小休憩はサイン男こと・・・ゴマです

 

この記事の実践記事は既に出てますのでまだ読んでいない方はそちらから見ていただければとは思います

 

ミラジャグの記事

 

3/9設定8と思われるミラクルジャグラーの詳細データです

 

—–sponsored link—–




 

ミラジャグの実践データ

 

 

詳細データ

 

先に言っておくがパチったわけではない…オマージュだ!笑

 

実践記事の方では1000G間でのボナ確率という点に注目してみました

 

次はG数とボナから見ていきたいと思う

 

こういうのを積み重ねることこそ、自分の経験則・ギャンブラー勘を鍛える訓練になると思う

 

ちょっとこうだったな?という感覚が大きな差にはなると思う

 

 

回数 G数 ボナ種類 合算 心の心境
スタート 229G B5R7 1/92 合計1111G
1 251G B 1/87 ラッキー
2 18G B 1/82 勝確
3 216G 1/91
4 5G B 1/85
5 96G B 1/86
6 75G B 1/85
7 5G B 1/81 ジャグ5連
8 101G B 1/82 早い!
9 16G 1/79
10 2G 1/75
11 99G 1/76
12 27G B 1/74 ジャグ5連
13 119G 1/76 小休憩
14 128G B 1/78 小休憩
15 804G B 1/105 はぁ?
16 49G 1/103
17 86G B 1/102
18 55G B 1/101
19 47G 1/99
20 12G B 1/96 ジャグ6連
21 134G B 1/97 小休憩
22 143G B 1/99 小休憩
23 615G B 1/113 はぁ?
24 65G 1/112 ジャグ2連
25 245G B 1/116 アカン
26 163G 1/117 ダメヤ
27 27G 1/115
28 3G B 1/112 ジャグ3連
29 175G 1/113 垂れた…
30 10G B 1/111 結局?
327G ヤメ 1/119 5000G

 

というような感じである!

 

*こういう表もやろうと思えばできる…やらないだけだ笑

 

 

 

出玉グラフだとこのような感じ

 

雰囲気的にはいかにも高設定の様なグラフを描いていると思う

 

 

 

展開も向いた

 

そもそも僕は「Aタイプ=ネタ打ち」なので正直な所、座った時点は「1/100を切る設定8を打ったらどうなるか?」的な事をやりたくて座っただけです

 

まずは低投資からBIG連打で持ちメダル作ったが216GでREGで終わったと思いました

 

珍しくここから展開は向いたと思う

 

実質ジャグ10連は大きかった(B6R4としっかりとBIGがついてきてメダルを持てた)

 

この時に「7割の箱」「3割の箱」「下皿たくさん」と3等分して

 

「絶対に7割の箱は下ろさない」とは決めてました

 

これは僕の経験的に「そこまでメダルがなくなって箱を下ろした」というのは未練打ちでしかない

 

どこかで「減った分を取り返したい」という思いだけでそこには設定とかの問題とかではなく自分の感情だけだと思う

 

ですので、この台で自分が納得するだけの「一定の勝ち」は保証させました

 

Aタイプ打つ時はこれは大切にしてます

 

減った分を取り返したい気持ちは凄く分かる…分かるが、「どこかでラインを引かないといけない」と思う

 

また、もし未練打ちして場合でも盛り返すかもしれない…

 

どこで引く予定なのですか?

 

—–sponsored link—–




 

ジャグ連は重要

 

合算が1/74まで落ちた時はさすがに「このまま出続けるの厳しい」と思いましたが、「1/85」ぐらい終日逃げ切る台もあるのでそういう台だったらいいな~ぐらいには捉えていた

 

それでも「どこかではハマる」とも思っていた

 

結局804Gまでもっていかれましたが自分の中での予兆も少しはあった

 

「ジャグ連をしない」

 

僕の中では結構大きな特徴であると思う

 

データ上で「小休憩」と分かりやすく書きましたが、出ているジャグがハマる直前ってわりかし「ジャグ連」が起きないというオカルトがある

 

BIG・REG関係なく1回でもいいからジャグ連して欲しい思いは常にある

 

ちなみにこの後の615Gで当たった時も小休憩を2回挟んでいる

 

 

 

ハマッての…

 

Aタイプでのハマリはしょうがない

 

しかし、ハマった時こそBIGがくるか?で展開は大きく変わると思う

 

終日で見ればどのタイミングでBIG/REGがこようが最終的な出玉には関係ない…当たる数が重要

 

しかし、打っている僕らとしては心の持ちようが違う

 

「ヤメ時は閉店」というスタイルの方ならば関係ないと思うが、最終的なヤメ時を決めるのは自分なのでボナの順番は重要だと思った

 

今回は深いハマりのあとはBIG、少々のハマリでREGのパターンでも即BIGがくるという気持ちの面でも楽な展開でした

 

 

 

垂れたら終わり

 

1/74まで下がった合算も804Gというハマリで1/105まで上がってしまった汗

 

しかし、その後に盛り返して再度1/100を切って出玉も最高枚数を更新した

 

これならば「1/90」で収めれる可能性もあるかな?と思いましたが踏ん張れませんでした

 

実際に「REGが隠れてしまった」というのはありますね

 

2000G~4000Gの間でREG2回だったというのが踏ん張れなかった要因かな?

 

突き抜ける台はここが悪くても最低限は当たってくるとは思います

 

「BIGだけでもキツイ」というのも感じましたね

 

それでもこれだけ当たれば「楽しい」のは間違いないす笑

 

 

まとめ

 

記事にも書きましたが設定は分からない

 

数値的には「設定6」ではある(ちなみにホール的にはほぼ僕しかジャグラーは打っていなかったことだけは伝えておくので察してほしい…けど、甘目には動かしているとは思う)

 

じゃ~「設定1か?」と言われば設定1愛好家の僕としても「それはない」とは思う

 

さすがに設定1の合算が「1/176」で、2000G回して1/80付近だった考えれば「0とは言いませんが限りなく不可能には近い話」とは思う

 

けど、そういうことが実際に起きているという事実も話として聞くのでどう判断するかが難しい

 

実際にミラクルって設定5の方が6よりREGが高いので少しのブレでどちらにも転ぶ

 

4と6を比べても「どこまで差を感じれるか?」とも思う

 

なのでどこかでは「信じ切っちゃえばいい」とは思う

 

弊害として信じ切ると周りが見えなくなるので、最低限のラインを引くことをお勧めする

 

人それぞれ考えはあるけど実際には多くの人が「感情の部分」で押し引きは決めていると感じます

 

僕も感情が大半である(こうやって書いていても打っている時は忘れてる事が多々ある)

 

そして人の感情は必ず自分に甘く自分にいい様な幻想を抱き自分を納得させる

 

さらに自分を否定することほど難しいものはない…そもそも難しいならやらなければいいと思う

 

だからこそ何か策を建てておくのが勝利への一歩かもしれませんね

 

僕は「数値も否定する気はない」、「オカルトも否定もはする気はない」

 

全てが正しく、全てが間違っているとも思う

 

その上で全てを踏まえて今日もレバーを叩くでしょう

 

何度でも言ってきます!

 

「楽しい」「高設定かも…」と思った瞬間が最高のヤメ時です

 

ここが感情でヤメれないんだよな~

 

続きはこちら