時短で当てようぜベイビー男こと・・・ゴマです

 

本日の冒頭の雑談は「10月のスロットの新台入替について…」という話

 

前回の記事では10月のパチンコの新台情報でしたので今回はスロット編

 

・ガンダムクロスオーバー(10/7)

 

直近でパチンコガンダム逆襲が導入されましたがスロットも登場

 

周期抽選系でのボナ抽選

 

AT中は純増変動型の自力系らしいです…

 

ん~どうだろう?AT確率は設定1でも1/300前後ですのでそこまでキツイしようでもないか…

 

あまり純増変動型に成功の形が出てないが…とりあえず様子見…焦って打つほどの台でもない

 

・南国娘2(25π・30π)

 

あまり情報ないですが純増は6枚との話…スペック見る限り設定6は飛び抜けてますね!

 

設定判別というより打てば分かるレベル

 

気をつけたい点は30πの方が初当たりが重めで荒波使用


・ドラゴンホイール

 

メーカーはコナミ…この台の特徴は「フリーズが発生しやすい」

 

初当たり10回に1回はフリーズらしい…なんとなく面白そうですが導入がされるか?という問題の方がありそう

 

気になります

 

・呪怨再誕

 

スルーでいいと思う

 

・秘宝伝ピラミッドアイ(10/21)

 

6号機のAタイプと思っていいと思いますが打たぬが仏

 

先に言っておきますが僕がスペック見る限りは打たない方がいい

 

ボナ確率は1/40程度で超軽い(BIGで130枚、REGで40枚)

 

しかし、1K=22G

 

ジャグラー打ちましょう

 

・闘魂継承アントニオ猪木(10/21)

 

今月の目玉機種となります

 

純増は4枚と程よい形で「AT突入率が重い」

 

↑この辺りからATに入ればそれなりの出玉は期待できそうか?

 

今まで6号機を打ってきて「獲得枚数期待度が高い台」の方が打ちやすさはあります

 

そしてリゼロほど純増はいらないかな~とも感じてます

 

感覚的に4枚あれば1時間かからずに2400枚出されますのでOKでしょう

 

そんな感じです

 

本記事は9/25&9/30実践記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回の実践記事

 

 

 

リベンジ戦

 

20歳からこのルーティンを続けて早くも13年…


「アフターファイブのパチンコだ!」

 

僕の生活に乱れなどはない!

 

・・・

 

GOMA「そろそろリベンジしてやるぞ!」

 

おやおや何を打つんだ?

 

 

 

ターミネーター2 安定の夕方でも0回転

 

以前一度だけ記事にしましたが「当たり」までは持って行けれませんでした

 

そんな状況で、「この僕が!」「あの僕が!」「執念のGOMAが!」「怨念のゴマが」


GOMA「このまま終わるはずがない!」

 

どこかでリベンジしてやろうとは思っていた

 

「いくぞ!」

 

ベイビー!

 

ダダンダッダン!

 

出陣!

 

・・・

 

だいたいの演出は把握しているが「これだ!」という演出がないと厳しいのは過去の実践でも把握済み

 

 

 

金文字?金文字だよね?

 

さすがにこれは黄色ではないと思うが…

 

GOMA「こっから!こっから上げていけ!」

 

どのみち1つでは足りないのでさらなる演出が欲しい

 

 

 

演出派手だけど発展のデフォルト

 

 

 

ターミネーター2の星期待度は当てには出来ない

 

 


引け!

 

・・・

 

・・・


GOMA「がぁ~~~~」

 

33歳の男が仰け反っただけで写メ撮れる精神力はありませんでした

 

ここ最近の平和の台ってレバーの安売り感が半端ないのだが…

 

*神盛はそれなりの期待度を持たせてある感じはする(神盛以降の台は安売りだ)

 

 

時短こそ!

 

こうやって実践中に写メを撮っているのですが全ての演出をとっているわけではなく、だいたいの台が「先読み演出」があるので先読み的に雰囲気がありそうな時にスマホを構えるという感じです

 

前にも一度言いましたが僕はアイフォンを使っているのですが、「スマホ開いて右にスライドでカメラ撮影になります」

 

パスワードロック解除をしなくても撮影だけはできます!ですので結構、瞬時にスマホは構えれる

 

↑友達が横で見ている時に「反応ヤバ!面白いぐらいに素早い」とは言われている

 

・・・

 

 

 

初めて見たがこれはどうかな?(ただのSPリーチ発展演出)

 

 

 

いけ~サラ・コナー!

 

・・・

 

・・・

 

 

 

うそ~!

 

まさかのサプライズボタン出現

 

GOMA「ケツ浮いたぞ!」

 

 

 

投資6Kの113回転で当たり

 

 

 

ついに当たった~

 

確変でありませんでしたがまずは当たりGET(ヘソからの確変突入確率は10%と低いです)

 

GOMA「さぁ~ついに!スタートライン!」

 

そうなんです!ターミネーター2は「当てて始り」

 

 

 

「時短100回で当てれるか?」という勝負

 

時短中に当てれば100%であと2回当たる=合計3回の当たり1セットで約6000発

 

GOMA「当たれば1200枚」

 

という話

 

「時短→当たり→当たり(確定)当たり(確定)→時短」というイメージ

 

超時短突破タイプです

 

気持ち込めてハンドルを握った!

 

・・・

 

右打ち中ですがフリー打ちより「止め打ち」を必ずした方がいいです

 

*僕なりの簡易的なやつで正式ではないのは注意(僕はその程度しかできない)

 

止め打ちと言っても難しい事はない…やることによって現状維持をキープするだけ(増やすことはできない)

 

電チューが解放したら4発打ちだして止める→電チュー開いたら4発打ちだして止める

 

↑これだけでOK

 

1回転がそこまで高速でないし電チュー開放時間長いのでこれでOK

 

GOMA「さぁ~あとはどんな感じかな?」

 

・・・

 

・・・

 

 


終わった…

 

GOMA「1度もリーチにならないで終わったぞ!」

 

マジで何も演出なくただ回っている数字を眺めているだけでした

 

この日はとりあえず即ヤメで貯玉して終わった(一旦、家に帰った後にまた夜ホールにきましたが、それは明日の記事)

 

単発と言っても当たり=16Rですので2000発ぐらいはあります

 

—–sponsored link—–




 

再リベンジ

 

9/30実践記事になります

 

GOMA「マジで時短中の内容がないと記事にならないぞ!」

 

というように、9/30分の記事をターミネーター2にする予定でしたがさすがに時短中の内容がないのはマズイと思った

 

ですのでとりあえずもう1回は当てないといけない

 

そんな気持ちで仕事終わりでホールへ…

 

とりあえず最初はパチンコキャッツアイを打ったが

 

 


GOMA「MAXキャッツをハズした!」

 

7K打ってヤメ

 

今一番、当ててみたい台である!

 

↑スロット打てよ笑

 

台移動でターミネーター2

 

GOMA「当たるまで打つしかないかな…」

 

・・・

 

 

 

これはアツい!

 

 

 

転送率100%からの「地獄で会おうぜベイビー」は震えます

 

 

 

スゲェー!演出がドンドン揃う

 

GOMA「ハズレる要素ゼロ!」

 

・・・

 

 

 

ウェイヨー!

 

座って1.5Kの28回転で当たり

 

↑簡単に当てるね~さすが!誰も褒めないから自画自賛!

 

余裕の当たりでした

 

GOMA「さぁ~今度こそ!」

 

 

約25%で至福

 

100回転の時短での引き戻し確率は約25%

 

GOMA「2チェみたいなもの!」

 

それより前回の流れを考えると「リーチになるか?」という点が最初の難関になりそう

 

リーチ発生率を抑えてリーチ時の大当たり期待度を上げているような気もします

 

GOMA「まずはリーチ!」

 

・・・

 

 

 

この先読みでもリーチにならない…

 

どうなればいいの?

 

 


GOMA「いけそう!」

 

雰囲気は弱いがこれまでの演出よりは全然いい

 

 

 

GOMA「よし!リーチ!」

 

 

 

撃破すれば1200枚

 

 

 

この時のキャラが二人だとアツイらしい

 

GOMA「熱くなかろうがなんだろうが当てるのみ!」

 

・・・

 

 

 

チャンスは3回

 

 

 

勝負はラスト1回が現代パチンコ

 

GOMA「持って来い!」

 

・・・

 

・・・

 

 


ダメや!

 

そのまま終了!その後、他のパチンコ打って当たらず終了

 

 

まとめ

 

これ厳しいな~

 

確かに簡単な話ではないのですが厳しいな~

 

僕の中での感覚で「もう1回当てればなんとかなる」というイメージがわかない…

 

ん~悔しい!悔しいがこれもパチンコ

 

超時短突破型をどこかではリベンジしたいです

 

演出は嫌いではないな~平和が好きなだけかも笑

 

ちなみに「打つ台」という台ではない

次の実践記事