純増200X年男こと・・・ゴマです

 

まずは雑談から…

 

定期的にパチスロのSNS界は軽く炎上する

 

今現在は「時給問題」や過去には「スロニート問題」などなどさまざまである

 

でもこういうのは一定の「マーケティング」という部分もある(人の目を集める)ので「どこからどこまでがガチ」で言っているのかは分からないことは頭の隅においておいた方がいい

 

*僕ですらブログや動画で「意図的に過剰に煽りながら物事を言う」時は多々あります

 

それでも真正面に言葉を受け取る人もいるので確実に「黒白」の意見というのは出てくる

 

偏った意見やフラットの意見もあるでしょう

 

それでも「自身が置かれている環境」が基本目線になってしまう

 

どういうことかというと「スタンフォード監獄実験」というのがある

 

知らない人の為に簡単な言葉で言うと昔ある実験で「囚人と看守」に分けて「刑務所ごっこ」をさせた

 

「ごっこ」なので何かで囚人・看守になったわけでもなく一般の人に特別な環境を与えたという話

 

その結果、看守は次第に攻撃性が高まっていったという話です

 

ですので「自分が置かれている環境」や「過ごしてきた環境」というのが現在の目線に無意識になってしまうというのは人にはあるという話に僕は思う

 

「あの人は人気になったら変わった」「お金を持ったら人が変わった」

 

当たり前と言えば当たり前な話なんだとは思う

 

スロットにおいても例えば普段負けている人が、ある時に大きく勝って「今度こそは…」と思って期待値等を追ってもどこかで過去の意識が継続されていて結果的に「負けてしまう」というのは多いとは思う

 

「期待値をしっかりと追ってないから」と言えばその一言で済んでしまいますが「意識したとしても無意識に意識しきれていない」という面もあるかと思うことを僕は行っているし、言葉で言うほど簡単ではない

 

ある意味では「大勝ち」したらその資金をしばらく使わずに「資金を持っているという環境に自分を慣れさす」のもありかも?

 

というように、4月になれば皆さんの日常生活でも「後輩や部下」が出来る人も多いと思いますので意識して「大柄にならないようにしましょう」

 

とりあえず10時と15時は「ジュースを買ってやれ」

 

けど、そんな僕もネットで情報配信し続けているので無意識に大柄な形になっているかもしれませんので今一度初心に帰ろうかと思います

 

「オカルトこそ正義だ!」

 

本記事は噂の新台に関しての考察です

 

—–sponsored link—–




 

 

最新の動画

 

メインはYOUTUBEで活動しています

 

コツコツコツコツとゆっくりでうすが楽しくやってます

 

 

 

 

純増10枚?

 

SNSやまとめサイトなどで情報を聞いたことことある方も多いと思いますが

 

「次回の戦国コレクションが純増10枚で登場」

 

とうような噂が出てきている

 

噂なのでどこまで真実か?は分かりませんが昨今の情報漏れの多くは真実であるという事は多いです

 

ってな感じで今現在は「純増10枚」という情報しかないですがこの情報だけでどこまで考察できるか?

 

それを今回やって見ようと思う

 

*僕自身が数学的な計算ができないのと規則の解釈等が微妙な部分もあるので違う所も多いかと思いますが「大きく見て」という感じでヨロ

 

・・・

 

なんでこんな話をいうのかというと6号機になって「ある程度は予測できる」というのがある

 

その面を正確じゃなくても少し知っているだけでも「何かが変わる」

 

「何かは見えないし、僕も分からずに今文字を打っている」

 

それでも変わる…角度を変えて見れるようになると何かは変わる

 

・・・

 

「純増10枚」という超高純増の機種…6号機でも最速となる

 

何か試験に特殊な事をしてきたか?と考えるかもしれないが「高純増ほど正攻法」で試験を突破してきている

 

ここは数回前の記事でご紹介した

 

 

 

上記の記事の時にもお伝えしたが「純増8枚のリゼロの場合は一撃1450枚獲得すると型式試験に落ちる」というラインである

 

なので純増10枚となると1450枚よりぐっとライン下がる計算にはなる(細かな計算ができない)

 

リゼロは1450枚のラインをなるべく越えさせないようにした結果「高ATでも1200枚程度」を頭打ちラインとなりました(1200枚を超えさせるのは難しい)

 

ですので純増10枚だともっと下がってくると予想は出来そう

 

要するに多くのATが頑張っても1000枚ぐらいが頭打ちになってしまうのでは?と感じる

 

当然MAX枚のラインは下がりますがその分「乗せない」というの面が出てくる

 

*ルパンが特徴的で「ほぼMAXボナ3連までが精一杯」という感じ

 

というように「純増は速いが速すぎるがゆえに一撃性は1000枚ぐらいが多そう」とは推測しています

 

けど、その反面「MAX枚は出やすいのでは?」という感じもありますが「MAX枚級が出れば試験が落ちる」のでそもそも「出にくくしてある」はずである

 

 

—–sponsored link—–




 

 

ゲーム性から…

 

戦国コレクションのゲーム性を考えるとルパンのように「BIGREG」という感じよりは「CZ突破型」の方がしっくりくるか?

 

この辺りはどうしても6号機って「解析に無いヤラセ部分」的なものが出てきてしまうので「CZ突破型」の方が誤魔化しやすいとは思う

 

もしくは「お家芸のシナリオ管理のAT」か?

 

この部分はハズせないとは思いますが純増10枚となるとほぼATは一瞬で終わる

 

なので4号機の北斗みたいに「5Gのバトル前→5Gのバトル」で1SET100枚みたいにシナリオとバトルを掛け合わすのかもしれない

 

で、後継機という事で「世界制覇」は欠かせないのでここを「8SETがMAX」=800枚として一度通常に落として減算区間を少し作って再度AT的な感じにするのかもしれない

 

2連続の世界制覇でMAX枚確定もあるかもしれない

 

*1回目の世界制覇後に突入するAT(2回目のAT)をなかなか突破できないという形にすれば打ち手的には一定の満足感を作りながら「MAX枚だけは出させない」といのは作れそうだし1000枚程度で落とせそう

 

↑内容が違うにしてもこのような部分はありそうとは思う

 

高設定は「世界制覇」はなかなか出来ないが数連が数珠繋ぎ的に連して一撃性を抑えそう

 

多分だが「リゼロの劣化番」とはなりそうです

 

そう考えると「リゼロ」というのは非常にど真ん中…試験的にも打ち手的にも丁度いいラインなのかもしれない

 

という妄想です

 

 

まとめ

 

それでも本当に新台が出るたびに各メーカーさんはあの手この手でなんとか「誤魔化す」=「無抽選区間」をどう処理するか?に切磋琢磨しているとは思う

 

リゼロのようにまったく意味ない所を作るか

 

北斗のように演出で誤魔化すか

 

バジ絆2のように期待度が低い当たりを当たりにみせるか

 

結構、出尽くしてる感があるので「次は?」と考えても僕には想像ができない(これはよく考える)

 

それでも必ず画期的なゲーム性というのは出てきます

 

どんなに苦しい規制でも必ずや蜘蛛の糸をすり抜けてくるのもスロットです

 

過去を見ても間違いないです

 

そんな感じで新台を楽しみにしてます

 

鬼武者はどうよ?

 

「見たか~俺の実力を!」と叫びたいのですが気づいている人もいるとは思いますが今回の新台は「ロデオじゃなくてエンターライズ」ですのでまったくメーカーが違うからね!