かなり記事が長いです

 

゚チスロブロガー界のガンジーこと・・・ゴマです

 

今回は「パチスロブロガーになりたい」という方に僕の知識を披露しましょう

 

どうすればそれなりのアクセスを集めれるか?という部分もお伝えする

 

最も自分はYOUTUBEに比重を置いているのでブログの方の情報はもはや特に隠す必要性もない

 

っと、まずは雑談から

 

北斗と絆2が出てから「現在の6号機の方向性」という面が少しばかり出ているとは感じている

 

解析等もある程度の部分はでているし、皆さんも知っていることは多いと思う

 

が、6号機では必ず「解析に出すに出せない部分」というのが必ずある

 

ここは何度かお伝えしている部分でほぼほぼどんな機種でもあるとは思う

 

そういう中で「絆2」は非常に巧妙に作ったと思う

 

僕自身はあまり打ちこんでいないが「テーブル…及びモードにどの程度の価値があるのか?」という部分はあると思う

 

というのも「ユニメモ」を使ってなぜあそこまでモードとテーブルを明確にしたかったのか?と不思議に思う

 

実際に初代で言えば「ゲーム性のキーの中のキー」の部分を…

 

単純な話、そこの部分に目を引っ張りたいという思惑はありそうな気がする

 

というのもBCって当たっている様に見せかけているが極論当たりという話ではない

 

CZという感じでもない

 

結局の所「うま~く」ゲーム数を刻ましているというのはある

 

これが6号機の大前提として瞬発的な出玉というのは抑えたいという部分に繋がる

 

ここは型式試験的にどうしても重要な部分

 

なので「ゲーム数を刻むほど当たりやすい=BTに入りやすい」という話があれば非常に都合がいい

 

当然、高設定…設定6になるほどこの傾向は色濃く出てるはず(ゲーム数を高設定になるほど優遇すれば作りやすいはず)

 

北斗もどうように設定6ならば「スル―回数関係なく400Gを越えれば…」という部分はある

 

当然、フリーズや直撃等を引けば瞬発的にはでますが「多くが一定のゲーム数を刻ませる」という事が大事

 

その部分をどれだけ誤魔化せれるか?に注力していないか?

 

それでも「絆2」はAT性能を抑えることにより全体的なAT突入率は上げているなとは思う

 

が、先日、BT1回の100枚ちょっとで終わった時に、「北斗の3戦目CZ失敗とめちゃくちゃ獲得枚数が変わらないじゃん」とは思いました

 

とりあえず「当たった気になれる」とされた部分にアッパレである

 

—–sponsored link—–




 

 

最新の動画

 

メインはYOUTUBEで活動しています

 

 

 

 

ブロガーになるため

 

手始めにブロガーになる為を手順を軽く紹介

 

*めっちゃ僕が詳しい話ではないので少し間違っている部分もあったらスマン

 

というのも、知識がない状態から始めるとこの部分でつまづく…僕自身も最初はサイトを開くだけで一苦労した

 

多くのブロガーがワードプレスを主体にブログ制作している(ブログ記事を作る作業場と思っていただければいいと思う)

 

アメーバなどの無料ブログもありますが最終的に「収益化」したいならばワードプレスになるとは思います(選択肢としては一択とはないですが大半は…という感じ)

 

このワードプレスを使用していく場合に「費用」がかかってくる…

 

この点で「有料ブログ」と「無料ブログ」の差がやってくる

 

では「有料ブログ」と「無料ブログ」の違いを説明

 

再度言うがこの有料というのは読み手に「お金の負担」がかかるという話ではない

 

当然、皆さんが今、僕のブログを見ていても費用はかかってはいない

 

言葉より分かりやすく例えると「有料ブログ=持家」「無料ブログ=アパート」という感じでその後の自由度が違う

 

有料ブログを使用するに辺り、ドメイン=住所、サーバー=土地、ワードプレスが自分のお店

 

この3点が必要となってくる

 

この「ドメインとサーバー代」という費用が月々にかかってくる(固定資産税的に考えてもらえればOK)

 

といってもそこまで物凄く費用がかかるという話でもなく年間でも2万円程度あれば済むとは思います(契約内容で多少はかわります)

 

あとは「記事」という商品を並べて見てもらうという感じ

 

「収益」に関しては「広告」が必要ですがすぐさま誰でも「広告が貼れるのか?」というとそうではない

 

ある程度サイト内に記事を作成してそれを「グーグルアドセンス」の審査に出して合格すれば使用できることになる

 

と、ここまで揃ってスタートとなる

 

 

人気になるには?

 

*解析系のブログと実践系のブログでは作り方が変わるので僕は実践系の話をする

 

ブログを始めて「どうすれば人気になれるか?」という部分で検索すると「良い記事をたくさん作る」「楽しい記事をたくさん作る」という言葉が出てくる

 

僕の中では「当たっている部分もあるがそれ以上に大事な部分はある」と感じている

 

もっとも「何をもって面白いのか?」の基準は人それぞれですので全員に受けいられるという話ではない

 

その背景には、言葉使いや人生観、性別に家庭環境、スロットの打ち方などなど好みは多種多様

 

皆さんが見たいとか応援したいと思う方を見ると思う見ればいいとは思う

 

読み手は自由だ!

 

当然、僕の記事が面白いと思う人もいればツマラナイ・なんか知らんがむかつくと思う方もいるのはわかっています

 

という様に、どれだけ満足させれるか?というよりそもそも「見に来てくれる人を増やせば関係ない」ともなる

 

どういうことかというと、「100人に見てもらって10人ファンを作る」より「1000人に見てもらって10人ファンを作る」

 

このぐらいの感覚でいいとは思うしネットではここが重要になってくる

 

とにかく多くの人に見てもらえば「どんな内容でもある程度は共感してくれる人」はいますのでどれだけ多くの方に触れれるか?が大事です

 

そういう中でブログには「検索エンジン」にどれだけ当てれるか?どれだけ特集されるか?という2点がある

 

この2点を制すれば一定のラインまではいく

 

その先に、記事の質等で「1000人に見られて10人のファンを作れる」方もいれば「1000人に見られて100人のファンを作れる人もいる」

 

ですので「記事内容」というのは現実的には後後の話とはなる

 

僕はこの2点の部分を研究に研究したと思う

 

その内容を僕は数人のブロガーさんに教えて「その方達は今でもブログ村の上位に入る」*無料で教えてます

 

実際に教えるまでは鳴かず飛ばずの人もいたので「この2点がどれだけ大事か?」というのは明白だと思います

 

多分ですがスロッターサガのコウチャさんは気づかれていたとは思う

 

ってな感じで、6割ぐらいは「そういう技」的な部分で自分を引っ張り上げていくというのがあります

 

これが真相であります

 

 

記事の書き方

 

ここに関しては「これが正解」というのはないとは思いますが、自分の中では何個か技的なのはあるので一部分を紹介

 

まず最初に「冒頭の雑談」

 

これに関しては使用する人と使用しない人の2パターンにわかれますが一つ言えることが「悩んでしまう」というのが多いとは思う

 

最初はいろいろと書いていけるが、意外に毎日記事を書いていると「話す内容がなくなってき、次第に天気の話が多くなる笑」

 

という感じで、悩んで時間がかかってしまう為に「省略」するブロガーは多いと思います

 

実際に「実践記事」というのは既に物語は完結している状態で書いていくので後はどのように味付けするかとなりますが、雑談となると自分の言葉を出していく事になるのでハードルが上がります

 

「簡単でしょ!」と思う方は毎日朝礼で「手短な話をする」という事ができますか?

 

なのでここを僕は重視していました

 

ただ単に雑談が好きなんよ笑

 

*ちなみに動画でトークが長いですが個人的にはめっちゃ内容を詰めているのですが…笑

 

って言う部分と、実際に僕の実践記事というのは大きく言えば内容が薄い時が多いので「違う部分で話しを持って行く」という面もあります

 

雑談の内容はさまざまなのでその時に思いついた話を結構、適当に書いている

 

で、ここの冒頭での内容と記事のオチを繋げることは多々ある

 

点と点を結ぶ感じに…

 

と言っても、毎回上手くいくわけでもなく必ずという話ではなく「繋げれるように…」という感じ

 

ここは読み手も気づかないレベルでいいとは思う

 

例えば今回のように「解析には出せない何かがあるのでは?」と書いた場合に記事の最後に「こういう裏の数値があるのでは?」という内容で終わらせるのもいいでしょう

 

今回のように「絆のBCが当たったような気がするだけ」という点から記事の最後で「負けたけど内容的には勝ったようなもの」という似たようなニュアンスの内容でもいいでしょう

 

なんとなく頭とケツを繋げたいとは思ってます

 

その他にも記事の中に伏線的にを何個も罠を置くイメージもあるとは思う

 

前回の凱旋の実践記事で言えば、「SGG単発のメシウマ!とか自分のヒキ弱で万歳を演出するスロッターは神の前に跪け」と軽くヒキ弱いを否定をしておく

 

ようするに「自分はそうではない」という伏線をはる

 

その後に

 

 

 

僕は確実に「負け」で演出を作らない*デカナビです

 

この様に、再度「自分はそうではない」とさらに強調させる

 

これは繰り返すことでよりイメージずけるという感じです*もっとも今回はデカナビという時点で「この後で赤が揃うであろう」というイメージもあるとは思う

 

その後に

 

 

 

ぬぅ~~~ん

 

と言って、華麗にハズす

 

ってな感じで「言っている事と内容の違い」を作る

 

が、ここで終わらないように間髪入れずに「氷揃いからの赤7揃い」を立て続けにだす

 

ここに「間」を空けるとテンポがダレてしまうので強弱強弱強強強みたいな感じで踏み倒すことによって流れを作る感じはあります

 

結果、「負けで演出しない」と最初に言った言葉に紐づける形にします

 

それでもこれを「いい」と思う方と「間が悪い」と思う方もいるのでそこを考えてもしょうがないという話

 

どのみちどんな内容でも自分の組み立てに合う人しか残っていかないし人生でもなんでも同じとは思います

 

自分がその時にいいと思う事を常に試行錯誤させていけばいつかは自分の型ができる

 

あとは一番最初に書く「〇〇男こと・・・ゴマです」

 

これを使いだしたのはかなり昔ですが何かしら記事に関係ある内容にしています

 

深く意味を伝えなくてもいいので「適当に書くぐらいがちょうどいい」と感じてます

 

意味が分からに言葉を冒頭に刷り込んで「あっ!」と気づいた人がラッキー的な感じ

 

一度気づけばそこを意識してみる人もいる

 

 

仮まとめ

 

それでもそもそも「スロットブログ」のキャパが狭いというのはあります

 

僕自身、いろいろ広げようとあの手この手をやってみましたが僕には無理でした

 

けど、やって見についたことも多々あるし多くの人に触れることも出来ました

 

この経験は今現在の動画でも繋がる部分は多々ある

 

というのも一番大事なのは「続ける事」が最初に始まり最後まできます

 

何をもって成功なのか?失敗なのか?は各々の判断で違いますがとにかくやり続けることが大切

 

まずは「続けれるか?」という意味でやってみるのもいいかもしれません

 

多くの方が続けれることが出来ないのが実情です

 

10人やって1か月続けれる人が1人いるかいないかのレベルです

 

なので続けたもの勝ちが必勝法なのかもしれません

 

とりあえず話が長くなるのでここらで一旦、終わりです

 

もう少し深く見たい方は下記も見てください

 

—–sponsored link—–




 

 

ザイオンス効果

 

あまり聞きなれない言葉かと思いますが「ザイオンス効果」=「単純接触効果」という言葉が心理学にあります

 

これは簡素に説明すると「何度も何度も会うとだんだんと好意を感じてしまう」という心理的な効果です

 

例えばツイッターで見知らぬ人でもよくコメントをくれたりすると「あの人はいい人」と思ってしまうような感じです

 

別にそれが悪いという話ではないです

 

というように、ブログで記事があまり面白くなくても何度か見るうちに「そこそこ面白くなってくる」と感じてしまう部分もあるとは思います

 

そういう意味でまずは「多くの人に見てもらう事が大事」という事にも繋がります

 

批判されても見てもらう…いつかは「同じレベルの記事が普通になる」という現象が不思議と起こる

 

実際に炎上系の人が3周回ると普通の人やん!と思うのもそういう見慣れたという部分も出てくるから

 

親しき仲の人のミスは「しょうがない」で済むが、初めて会った人が同じミスすると「ふざけるな!」と思うのも似たような効果でもある

 

人は優しいので身内に甘いのです笑

 

 

ヴェブレン効果

 

「ヴェブレン効果」というのがありますが、これは皆さんも日常的に感じていることである

 

これは例えば中身を知らずに「100円」と「10000円」の物があれば無意識に「10000円の方が素晴らしい物」と思ってしまうもの

 

実際に10000円の方が素晴らしいかもしれないしその価値があるかもしれませんが、とりあえずそう思ってしまうのが人間であります

 

極論、同じ物をAさんが100円、Bさんが1000円だしても「Aさんには批判」「Bさんに賞賛」という流れが起きても不思議ではない

 

特にネットの世界では「そう思わしたが勝ち」という部分が強い

 

この辺りは読み手と書き手の相性だとは思います

 

これを読み手に向けて書いている僕がちょっとお門違いかな?

 

 

先行者利益

 

基本的にどんなことでも「先行者利益」というのが存在している

 

例えば「HIKAKINさんと同じレベル」の物を提供していけば並べるか?といえば不可能

 

もっと言えばそれ以上を提供しても並べれない可能性の方が高い

 

じゃ~後者はまったくダメか?というとそうでもない

 

だって例えば今始めれば1年後には自分は後者の位置ではない

 

常に後ろ後ろには人は並んでくるものである

 

最後は始めれるか?だと思います

 

始めた人の中からいつの時代も成功者がでる

 

 

まとめ

 

っと、偉そうに語っても僕自身がこれまでの結果や成果にまだ納得できているわけでもない

 

それでも自分が納得したいが為にYOUTUBEを始めたしここが本当のスタートです

 

何度か言っていますが順風満帆でもなく傍から見ても自分が見ても厳しい現状ではある

 

ブログをやっていた方が賢明だという意見もわかる

 

それでも続けるんですよ

 

時間はかかる…かかるが自分が納得する為にもブログより何かしらの成功を達成したい為にもプレゼント企画がまたやりたい為にも

 

1年後…2年後…どこまで続けるか分からない

 

けど、「よくそこまでなったね!」と言われるまで続けたい

 

ブログだって最初は「絶対にお前では無理だ」と言われ続けた

 

それでもブログではそれを見返すだけは達成したとは思う

 

また、続けている間は「結果が出ていない」という強いポジティブ感で頑張るのみ

 

本当、僕なんかたいそうな人間でもないしその辺にいるレベルとは思う

 

ただ「あきらめが悪い」です

 

以上です

 

あっ!なのになんでブログを少し更新しだしているかというと、動画投稿だけだとどうしても今の自分では拡散力が弱いのでこのブログを通しても少しでも知ってもらうという感じです

 

ブログを書いた方がチャンネル登録者数においても少しは追い風になってます

 

本当、下からコツコツと登っていきますのでぜひぜひ長い目で一緒に登っていただける人は応援していただければと思います

 

ぜひ、ブログにチャレンジする人は今からでもありといえばありとは思う