あるまじき行為男こと・・・ゴマです

 

本日の冒頭の雑談は「土曜日の運動会の結果」について…

 

2日前の土曜日はお伝えしていたようにチビゴマの運動会でした

 

チビゴマは元気よく走ってました…それより無事に終わってなによりです

 

そんなチビゴマの結果より「僕の綱引きと障害物競走リレー」の話を…←出たがるな~

 

当然、趣味パチスロのみでも高校までガチで野球やっていたので「運動」となると、「もう年齢的に…」と30代という事をやたらとアピールして謙遜しつつも心の中では「メラメラ」と何かが燃える

 

「必死に綱を引っ張った」

 

「GOH=ゴマちゃん・鬼・引っ張る」は発動させておいた

 

正直、体重65キロと考えると余り綱引きは活躍できなかったかもしれない笑

 

しかし、運動会のメインでもある父による障害物競走リレーが残されいた


「遅れている展開!」

 

僕は超劣勢の状態でバトンを受け取った!

 

GOMA「チビゴマの為に…!うぉぉぉぉ!」

 

たとえメダル1枚でもジャグで1枚掛けしてから帰る、パチンコならば上皿がなくなっても下皿の奥の方に残っているか?を確認するぐらいギリギリまで勝負は諦めない

 

本気で走る!かなりいいペースで走れている

 

・・・


GOMA「ぐあぁぁぁぁ!」

 

コーナーで軽くコケ気味になる

 

これは僕の息子を思う真っ直ぐな気持ちにコーナーの方がついてこれなかっただけで僕の責任ではない

 

それでも点灯させるのは華&ジャグだけの精神はあるので転倒まではしなかった

 

代償として膝に擦り傷!

 

GOMA「どうだった?」

 

チビゴマはハイパーBIGみたいな笑顔でサムズアップポーズをしていた

 

今年でチビゴマは幼稚園を卒業ですが、来年からはミニゴマが幼稚園に入園するのでまだまだ運動会を楽しめそうだ

 

ちょっと冷静に考えたらミニゴマが年長になるとゴマ姫が年少となる…38歳ぐらいまでは全力で楽しめそう笑

 

33歳…本日も全力でブログ記事書きます

 

本記事は5/27~平和のパチンコが本当に平和なだった記事です

 

—–sponsored link—–




 

前回の実践模様

 

 

 

空っぽの心の先は…

 

5/26の実践ででリゼロアタック企画が終了した


GOMA「えっ?何を打とう…」

 

企画が終了した安堵もあるが約1か月ぶりに好きなように打てるとなると少し困惑

 

ちょっと心に穴があいた感じか?

 

しかし、根っからのギャンブラーなのですぐに次なる戦いに向かう修正力はある

 

「パチってみようか?」

 

スロットメインで打っていますがパチンコが嫌いなわけではない…どちらかといえば好きな方だと思う

 

だがブログをやっているがゆえに根本的な事情であまり打つ機会がない…


「当たらないと始らない」

 

スロットには最低限天井という機能があるどで「当たらない」ということはない

 

しかし、パチンコには天井はないので「当たらない」という可能性が非常に高い

 

さらに「確変を引かないと始らない」というのがある

 

正直、確変さえ引ければそれなりに連させる剛腕的な自信はあるのですが「確変に突入」させるのが非常に下手くそである

 

多くの機種で「確変突入率50%」ですが僕は体感的に「30%」ぐらいしかないと思う

 

・・・

 

GOMA「なんかいけそうな気がするうぅ」

 

天津胡麻の声が聞こえた

 

今日ならば確変が引けそう…根拠はない

 

・・・

 

 

 

1回打ってみたかった

 

戦国乙女10th~ 0回転

 

仕事帰りなのになぜ0回転なのか?という問題は気にしなくて大丈夫

 

補足的に伝えると右見ても左見ても列に誰もいない笑

 

本機種を軽く説明すると平和の台である

 

 

 

モチのロンで松方ハンドル搭載しています

 

確変中の大当たりのメインは「2400発」と破壊力もあり、確変継続率も80%ある

 

継続率は高いですが確変中は200回転以内に当てないと終了してしまうST方式

 

けど、この手のST確率というのは当たって当たり前ですのでそこまで「スルーの恐怖はない」

 

とにかく「当たったて確変にさえ突入すれば勝確」と思う

 

人の数は関係ない

 

当たるか当たらないか?

 

完全確率がパチンコでしょ?


出陣!

 

・・・

 

平和の台なので当たるまでには「これでもか?もっともっとこれでも」というぐらいの演出は必要だと思う

 

 

 

赤文字ぐらいでは弱めのSPリーチで終わる

 

 

 

緑保留もでたが大きなことは起らず…

 

それ以外は何もなくサクッと5Kなくなった

 

GOMA「演出に元気がないのでヤメ」

 

僕の中でパチンコの当たる直前というと一定の元気さが台から感じますが、そこの部分がまったく感じなかったのでヤメ

 

他に打てそうな台も打ちたい機種もないので終了

 

5/28実践 -5K

 

 

—–sponsored link—–




 

期待しないけど期待

 

翌日は昼過ぎに少しだけ時間ができた…

 

GOMA「今日ならば元気かな?」

 

昨日のパチンコ戦国乙女が気になっていたので再び出陣

 

回数は案の定、0回転で日を跨いでの一人ハイエナを決行した

 

・・・

 

本記には演出カスタマイズ機能があり、その中で「先読み期待度UP」を選ぶ

 

どちらかというと演出に強弱がハッキリしている方が好きである

 

・・・

 

 


「不知火ZONE」

GOMA「おっ、なんかいい感じで雰囲気はあるぞ…」

 

2日目にしてやっと「もしかして?」と思えるような演出が出た

 

 

 

まずはしっかりと疑似連

 

GOMA「まだ保留が弱いな~」

 

現代パチンコは「金」の格下げによって「金でアツい、赤でチャンス」となったので「青」ぐらいでは話にならない

 

 

 

再度疑似連で疑似連3へ…

 

GOMA「そもそも弱いか?」

 

平和の台のイメージって初手から一気に演出盛りだくさんとならないとなかなか当たらないイメージがある

 

尻上がりはキツイ印象

 

 

 

大きい剣が刺さった

 

GOMA「雰囲気は悪くなさそう!」

 

・・・

 

 


ありそう!

 

この演出によって保留が「赤」に変化!

 

期待感の上昇と共に「当たるのでは?」と思いだしソワソワ…キョロキョロ…

 

周りには誰もいなかった

 

列には誰もいないが、それでも演出は進んでいく

 

 

 

これだという感じの演出はないが全体的には赤系の演出は多め

 

 

 

GOMA「アツイリーチなのか?」

 

困った時は台の横にある説明書でリーチの種類を確認

 

ここで注目する所は、「一番下…どちらかといえば右下ぐらいのリーチがアツイ」という感じ

 

GOMA「真ん中のリーチか…」

 

どうやらアツいリーチという感じでもなさそう

 

GOMA「さすがに厳しそう…」

 

この程度で平和・オリンピアの台が当たるとは思えない…許してはくれない

 

 

 

それでも「もしかして?」と期待させる演出に作り上げる平和・オリンピアに乾杯

 

 

 

押せと言われれば体重乗せて押す、引けと言われれば腕ではなく腰を入れて体全体で引く、連打は歯を食いしばる

 

・・・

 

 

 

でしょうね!結構前からこうなるのは分かっていた…

 

—–sponsored link—–




 

あるまじき行為

 

何度振り落とされても、当たりを目指してハンドルを握る

 

 

 

GOMA「来たぞ!」

 

期待度があるかわからないが「ハンドルを使う」=アツいぐらいのイメージあるので一気に「引いた」

 

が、.ドン引きするような演出だけで終わりました.

 

GOMA「なんなんだこの安売り感…」

 

松方ハンドルだけは安売りしたら松方の兄貴が泣くぞ…

 

・・・

 

しかし、少し打ってあることに気がついた

 

「全然演出がでないのだが…」

 

部分的には演出はあるのですが、平和・オリンピアの台という感じがない

 

どちらかというと「静かな台」

 

疑似連もソコソコ発生する程度ぐらいであまり演出がない

 

GOMA「カスタマイズの影響か?」

 

とにかく「静かだった」という印象がある

 

次の予定も近づいてくるので15Kの時点でヤメようと帰り支度をしだす

 

・・・

 

GOMA「忘れ物はない」

 

 

ガチャついていたのは知っていたが疑似連3に突入

 

 

 

残り数玉しかないよ

 

 

 

けど、赤文字止まりなんですよね~(保留も白)

 

GOMA「やっぱり当たるにはもう一段階は必要だな…」

 

そんなにパチンコは甘くない

 

 

 

僕が萌えることもない

 

・・・

 

 

 

リーチタイトル「赤文字」

 

 

 

リーチ中も赤文字

 

GOMA「だから赤はダメなんだって…金でスタートだから」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

当たるのかよ!

 

正直に言うと最終カットインのボタンかと思ったら剣がズドーーンときて当たった

 

むしろ、半分諦めていたので序盤の演出を見ていないのは「パチンコブロガーとしてあるまじき行為」でした

 

 

 

GOMA「当たりは当たり」

 

投資15Kの279回転でした

 

—–sponsored link—–




 

当たるはず?

 

図柄揃いは「7R確変or7R通常」ですが「どちらなのかが分からない…」

 

 

 

まずは時短100回で当たるか?の勝負

 

100回転以内に当たらない場合は「確変ならばもう100回・通常ならば終了」という感じ

 

GOMA「確変のはず…」

 

信じる気持ちはだれにも負けない

 

ハンドルを「これ以上は捻れません」という限界を1ミリぐらい越える気持ちで握る

 

GOMA「当たれば70%で2400発」

 

とにかく右打ちで当たれば一気に出玉は増える

 

・・・

 

しかし、時短100回は長いようで短いので瞬く間に残り回転数が少なくなってくる

 

GOMA「リーチすらならない…」

 

リーチまでが遠い…

 

 

 

なんとかリーチまでは辿り着いた

 

 

 

勝つしかない!

 

演出的には特に何もなし

 

 

 

う~ん、やっぱり敗北…

 

GOMA「これはマズイ!」

 

一気に焦りだした

 

 

 

まずは100回転に到着

 

GOMA「扉を開くしか道はなし」

 

 

 

手をグーにして軽く押した

 

・・・

 

 

 

はい出たぁ~これがあるからパチンコの記事は嫌いになるんよ泣

 

余り玉も打って終了

 

 

後から気が付いた…

 

この実践の後に気が付いたのですが、「V確変」の台という事を考えると…(V確変はVゾーンに入賞させることによって確変となる…指示通りに打てば間違いなく入る)

 

「図柄揃い後のラウンド中にVゾーンに入賞するか?」と見ていれば「確変?時短?」はわかりますよね?

 

事前に分かるな~と思いました

 

という事で、次回の記事も「パチンコ戦国乙女」になります

 

いやいや…当たり前でしょ?

 

確変引かずに終わるわけにはいかない

 

続きはこちら