」での有利区間継続もありますがどういう形での1000枚ないのか?どれだけ自力部分があるのか?と枚数だけでは判断できない

 

弱ATでも乗らないというわけでなく時には「+30G」「+50G」と乗せる時はあるのでなかなか枚数やG数だけでは判断つきにくい

 

なので「ATの強弱が変わる」瞬間でリセットは大いにあるかもしれない

 

*何を持っても強弱のラインかは各々に任せる

 

基本的にリゼロのATの強弱というのは「白鯨戦での恩恵の有無」で大きく変わるとこれまでの実践では判明できている

 

「直撃」というのは総じて弱ATに繋がる…結構、深めのゲーム数で直撃しても弱いATが出てくる

 

単純にリスクなくATをGETできたから弱いという感じか?

 

もう一つは一般的に言われているデキレという部分がある時のATは弱AT

 

ある程度は何か力が働いているから弱ATになってしまうという感じか…

 

しかし、この話も疑問点が残る

 

↑ここが僕の悩んでいる2つ目

 

 

勝っていたら…

 

「200前半→CZ失敗→有利区間継続→A天」というような展開は多々ある

 

 

 

この時は普通に強ATが出てくる

 

しかしだが、検証は出来ない…出来ないが仮に200前半で勝っていたら「強弱のどちらが出てきたのか?」と思う(中かもしれないという話も人によってはあると思いますが仮の話なので大きく考えてください)

 

どうでしょう?どっちだと思いますか?

 

僕はこの時が「200前半からの強AT」だと思っている

 

むしろこれがモードAの200前半の当たりだと思っている

 

だからあまり見かけない話なのでは?と思う

 

モードAで200前半を選ぶ薄さ+白鯨戦を自力で抜く確率と結構、ハードルが高い

 

出現率的にもこれぐらいのハードルは必要なのでは?

 

ここには「Aの時は白鯨戦の恩恵を受けにくい」というのがあるのかな?

 

ってな感じで検証しようがないですが、こんな感じならばなんとなくモード移行に関して納得はできると思ってま

 

まぁまぁ、自分でもまだこの時はどうなの?と甘いと思う部分はあるとは書いていて思います…もう少し斜め上の考えは必要かな?

 

いろいろあると思いますが何かありましたらコメント下さればと思います

 

昼からも頑張ろう♪