迷言王男こと・・・ゴマです

 

本日の冒頭の雑学は「リゼロ企画での皆さんの予想の途中経過…」というお話…

 

「リゼロ企画のプレゼント応募は22日」までとなってます(まだ時間あるので焦らなくても大丈夫かな?)

 

今現在の応募者は106名です…ありがとうございます(このままのペースならば最終的には200名ぐらいかな?)

 

また、応募の際にコメント添えていただき感謝します…数が膨大で返信できませんが全て読んでいます!

 

あとアマツ討伐した報告がめっちゃ多くて嬉しいです…ねっ!月下は甘いでしょ?

 

そして現在の予想がなかなか面白いです(4/14終了の時点)

 

3回~11回・・・14名
12回~21回・・・59名
22回~31回・・・16名
32回・・・17名

 

どうやら皆さんは中間ぐらいで「終了するのでは?」という予想が多いみたいです

 

僕もそのぐらいだとは思ってます

 

それでも今現在の一番人気は「32回」=決着つかず

 

ワンアタック(1回)挑戦が最大でも14K付近と考えるとある程度の数を踏めると想像するか…

 

12回~21回のゾーンは万遍なくという感じで差はないです

 

「勝つ」と予想される方も多いですが純粋に「負ける」と言ってくれる方もいました(企画には勝ち負けは関係なし)

 

こういうのは嫌いではないですね~忖度なしに「バシッ」と言ってくれるのもありと思います

 

しかし、僕の中では勝ちのビジョンは描いてあります笑

 

また「MAXらっしゅ3連続が出る」=最短の「3回」を予想する強者は今現在はいません笑(5回を選んだ人はいます!笑)

 

僕の剛腕に悪ノリされる方…お待ちしております!

 

↑ある意味、まずはここを狙っていきたいですね笑

 

まだまだ時間はありますのでぜひぜひ「参加してみようかな?」と思う方は応募してください

 

正解すれば100%でオリジナルTシャツプレゼントします(過去に当選した人も2枚目・3枚目は狙ってね♪)

 

↓応募はこちらから↓

 

お昼ですのでくだらない記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回のくだらない記事

 

 

 

ポーカーに学ぶ

 

「沖ドキの200G以内はアツい」

 

「月下雷鳴はどっから打っても一緒!」

 

「絆は弦之介の気分次第…」

 

これまでに僕はいろいろな迷言・格言を残してきた

 

皆さんもご自身や友人や知人・職場の方などがありとあらゆる方が「迷言・格言」を残してきたと思います

 

そんな一瞬笑ってしまう迷言・格言にも「ひょっとして重要なヒント」があるかもしれない

 

今回はそんなギャンブラーの迷言・格言にフォーカスしてみました

 

・・・

 

「ポーカーは知っていますか?」

 

どんなルールかは知らなくても一度は聞いたことあるカードゲームだと思います

 

いろいろなルールはありますが基本的には「5枚の札」の強さで競うゲーム

 

特徴的なのは運もあるが非常に心理戦が重要視されるゲームです


故に強い人が勝つゲームである

 

そんな「ポーカーにはある格言」がある

 

 

1.「周りにカモがいなければ、誰がカモか明白である」

 

先ほど言った様に「強い人が弱い人に勝つゲーム」

 

なので必然的に「自分より下手な人を探す」ということになる

 

見つかればいい…見つけたカモから勝利するのみ…

 

しかし、もし見つからない時は…〇〇〇

 

意味わかります?

 

「見つからない時は自分がカモにされている」という意味らしいです!

 

この言葉は面白いな~とは思いましたね!

 

スロットに例えるならば「少し前までは設定6をツモれてたのにツモれなくなった」

 

これを「高設定がなくなった」と思うのか?はたまた単純に「ツモれなくなった」と思うのか?

 

むしろツモれる自信があるならば「相手(ホール)もツモらせない自信もある」ということかもしれません


「ツモったのか?」「ツモらされたのか?」


「ツモらしたのか?」「ツモらせなかったのか?」

 

さてさて、どっちなんでしょう?

 

—–sponsored link—–





2.「水族館ではお静かに!」

 

ポーカーの世界ではカモの事をFISHと呼びます

 

要するに「自分の周りにFISH(カモ)が多ければ静かに泳がせておく」という感じです

 

スロットに例えると…ちょっと難しいか?

 

というか、人によって「カモ=勝負相手」を「他の打ち手の事」と考えるのか?「ホール」と考えるのか?で少し変わりそう…

 

僕はどちらかと言えば「相手はホール」とは考えてます

 

周りの相手が上手かろうが下手だろうが軍団がいよういないようが、それによってどうこうはないとは考えてます

 

理由としては「朝一ならば結局の所、答えは誰も分からないから!」

 

人によっては100%という状況もあるかもしれませんが、それは「100%でそこにいれてくれるホールがあるから成り立つ」のでそもそも打ち手側からではどうしようもできないのでは?

 

もっと言えば「あの店は絆の角台に毎回6を入れる」という状況でも、ひょっとして抽選で1番を引いた人の素性によっては設定キーを回されるかもしれない

 

そう考えればまずはホールが最初の敵と考えます

 

僕の状況で考えるならば、僕自身はそこまでガツガツに期待値を追ってはいませんが基本的には「据え」を使って打っています

 

ずーと通っているのでホールも当然知っているでしょう

 

なので適度なハマり台をリセットされたら「お手上げ」である

 

そうなればリセット恩恵にあやかって「リセットを狩る」という考えもあるが、朝からいけないので厳しいとは思う

 

当然、僕だけではないので理由はわかりませんが自分の中では「ずーと泳がされ続けること」が僕にとっては良い距離感だとは思う

 

幸いな事にマイホには手荒な方はいないので静かな状況である

 

だが、似たような話を友達にしたら…「それ、お前が手荒とは言わないがソコソコの事をしてるから気づかないだけでは?」とは言われました…

 

そういう事ですね…結局はそういう事ですか…笑

 

面白いことを言われたな~とは思いました

 

 

3.「熱くなったら一旦休め、テーブルは逃げたりしない」

 

明日も明後日もパチンコ屋はある…以上!

 

自分自身に言い聞かせました!

 


4.「まだ負ける時間帯じゃねぇ」

 

一見、オカルト的な考えですが真のギャンブラーの方達にもそういう考えはあるという事なのかもしれない…

 

スロットでも「エンペラータイム」「ヴィクトリーシーズン」などいろいろな言葉はある

 

不思議とそういう期間は僕もあると思う

 

あとは「勝ちが勝ちを呼ぶ勝ちなのか?」「負けの中の勝ちにすぎないのか?」

 

しっかりと見極めたい!

 

 

5.「二確ぅ~~~♪」

 

SSが晩年でディープインパクトを輩出したように、5号機の終盤となってこの言葉は伝説になったと思う

 

本当にこれ以上もこれ以下もないですね…完璧に白旗です

 

ちなみにですが

 

1号機「遅れ」・2号機「集中」・3号機「裏モノ」・4号機「ゲチェナ」・5号機「二確ぅ~~」とつないでいるので6号機こそは僕がなんか迷言を残せれたらとワンチャン狙ってます

 


5.「あっついでぇ~」

 

スロット史上最高の名言は射駒タケシさんの「あっついでぇ~」しかないと思う

 

スロットは出玉や設定じゃないんだよ

 

「アツい所を熱い」と感じれる!

 

そこからくる期待感と興奮と未来想像…これがパチスロだ!以上!

 


6.「戦いとは、最後にどちらが立っているか、それだけのこと!行くとするか」

 

これ、鉄拳4の「ティザームービー」の最初の言葉です(本当にチェックするの早いでしょ?)

 

いや~期待感はありそうな映像でした…平八を強調していたかな?

 

こりゃ~「頭突きコンボ」はありそうですね…むしろ、ないはずはないです

 

内容としては映像だけなので、どんな仕様なのかは分かりませんでした

 

 

 

デビューは7月21日(予定)

 

 

 

だから、「予定」が小っちゃすぎるやろ!

 

何回も言わせないでくれ笑!

 

そんなこんなで、「6」の鉄拳4の名言のみ覚えていただければ幸いです(なんだかんだで山佐が好きでしょ?)

 

という事で、終わります

 

お昼からも上司に頭突きコンボ・部下にも頭突きコンボ・同僚にも頭突きコンボ・営業先お得意先にも頭突きコンボで頑張ろう