沖ドキラー打法男こと・・・ゴマです

 

冒頭は時間がないので省略します

 

本記事は4/27実践記事最終章になります

 

—–sponsored link—–




 

前回までの実践模様

 

 

 

200G以内打法

 

前回までの実践模様は沖ドキラーが沖ドキで自己新記録となる22連(B15R7)で約3500枚獲得した

 

そして、なんだかんだでもう少し打ちたかったので難癖つけて続行することを決めたという所まで…

 

「200G以内はアツい打法で攻める」

 

・・・

 

沖ドキラーの真骨頂と言えば「200G以内はアツい打法」である

 

信じるか信じないかはホールで確かめてくれ(自己責任で!)

 

独自打法を元に打っていく

 

・・・

 

「あれ?おかしい…」

 

「こんなはずじゃない…」

 

・・・

 

 

 

名古屋のクセが半端ない

 

まさかの「スルー」である…

 

ドキドキモード→保障モードと踏んでいるので「引き戻しモード」に期待してました…

 

実際に沖ドキのモード移行を考えた場合に「唯一、設定差がない」瞬間でもあるのでかなり運次第感はある

 

GOMA「というこはモードAか?」

 

 

 

 

リスクの大きさ

 

尺の問題でくだらない話をします笑(真剣に聞かないぐらいが丁度いい…)

 

・・・

 

そもそも沖ドキを続行するという時点でかなりのリスクは生じると考えてます…例え高設定でも…

 

一番最初に考えるとするならば「当たるのか?」というリスク

 

ここに関しては僕は「波次第」という思いはある(波という言い方が正しいかは不明)

 

設定差はあれど設定1でもそもそも当たらないという確率でもなく、当たる時は当たる・当たらない時は当たらないという程度の確率

 

実際に大きく初当たり確率を左右しているのは「レア役での解除当選」に設定差がある

 

もしレア役当選がないと考えた場合には「0.02~0.03%」しか変わらない

 

細かい数値を書いても分かりにくいと思うのでレア役解除を考えない場合は「6=5>4=3>2>1」と思っていただければいいと思う

 

*>←一つが0.01%違うと考えてもらえばOK

 

正確にはこの小さな積み重ねが大きいとは思いますが、短いスパンでは大きな差は感じないはず

 

・・・

 

次に「天国へ上がらない」というリスク

 

ここに関しては大きなスルー回数も時にはあるかと思いますが「実際にはそれは稀な話」

 

リゼロとか星矢とかもそうですがスロットの一つとして「稀な話が当たり前なような話・印象になる」という事が多々ある

 

実際に沖ドキも多くは「それなりのスルー回数」で天国へ上がっているし、0スルーからでも普通に上がる(そもそも悪くても当たれば10%以上では天国へ上がる)

 

なので上がらないというイメージはないです

 

それ以上に「上がりきるまでコインが持たない」というのがある

 

GOMA「ガッデム!コイン持ち!」

 

そんな沖ドキのカラクリの一つとして「スルー回数」で見ていくというのがある

 

これをちょっとG数で見ていく

 

例えば1000枚あればザックリ500Gぐらい回せるか?(少し届かないとは思うがザックリと…)

 

要は1000枚の手持ちならば「500G+途中で当たった分のメダルで回せるG数」で「天国に上げれるか?」という勝負になる

 

当たり前の話ですがこう考えると「厳しい」というイメージしか残らない

 

そう考えるとやっぱり厳しい台なんだとは思う

 

話しを実践に戻します

 

 

沖ドキラ―は前進

 

沖ドキラーの秘技である「200G以内打法」が破れてしまったので万事休すか?

 

GOMA「ヤメよう!それがいい」

 

今ならばそこまでの被害でもないし、沖ドキラーとしての最低限の戦いはした

 

賢明な判断をした

 

・・・

 

が、あることを思い出した

 

「最近、攻めなくなったよね?」

 

少し前のある記事でのコメントである

 

今年に入り子供が生まれた等もありなかなか長い実践ができなくなった

 

そこは致し方ない事だし自分のスロットに対する向き合い方はその程度なのでしょうがないとは思ってます

 

また底なしに資金があるわけでもないし、誰かに援助してもらってるわけでもない

 

資金面を考えても攻めるも攻めないも自分の判断でやればいいから気にする必要とは思う

 

けど、そう言われるとなぜか悔しい自分もいる

 

GOMA「今、やってやろうじゃないか!」

 

↑なぜこういう考えになるのかわからないがそんな自分が嫌いではない

 

僕のブログでは良い声や悪い声があるのは認識してる

 

良い声には素直に嬉しい

 

悪い声には一つの声と受け止めて反論することはない

 

だが僕も人間だ、、、言われて悔しいとは思う時もある

 

GOMA「だからこそ魅せるぞ!」

 

代わりにやってみろ!嫌なら見るなで僕は終わらない

 

ブロガーである前にスロッターである!

 

GOMA「攻め倒してやるよ!」

 

アンサーは言葉でなくスロットで返す

 

 

 

353GでBIG

 

GOMA「ふぅ〜」

 

ただただ安堵の気持ちである

 

GOMA「まだまだ!こっからあげるぞ」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

光るよ〜

 

ハイ!でたぁ〜こうなるよ!

 

誰も言ってくれないから自ら言うが確実に確実に持っている〜!

 

平成が終わりかけようが「昭和最後の砦」は終わらない

 

33歳、、、全力です

 

 

 

最上級の形には持っていけないのが玉に瑕、、、

 

流石に0スルーからドキドキは厳しいか?

 

しかし、何が起きても不思議でないのが沖ドキだ!

 

GOMA「ならば!」

 

 

 

光るよ〜

 

ドキドキモードならばベルで25%、レア役ならば50%

 

 

 

永遠のシルバーコレクターだ

 

しかしこれがいい感じで連する

 

 

 

BIGオンリーの10連♩

 

レア役で2回を含む1G連が4連続には震えた

 

 

やるならば徹底的に

 

メダルは約4700枚まで増えた

 

時刻も20時20分となりいい時間!

 

ここしかない!

 

・・・

 

GOMA「続行!」

 

当然、ここではヤメない!

 

攻め倒すならば徹底的にやるべきだ

 

なにより台の勢いも展開も最高潮で5000枚目前

 

大台目前ではヤメれない

 

そして「200G以内はアツい打法」を決めたい

 

・・・

 

・・・

 

 

 

名古屋半端ないって!

 

GOMA「ぐぁ〜〜」

 

 

 

沖ドキラーも半端ないっす!

 

219GでREG

 

さぁ、あとは上がるかどうかの話

 

時間も時間なのモードや設定などは言ってはいられない

 

・・・

 

ヌル〜〜ん

 

9Gで完璧に遅れた

 

・・・

 

 

 

再度言うが、やるならば半端なくいくぞ

 

 

 

10GでBIG

 

9Gで確定役とならば「天国だった」という可能性は十分に残っている

 

なおかつ最悪でも「1スルーで確定役」という状況

 

GOMA「両目待ち状態」

 

意味合いは違うが感覚的にはどっちかで引っかかってくれの思いである

 

そして、自分の中で本日最後の勝負と決めた

 

 

 

あっぶなぁ〜

 

15G過ぎに花びら、20G過ぎにカナちゃんには触れた

 

 

 

B7R3の10連

 

GOMA「これが奇数ですか?」

 

連する感は満載

 

5803枚で終了

 

 

なんとか10分前に間に合いました

 

まとめ

 

4/27実践結果  投資7k 回収103.8k  結果+96.8K

 

まさかここで5000枚オーバーを達成するとは思いませんでした笑

 

最初のドキドキでの22連も凄かったですが、その後の10連→10連は過去の実践とは明らかに違った?

 

真相はわかりませんが「これが奇数か?」という思いです

 

久しぶりに大きく出せれてよかったです