牙狼で満腹男こと・・・ゴマです

 

1/3とまだまだお正月です(6日まで)

 

寝正月によってオールナイトスロットでの疲れも完全回復しました

 

昨日から僕の知名度が無さ過ぎたのが原因で急遽開催しています


「アマツチャレンジ!」

 

アマツチャレンジの詳細はこちら

 

早くも1名の達成者が本日、出たらしいです

 

BJ、ひろし先生、アキラとなかなか厳しいメンバーだとは思いますが32G残しで勝利…お見事!

 

まだまだ枠はあるので、友達10人ぐらい引き連れて月下雷鳴を占領してでも達成を目指してください

 

本記事は12/28実践記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回までの実践模様

 

 

 

 

懲りない男

 

ちょっと間が空いてしまったので一度ここまでの流れを整理します

 

巷で話題のパチンコ「牙狼」を2日間かけて同じ台で三度当てるもいずれも確変には入らず

 

なんだかんだで牙狼に熱くなってしまった結果、2018年間収支がここに来て急ブレーキでマイナス域に突入

 

266戦111勝154負1分 -23.36K(12/27終了時点)

 

*12/31&1/1のオールナイトスロットは-81.7Kでしたので半分の-40.85Kを2018年12/31に入れます

 

(という事で、28日~30日までで64.21K以上の勝利で年間は+域となります)

 

・・・


GOMA「それでもリベンジ!」

 

2日間も負ければ当然、3日目も突撃するしかない!

 

むしろ、勝つ負けるの問題より「一度勝つまではやり続ける」!

 

やっぱりギャンブラーは打ち方ではなく「打ちざま」が重要

 

人生も生き方では「生きざま」が重要

 

当然、勝った暁には過去の負けなどはなかったぐらいに煽り倒す準備は万端

 

「こんな所では引けないぞ!記事も書けないぞ!」で、本日も仕事終わりでホールヘ!

 

・・・

 

 

 

本日、1回当たっていて238回転~

 

当然、1台しか導入していないので3日連続で同じ台となる

 

「今日こそ確変へ!」

 

既に心の中はFACE OF GOMAで怒ってるぞ!

 

 

 

負けたら剣を持ち帰る可能性は3%はある

 

 

 

もし1週間負け続けたら役物の牙狼を剥ぎ取って一生被り続ける!

 

出陣!

 

 

 

保留変化はアツイ?

 

打ち始めて1分すぎぐらいであろうか…

 

 

 

青色の砂時計の保留(青魔導刻)

 

ここ二日打った感じでは「保留変化=なにかしらのチャンス」ぐらいには感じれるし、悪くてもソコソコの展開を作ってくれる

 

GOMA「いけるか?」

 

疑似連は進む…

 

・・・

 

 

 

疑似連2で緑に変化(緑魔導刻)

 

ここも疑似連して、勝負の疑似連3へ…


GOMA「何か持って来い!」



ホールに入ったばかりで体はまだ冷えているが心は沸点を越えている

 

・・・

 

 

 

GOMA「あるある!これあるぞ!」

 

一気に熱そうな展開で体は若干前のめり

 

右手は早くも剣を持つ!

 

 


「黄金騎士」

 

どうだ?どうだ?前は「黄金騎士」でも当たったぞ!

 

GOMA「顔、落ちろ!」

 

・・・

 

・・・

 

 


昇天!

 

ここでのレインボーはビックリではなくガッツポーズ!

 

なおかつリーチ図柄が「7」


「7」=2400発=確変

 

座って3分で2日分の穢れを解放できました

 

パチンコはこれがあるからヤメられない!


「10万円目の1回転も500円での1回転も同じ1回転」

 

↑この思いは忘れない様にしていますし重要視してます

 

 

 

確変と分かっているので「翔天CANCE」も超余裕顔で見れる

 

GOMA「ペカっちゃう?」

 

 

 

右のランプが「ペカッ」って2400発!

 

GOMA「これで今日は勝ち…上乗せするぞ!」

 

気持ちを入れ直して確変へ…

 

—–sponsored link—–




 

止め打ちは必須

 

そもそも「牙狼」が噂になっている大きな理由の一つが「確変時のスピードのなさが問題」らしい

 

とにかく当たるまでが長いという噂

 

確変時の確率が1/189.95が大きな要因なのか?

 

しかし、今の機種の大半は「高速消化」なので「そこまで気になる問題?」とも思う

 

その辺りも見ながら確変を打っていく

 

*僕は新台機種の事前知識はこの程

 

度ぐらいにしか頭の中には入れずに打ちます(先入観を持ち過ぎたくない)

 

・・・

 

打ちながらすぐにあることに気が付いた


GOMA「これ…止め打ちは必須だ!」

 

というのも、「リーチかも?」みたいな演出がたびたび入ってくる

 

 

 

ヘソ下が電チュー部分になるのですが「1個返し」なので増やすことは厳しい


「少しでも演出が入ったら打ちだしを止めてもいい」
とは感じました

 

*今現在、各ホールで止め打ち等にシビアなホールもありますので各々のホールの状況次第でお願いします



保留4&3時の消化は早い、保留2の消化も高速でないですが「我慢できない」という感じでもないです

 

なので保留4で打ちだしストップして保留3の回転が始りだしたら数発だけ打ち出す

 

あとは電チューの拾い具合で調整していけばいいと思います

 

実際には自分のやり方でも少しづつ玉は減っていきますが、打ちっぱなしはどんどん玉が減っていきます

 

また、ちゃんとした「止め打ち」打法はあるかと思いますが、僕にはそこまでの技術はないです

 

なんにせよ、なにかしらの「止め打ち」は必須と思う

 

 

 

演出が長いが…

 

確変中の演出に関しては多彩ではあると思うが、基本的には「モンスターの強さ」を決める→「リーチになるか?」という煽りという感じ

 

 

 

モンスターの強さは「弱・中・強」と三段階!

 

 

 

画像が分かりにくいかと思いますが、この形が「モンスター強・4でリーチ」という感じ

 

リーチ後は牙狼が攻撃してモンスターを撃破すれば当たり、ダメならば終了のピンチとなる

 

しかし、基本的には牙狼の攻撃はスカスカにハズれる!汗

 

何かしらの強めの演出が入らないと厳しいと思う

 

 

 

 

けど、「赤・撃破」はこれ1本で持っていけるのでは?ぐらいには僕は感じました(当然、ハズれもある…!)

 

 

 

最終的には「押し込め」演出でジャッジ

 

*2パターンあり、画像は通常VER!熱VERは見るからにわかるのでぜひホールで体感しましょう(アツイVERはマジでアツイ)

 

・・・

 

・・・

 

 

 

 

偶数で当たるとかはまったく関係ない

 

 

 

確変中は当たれば「2400発」=確変となります

 

実質7.5Kが65%でループという感じなので「パンチ力」はある

 

—–sponsored link—–




 

これはダメ!

 

無事に確変中に当たりを射止めたが「これはダメ」と思う所はあった

 

 

 

当たった後に「It’s SHOW TIME」に入る時にあるのですが、これ自体はただの祝福する演出で特に意味はない

 

それが長すぎる

 

僕が簡易的な時計で計っても「1分20秒」は祝福してくれる

 

これが閉店間際や時間がない時を考える「ゾット」する

 

 

ピンチでも諦めない

 

先ほど言ったように、基本的には演出が発生頻度が多い

 

結構、リーチまではすぐになる→牙狼攻撃→失敗も日常茶飯事

 

・・・

 

 

 

 

攻撃失敗の後にカウントダウンが始まるといよいよピンチ!?

 

・・・

 

・・・

 

 

 

結構、粘れることの方が多い

 

結局、「リーチになるも決着が着かない」が多すぎる感じです

 

 

 

粘れなくても逆転演出はあるので最後まで諦めてはいけません

 

・・・

 

・・・

 

 

 

最終的に表示で約15000PT

 

*確変中は5回当てることに成功して6回分の2400発です

 

 

 

ほんのちょっと打って、最終的には「13090玉」で終了

 

 

まとめ

 

12/28実践結果 投資0.5K 回収47.6K 結果+47.1K

 

まずは3日目にしてここ二日分を取り返す形ぐらいの勝利でよかったです

 

結果に関してはそんな感じかな?

 

・・・

 

パチンコ「牙狼」に関してもう少し…

 

僕が最初に当たった時の時間が17時で確変終了したのが「1時間40分後」でした

 

1時間40分で5連ですよ?(平均すると1回約20分)

 

これでも確変中にハマったという感じではなく、回転数的にはポンポンと当たった方だと思う

 

それでも1時間40分

 

ちなみに、オールナイトで打った「おそ松さん」は40分で同じぐらいで1時間もはやい

 

確実に時間がないと打つべきではないと思う(ネットでは1時間右打ちしていても当たらなかった等の情報もあります)

 

これは打ち手の側のデメリットが多すぎるな~と感じました

 

僕もそうなんですが、「お腹いっぱい」になってしまう

 

あれだけ長く確変をやってしまうとお腹いっぱいで、もう1回当てようという気にはならないと思う人は多いのでは?

 

さらに、これって「ホール側にもデメリットなのでは?」と思う

 

とにかく確変中に時間を費やすので、結果的には通常時を回す時間が少なくなるにつながると思う

 

単純にパチンコって確変中ってホール側が負けるタイムで通常時が打ち手が負けるタイム

 

一日単位で見れば通常時があまり回せなくなるというのでホールは「キツイ=儲からない」のでは?

 

さらに、爆連すればするほどそれに比例するように時間もかかってくるので、さらにホール側がキツイのでは?

 

実際に僕には甘いのかどうかはわかりませんが、もしそれが本当ならば僕は「打ち手側が通常時を多く回せれないから負けタイム時間が少ない!」というのが原因なのでは?と思いました

 

しかし、これって規制とかの関係でこういう感じになったのか?(その辺りが詳しくなくスイマセン)

 

むしろ、これならば「北斗の拳7」でいいのでは?とは思う所はある(ほぼ同じスペック)

 

けど、僕は「これはこれでありかな?」と思う所もある

 

どのみち夕方から1回勝負と考えれば「1回で満腹」にしてくれるなら無駄打ちは減るかな?って感じ

 

パンチ力は半端ないので、止め打ちと時間がある方は挑戦してみるのはいいかもしれません

 

そんな牙狼との確変引くまで3日間かかったというお話でした

 

さてさてこの結果で年間収支は29日と30日を残して-17.11Kまで巻き返した

 

残りはあと2日!

 

が、またもや足踏みしてしまう?

 

翌日の実践模様