6.15宣言男こと・・・ゴマです

 

めずらしく本日2本目の投稿になります

 

台風の影響でお家で「暇~~」という方も多いと思います

 

パチンコ屋が開いてない〜という方も多いとは思う


「台風の時ぐらい休め」

 

心配しなくとも明日も明後日も明々後日ってもパチンコ屋はある

 

今、諭吉を取り返さなくても明日でも明後日も取り返しにいける


焦るべからず!

 

ギャンブルは焦った瞬間が負けである

 

本記事はリゼロの考察記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回のリゼロ考察記事

 

 

 

200前半の謎

 

ちょっと質問から間が空いてしまいましたが今回は

 

「モードBの200前半の振り分けはあるのか?」という点!

 

答えから言えば、間違いなくあるでしょう!

 

といってもこの情報は目新しいという話でもなく、僕自身は6.15の記事で「200前半はモードB説」の記事を書いている

 

↑なんだ?なんだ?俺すげぇ~感をだしてきたか?

 

ですのでもっともっと前に知っていた人は多いとは思います

 

まぁ、もともとリゼロの考察記事に関しては「様々なことを言っておけば何個は正解はあるだろう」的なノリもあった

 

↑でたぁ〜数打てば当たる戦法

 

まぁまぁ、とにかく「ある」という前提でいろいろ見ていこう

 

・・・

 

しかし、当時はこの説を書いた時に結構否定された

 

否定と言っても今現在も明確にモードBに200前半の振り分けがあるとされたわけでないので否定という言い方もおかしなかもしれない

 

まぁ、細かいことは気にしない

 

解析情報的に「モードBは各ゾーンの後半」という情報がある

 

その中でも単純にモードB時に「200前半」でガセ前兆に入る違和感はあった


「振り分けが薄い所やない所にガセ前兆を作るのか?」というの違和感

 

↑このシステムというのはスロットの歴史的にはほぼないと思う…あまりパッと思い出せないぐらいない!そのぐらい今までのセオリーを変えるというのはなかなかやらない

 

そしてもう一つは「50G前兆&100G前兆」=200前半で当たりやすさ

 

ここに「200前半でスルーしてもモードB天で止まることが多い」

 

当然、A天にいくという情報は何度も耳にはしていましたがそれでも「200前半で当たる&B天で止まる」という声の方が圧倒的に多かった

 

この話の一連を考えると「200前半にモードBがない」と考えるのは少し厳しいようにも思う

 

そんな感じで、最終的に僕の中では「200前半」>「200後半」というぐらいにモードBならば「200前半」の振り分けの方が濃いとは思ってます

 

 

モードAではキツイ

 

ではもう少し視点を変えてみる!

 

 

設定1 1/523.8
設定2 1/486.6
設定3 1/491.4
設定4 1/402.5
設定5 1/379.8
設定6 1/333.8

 

これが白鯨出現確率

 

見れば分かる通りに「打てば分かるのがリゼロ」

 

内容もあると思うけどそこばかり気にせずにもっともっと単純に基本的な感じで設定判別していいと思う

 

「異様に当たる!」

 

十分としっかりとした設定判別とは思う

 

話しは戻り、この確率は全てのモードを含めてと考えると低設定ならば一番滞在が多いと思われるモードAで浅い所で当たるでガンガン当たっていると考えるのはちょっと厳しい確率

 

設定2でも約1/500ということは「Aならばほぼほぼ天井か?」とはなりそう

 

そうなるとそもそも「Aの200前半はかなり薄そう」とは思います

 

↑仮にここが崩れると数値の波長が合わなくなる

 

僕の中では上記までで納得できますが、さらに視点を変えてみる

 

リゼロの不思議な当たり方の法則の一つに「200前半CZ失敗→200前半」という2連続の当たりが異常に多い

 

当然「200前半→A天井」も多々ある

 

しかし、どうしてこんなことが起るのか?とは思う

 

たまたまとか偶然という感じでもないようなぐらいに見かける

 

ならばヒキが左右されないモードで作り出しているしかない

 

そういう意味で「引き戻し」というモードがあるのでは?とは思います

 

もしくは「B200前半→B200前半」と繋いでいるのかもしれない

 

が、「B→B」と繋ぐ上の話も少し疑問点は残る

 

「200前半→200前半→有利区間リセット」の多さは異常

 

厳密には100%ではない

 

ないですが、元々「同一有利区間内で2回のCZ失敗で有利区間はいかなる時もリセット」と思うぐらいの時期もあったのが現実

 

これを考えると実際に低設定は「モードB→引き戻し→モードAと移行」していて」、モードAならば深いG数を選択するので有利区間数が足らずに有利区間リセットとなっているのかも?(引き戻し後はほぼモードAに移行にしておけばできそう)

 

ならば「モードA(200前半の当たり)→引き戻し→モードA」ということで有利区間リセットというパターンも想像はできる

 

しかし、このパターンは「限りなくないのでは?」と僕は考えている

 

理由は明白!

 

「A天→CZ失敗でほぼ有利区間リセット」

 

A天からでも有利区間継続する事例はある、、、あるが稀の中の稀の稀話である

 

要するに「Aから引き戻しモードに移行する現実的な数値」があればもっともっと「A天からの有利区間継続」は日常的に見るはず

 

これがないということは「現実的にはAから引き戻しには移行しない」と僕には思える

 

そう考えるとやぱっりリゼロって「Bからの移行率」というのが非常に特徴的でモードを唯一動かせれるモード…動けれるモードという言い方が正しいか?になると思う

 

この辺りをトータル的に見ればだいたい高設定の挙動というのは辻褄はあってくる

 

明らかなるモードB選択率の違い

 

いまでもここがキーだとは思っている

 

 

 

 

設定4の論争

 

 

最後に「設定4論争」に関して

 

リゼロの設定4を打つのか?打たないか?の問題は「打てれば打つ方がいい」とは思う

 

↑曖昧な感じですがこの曖昧さが一番のキー

 

無理して打つならば打つな!という話!楽に打てる時のみ打てばOKという感じ

 

実際に白鯨確率的にもグッと設定4以上から出現率が上がるので勝負にはなる

 

あとはリゼロで一番大切なのは「一番最初の白鯨戦に勝てるか?そして勝って出せるか?」

 

ハッキリ言ってしまえば設定6以外は↑ここ次第しかない

 

後から捲って勝つという展開はリゼロでは基本的にないと思うべき

 

先手必勝=先行逃げ切り!という有利な形で戦える時のみ勝てる展開

 

持ちメダルなくなって追い銭した瞬間は既に敗北である

 

逆に言えばこの曖昧な戦法が通用してしまうのがリゼロ!6号機でもある

 

5号機ではこれが通用しない機種が多い

 

リゼロを朝一から打つならば20K持っていけば十分

 

 

まとめ

 

リゼロは全ての話が全ての設定の話とはならないのも難しいな~とは思う

 

稀な事例を探せばないことはないが稀の話は稀ぐらいで止めておけばいいとは思う


あれ?

 

しばらくスロットを打っていないと記憶が薄れてくる…

 

メダルってどうやっていれるだったかな?

 

レバーってどうやって叩くのかな?

 

まだまだパチンコの記事続きます