完全告知男こと・・・ゴマです
 

僕の稼働日数と家族について、たま~にコメントいただくので少し冒頭で話します

 

「奥さんは怒らないの?」という質問はたまにあります

 

これはそこまで怒ってないが正解かな?笑

 

実際、稼働日数は多いですけど時間的には20時以内に終わることが大半ですのでそこまで帰宅は遅くならない

 

日曜日は基本的には「家族との時間」にしてありますので打ちに行く時はあまりないです

 

イベント時でどうしても行きたいときは土曜日とシャッフルするような感じ

 

あと、最近は朝6時には起きてるので仕事行く間に子供と遊んだりしてます

 

また、今年に入ってからより稼動量を増やしてます

 

これはブログ記事の為というのが一番大きい理由です

 

僕にはブログ通じての夢や、やりたいことは何個かあります

 

けど、これに関しては奥さんも「やるならば自分が目指すとこまで目指すべき」と言ってくれてます

 

だからと言って僕がどんな記事を書いているのとかは見ないらしいです笑

 

しかし、今年に入って一つ言われているのは「言葉使いだけは意識して取り組んだ方がいいのでは?」と言われてました

 

そこで考えた結果、「事故る」とか「ハイエナ」とかの言葉は使わない様にしてます

 

 

これは情報発信する側だからこそやるべきだと思ったからです

 

そんな感じですかね?

 

それより関東遠征ならば私は「ディズニー」関西遠征ならば私は「USJ」に行くから早くやろうよ!と鼻息荒く待ってます

 

お昼ですのでくだらない記事です

 

—–sponsored link—–




 

番長Aはどうだ?

 

番長Aは打ちましたか?

 

打った方はどのような感想を持ちましたでしょうか?

 

僕はそのうち打つかな?

 

どうしようかな?って感じです!

 

今の新台って取り合えず打って見るという事はなくなりました

 

何がいけないのかな?

 

 

Aタイプには…

 

自分なりにAタイプについて考えて見た

 

僕は単純にAタイプに前兆演出はなくていいと思います

 

「当たる」か「当たらない」

 

この二択だけが非常に重要で「当たりそう?」はいらないと思います

 

正確には「当たりそう?」は機種に必要なことで、そこの部分はリール出目や小役で演出できればいいと思います

 

後は音だと思います

 

何か一つインパクトある音が必要では?

 

 

番長AwithGOMA

 

もし僕が番長Aを作ったらこうしたいを考えて見ました

 

通常時は、轟、薫先生、操をえらべる形にする

 

基本的には轟=チャンス告知、薫先生=一発告知、操=おみくじチャンス

 

みんなが思っている認識を最大限いれる

 

基本的には単独ボーナス当選がメインで後は小役からの同時当選とジャグラーをほぼ真似る

 

 

 

とにかく、いきなり「狙え演出」発生

 

7を狙ってボーナス揃うか?揃わないか?

 

これだけでいいと思う

 

カットインの色は「青<緑<赤<虹」

 

赤は期待度95%ぐらいまであげ、緑は70%、青は30%ぐらいの期待度でいいと思う

 

とにかく演出発生=ボーナスチャンス

 

赤は熱いは必須だ!

 

ここにボタン停止時の確定音を絶妙な割合でいれればさらに◎

 

 

薫先生

 

演出=当たり

 

それ以外説明いります?

 

 

 

これは轟のカットインの所をおみくじルーレットでOK

 

ゆっくり見たい、打ちたい人専用でいいと思います

 

 

共通事項

 

確停止毎にさらりと告知するビックリ当たりも当たりの20%はほしい

 

 

連チャンすれば、、

 

RTは僕はいらないと思う

 

そのかわりに100G以内にBIG5連した暁にわ、番長から初代吉宗に全てシフトチェンジ

 

こうすれば、爺で「ジャキーーン」となった場合には、かなりのハードルになるのでただの当たりがハードル極上の当たりとなるはず

 

ハードルは高いが全て自力勝負

 

みんな取りあえずBIG5連の出玉と

 

プレミアムなただのただの100G間に震えるはずだ

 

 

まとめ

 

実際は細かい規則で無理な部分はあるかもしれない

 

けど、僕はこんな台があったらとりあえずBIG5連は一度はやってみたいと思う

 

演出が激しいのも僕は好きです

 

役物がガチャガチャ動くのも好きだ

 

また、結局いろいろ取り入れて、全てが中途半端になるぐらいならば過去の歴史を思いっきり現代に呼び込むのもありかな?

 

当然、作り手さんにとってはメガコンテンツならば失敗は許されないので慎重になるはずとも思います

 

しかし、僕は面白い台ならば必ず今の時代でも通用すると思う

 

面白いというかワクワクできる台かな?

 

作り手ではないので好き勝手言えるのもありますね

 

この記事は決して現代の新台を批判してるのではなくあくまでも僕だったらという感じで見ていただきたい

 

僕にできることは日本一スロットを楽しく伝えることだと思ってます

 

どのブロガーどのプロライターにも何で勝った負けたかはわからないが負けるつもりはない

 

必ず自分の手で夢を掴み取るまでだ!

 

お昼からも頑張るぞ〜仕事が全然うまくいかない僕が自分を奮い立たせる記事でした