ホールの回し者男こと・・・ゴマです

 

お昼ですのでくだらない記事になります

 

—–sponsored link—–




 

パチスロとスーパー

 

今回の記事は僕の独断と偏見のみで記事を書いていますので信用しないでください

 

しかし、多くのスロッターの心の声を代弁しているつもり

 

全国にはたくさんのホールがあると思います、そして、いろいろな営業の仕方があると思います

 

けど、ブログで何度も言ってますが

 

「トータルでは必ず打ち手側が負けるようになっている」

 

これは絶対にスロット・パチンコにおいて忘れてはいけないことだと思ってます

 

そういう中で、ホールさんも高設定などをいれて、打ち手側が勝ちやすいような台も一部分的に作ってくれたりもする

 

というのが、パチンコ屋ではあると思います

 

*あくまで大きく捉えての話なので、天井や潜伏などハイエナなどの打ち方によって勝つ確率を上げる話とは別と思っていただければと思います

 

 

 

打ち手の声

 

ここで打ち手側の大きな疑問をぶつけてみたい

 

「設定6はそんなに入れれないものなの?」

 

↑これが一番多い疑問だと思う

 

当然ながら毎日多くの設定を入れていられるホールさんもあると思います

 

けど、全体的には「設定6=都市伝説」と思っている方も多いと思います

 

設定6がある店に行かないからという議論はするつもりはない(何だかんだで馴染みの店に行く人は多い)

 

そんなにAT機に設定6を入れることがリスクあるのかが僕にはわからない

 

この辺りは実際にホールを経営すると難しい所だと思うことは予測できますが、多くの方は「普段から設定6をいれて」と思っているとは思う

 

いや「設定4でいいから」と思う方もいるとは思う、やっぱり5にして!笑

 

 

 

全6がそんなに凄い事?

 

よくいろいろなところで「全6シマ」、「全台456」などの情報は見かけます

 

「これってどうなの?」

 

当然、イベントやホールに行っている方には願ってもないチャンスなので「ありがたい・嬉しい」状況であると思います

 

けど、どこかでその分をホールは回収していることになると思います

 

スーパーで言えば

 

「ある日だけが超安いけど、安い日には人が多すぎていけないから、他の日に普通の値段で買っている」的な感じになってしまう人も多いのではないのか?

 

こうやって見るとちょっと異常と言えば異常な気がしないこともない

 

実際には知名度が上がる等など多くのメリットもあると思しホールもいろいろ考えての行っていることだと思うので批判している意味ではないです

 

けど、スロッターは思うぞ!

 

「全6するぐらいならば、半分にして他の日に回してよ」と…

 

いやいやいや、その前に「平日にやられても朝から行けないんですけど…」

 

 

 

遠征しよー

 

これを何で思ったのかと言うと

 

雑誌のイベントやライターさんは来た日にはしっかり出てるのに、店の特定日が出てないというのが多いと思ったからです

 

これは実際の所は稼働状況によってそうやって見えるだけなのかもしれないということも頭の隅には一応はいれてある

 

そう考えると雑誌イベントで瞬発的に稼働が上がるならば地域に広告を出すよりメリットがあるという事かな?

 

どうでしょうか?みなさまの地域では?

 

これまた雑誌やライターさん来店を否定してるわけでなく、どんどんやればいいと僕は思う

 

需要があるのにやらない手はないと思う

 

ということで、8月と9月は暖かくなってきたので僕も遠征しよーという、自分自身の決起集会でした!

 

↑えぇ~僕は自分を奮い立たせる為に記事書いただけです笑

 

昼からは仕事は微妙にやって、3連休にどこでイベントやっているかを検索する方に力を入れて頑張ろう