ドキラーこと・・・ゴマです

 

こないだ奥さんの実家に行きました

 

駐車場が狭いので車を隅の方に寄せて駐車したのですが、急いでサイドドアを開けるミニGOMAがいた

 

GOMA「待て待て待て待て待て」

 

僕の叫び声と共に「ギギィギィーー」と擦れる音

 

サイドドアの下の方が若干擦れました泣

 

傷物になったヴォクシーをしばらくの間なだなでしていました

 

まだ1年半しか経ってないのに…切り替えていくぞーー!

 

お昼ですのでくだらない記事です

—–sponsored link—–




 

沖ドキを打つ本当の理由

 

ハロハロ、沖ドラーです

 

ここ最近は「沖ドキ」を中心に打っています

 

その中でさまざまなオカルトを言っているのは少しの理由があります

 

「1000円、2000円で夢をみてほしい」

 

こんな思いがあります

 

スロット打っていて、「残り1000円Aタイプ打って帰ろう」とか「残り2000円分残ったから何か打てる台はないかな?」こんな時は1度や2度はあると思います

 

Aタイプ打つのもよし!GOD狙うのもよし!

 

しかし、多くは負けて終わることが多いと思います

 

「それならば打たなければいいと思う」の意見も十分にわかるのですが、何かを期待してしまうのもスロッターである

 

そんな時にもしホールに沖ドキがあるならば是非チャレンジしてほしいとの思いが僕にあります

 

って、言うだけならば簡単だから僕がいろんな打ち方して実際にブログで見てもらっていいと思った方はチャレンジしてもらいたいと思っている

 

「そいや~あいつこないだこんな台で当たってたな?1000円だけやってみるか!」

 

これで奇跡の勝利が起きたら幸いだなと思います

 

当然ながら、打つも打たないも自己責任で笑

 

 

—–sponsored link—–





 

200回転とした理由

 

僕の父が勝手に「200回転以内がアツいと言っている」のですが、大当たり履歴を見てると確かにこの辺りで当たりが多い気がしました笑

 

そして、ホールで簡単に見つかりそうな回転数というのもGOOD

 

なおかつ連チャン後ならば引き戻しの可能性もある

 

1000円、2000円打つならばここがベストだなと本気で思ってます

 

 

追うことの危険性

 

もともと沖ドキを何とかしたいと思ったのは2月の一番最初の実践記事で-66000円負けた記事

 

 

 

 

この時に何か違和感を感じました

 

〇スルーから天国上がるまで打つのは本当に得策なのか?

 

期待値的には打った方がいいのかもしれないが、僕の中では違うと感じました

 

普通ならば追いきれないし、追い切ったとしても見返りが小さすぎる

 

実際に連チャンは爽快だが出玉的に言えばそこまでパンチ力があるとは僕は思いません

 

パンチがないというか1000枚ぐらいならば簡単にでるが3000枚というとかなり現実的には厳しいというのが本音です

 

追って見返りが少ないならば追う必要はないかと…

 

 

結局わからない

 

ボーナス後も実際に打ち続けてどの辺りで上がるかを見てるのですがやっぱり「0スルー」は基本的に無理感はありますね笑

 

その反面、僕は1スルー以降はたいして変わらないと感じてます

 

感覚的には3スルー、4スルーぐらいでこないとあとはもう恐怖でしかない

 

 

 

まとめ

 

解析数値は見ますが僕は昔っから実際の実戦での感覚をすごく大事にしています

 

そんなこんなで沖ドキは「緩く付き合うぐらいが丁度いい」そんな感じですかね?

 

 

そんな感じで今後も「沖ドキ」は緩く打つつもりです

 

後、この戦法を沖スロのメッカの沖縄で試してみたい

 

月末に行く沖縄でも確実に「沖ドキ」は打ちますよ♪

 

見ててください!必ず僕は奇跡を起こします…中段チェリーはその時までとっておいてあります笑

 

なんせ手のひらに「GOD」と書いて打って17500枚だしたオカルトマンですからね笑

 

信じるか信じないかはあなた次第

 

最後に一言だけ言っておきます・・・

 

「200G以内には何かある!」

 

昼からもゆるーく仕事にスロットに沖ドキに頑張りましょう♪