ギアスラー男こと・・・ゴマです

 

11/5月曜日です!

 

「こたつ」の破壊力が僕のブログを妨げる状態が続いております

 

すぐに寝てしまいます…汗

 

こたつを開発した人に脱帽です

 

本記事は10/31実践記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回までの実践模様

 

 

 

 

しっかりと残して…

 

前回までの実践は、コードギアスで「ギアスラッシュ」を引いてSP×5個獲得して6SET終了していよいよ気合も最高潮になってきたと言う所まで

 

「一気にいくぞ!」

 

・・・

 

 

 

ボーナスからART復帰した時点で「バトルピース×38、SPピース×1」

 

GOMA「夢の50個が見えてきた!」

 

7合目は「SPピース」で勝利

 

 

 

スザク山8合目のバトル前で「43個」と自己新記録まで貯めれた!

 

しかし、このバトルが思ったようにいかずに10個使って勝利(残り33個)

 

GOMA「すべて上手くいくとは限らないから30個をキープせねば…」

 

 


困ったらボーナス

 

やっぱりボーナス引いてこそ「バトルピース獲得の近道ですしA+ARTなのでどれだけボーナスを引けるかで最終的に枚数が大きく変わる」

 

あくまでも枚数が重要!

 

どれだけ連したかというよりどれだけ出したかだ!

 

赤7ボーナスからは「2個」獲得

 

 

 

ART準備中などでもコツコツ乗せて38個まで戻した!

 

GOMA「この雰囲気はあるぞ!ゼロレクは通過点!しっかりと残してゼロレクを迎える!」

 

自分に喝をいれる!

 

9合目は7個使って勝利で残り31個で10合目へ!

 

「30個残してゼロレクにいきたい!」

 

 

 

34個で10SET目!


GOMA「ここ重要!勝負所だぞ!」



・・・

 

・・・

 

強い…スザクが強い…

 

 

 

12個使って残り22個で「ゼロレクイエム」に突入

 

GOMA「くそ~~~」

 

自分の思うようにいかない展開に先ほどまで高ぶっていた心も一気に冷めてきたのが分かる

 

—–sponsored link—–




 

ゼロレクの意味

 

そもそも「ゼロレクイエム」がもの凄いのか?という問題があるとするならば「そこまで震えることではない」という印象が前回からある

 

読者さんからコメントで教えてもらったのですが「ゼロレク」=「高確モードの優遇」らしい…

 

分かりやすく言えば、北斗の拳転生で「激闘にいきやすくなる」という感じでいいと思う

 

けど、基本的には玉集めゲームになるのでこの少しの優遇が大きい事は間違いない!

 

またバトルパートも通常バトルよりは勝利しやすくなっている

 

やっぱりいかに「ピースを使わずに勝つ」が重要なので少しのバトル優遇が大きい事は間違いない

 

あとは僕を震えさせてくれ!

 

「ゼロレク」で震えたい!

 

 

 

モードはいかほど?

 

*僕がギアスを深く知っていないので間違っていたらスイマセン

 

前回は注目点が掴めませんでしたが今回は「どの程度モードが優遇されているのか?」という所に注目したい

 

モードは「通常・高確・超高確(蜃気楼)」がある

 

超高確は特殊なケース以外はなかなか入らないと思うので、結局の所、「ゼロレク=高確にいきやすい」という事になると思う

 

高確期待度を示すステージは、「昼・夕方・夜」の3種類(画面見ればすぐに分かる…途中でステージアップもある)

 

「昼=20%」「夕方=58%」「夜=100%」で高確らしい!

 

その辺りを注目してみよう

 

11SET目…22個スタート→昼ステージ→赤7ボナ(ピース獲得0個)→4個増えて26個でバトル→2個使って勝利

 

12SET目…24個スタート→夕方ステージ→4個増えて28個でバトル→2個使って勝利

 

13SET目…26個スタート→夕方ステージ→2個増えて28個でバトル→2個使って勝利

 

14SET目…26個スタート→夕方ステージ→3個増えて29個でバトル→5個使って勝利

 

15SET目…24個スタート→夜ステージ→REG(ピース4個獲得)→10個増えて34個でバトル→11個使って勝利

 

16SET目…23個スタート→夜ステージ→4個増えて27個でバトル→6個使って勝利

 

17SET目…21個スタート→夜ステージ→7個増えて28個でバトル→8個使って勝利

 

18SET目…20個スタート→夕方ステージ→3個増えて23個でバトル→14個使って勝利


19SET目開始で残り9個!

 

「エンディングまであと少しなのに…」

 

明らかに流れが悪くこのまま終わってしまいそうですが、僕はスネ夫的な性格のなので往生際が悪いのでここから抵抗しだす

 

GOMA「簡単には終わらない!」

 

 

 

19SET目残り0GでボタンPUSH

 

GOMA「むしろバトルいかない時点で分かってます!」

 

 


粘るよ~!

 

なおかつ青7で勢い上昇!

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ギアスラーを襲名することに成功

 

 


この粘り!

 

上記の通り、19SET目…9個スタート→昼ステージ→青7ボナ(ピース×2、SP×1獲得)→3個増えて12個でバトル→SPで勝利

 

20SET目…12個スタート→夕方ステージ→1個増えて13個でバトル→8個使って勝利

 

GOMA「到達したーーー!エンディング確定」

 

—–sponsored link—–




 

隠れ蜃気楼?

 

 

21SET目からさらにステージが変わる

 

初めてなのでよくわからなかったのですが、この後ずーーとこのステージ

 

 

 

エピソードにいれましたが蜃気楼ステージには突入せず…

 

 


スイカで「SP獲得」

 

ちょっとギアスを詳しい方に聞きたいのですが、21連以降って「蜃気楼ステージ」には突入しますか?

 

ステージは同じで内部的に「蜃気楼」という事はあるのでしょうか?

 

この後何回かエピソードにいれましたが「蜃気楼」には入りませんでした(運が悪いだけ?)

 

 


撃破数28機の3075枚で終了

 

・・・

 

・・・

 

 

 

逆転で復活…(こんなタイミングで復活すると知りませんでした…エピソードもついてくるオマケ付きでした)

 

 


撃破数35機の3677枚で終了

 

・・・

 

・・・

 

 

 

逆転で復活(ビックリ過ぎて目押しはガバガバ…レア役で復活したのかな?)

 

・・・

 

・・・

 

 

 

本当に終了!

 

 


エンディングの100GのオマケART

 

 

 

3917枚で終了

 

前兆確認でヤメです

 

 

 

まとめ

 

結果から先に…

 

 

3978枚

 

10/31実践結果 投資4K 回収 76.4K 結果+72.4K

 

まずは連敗脱出&いい形で10月を終えることが出来ました(後日、10月のまとめ記事は出します)

 

結果は大満足しています

 

ここからはゼロレクイエムを堪能して感じた感想です

 

今回は、37連目でまけましたが20連以降はかなりバトル中の引きがよかっただけで「ピースの数」を盛り返したという感じではありませんでした

 

ゼロレクイエムの性能を僕なりに表現するならば「通常ARTよりはトータル的に見ればやっぱり強い」とは感じました

 

1SETだけで見ていくと高確の引き具合やギアスリプの引き具合で左右されますがそこまで通常ARTと大きく変わらないとは思う

 

しかし、ロング継続するとこのわずかな差が大きくなるイメージ

 

やっぱり「ゼロレクイエム」の破壊力はある

 

バトルに関してはやっぱり、「バトル中の一撃チャンス」をいかに制するか?が勝負の分かれ道だと僕は思います


本当、ギアスはここ次第だと思います

 

ぜひぜひまだスザク山を登頂してない方は一度アタックしてみてはどうですか?

 

またギアス実践の要望あれば「次は万枚を目指します」←もうそこぐらいしかなくない?

 

翌日の実践記事はこちら