10回転に全力男こと・・・ゴマです

 

7/7ですよ~頑張って~♪

 

僕は祈るのみしかしてません!

 

本記事は6/13実践記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回までの実践模様

 

 

 

初打ちって…

 

前回までの実践模様は、資金が乏しいのでパチンコで「わらしべ長者作戦」で投資2.5kで「甘アリア」「甘戦国恋姫」で1600玉まで増やしたという所まで…


「一気に攻める」

 

・・・

 

持ち玉が1000玉を越えているのでもう甘デジは不要と考えました


ここで「もう1回甘で勝ってから…」とは考えない

 

やっぱりそう何度も何度もパチンコ・スロットで勝てるとは思わない

 

こういう時は「チャンスあれば…攻める」

 

そこでどうなるか?と思う

 

しかし、ここで少し迷う…

 

1/200のライトミドルにいくのか?1/300ミドルにいくのか?

 

GOMA「ミドルは当たらないしな~」

 

ライトミドルとミドルスペックの当たるの差は「かなり違う!」と体感でも感じます

 

GOMA「ならば…この手しかない!」

 

・・・

 

 

 

CR百花繚乱サムライブライド 340回転~

 

ライトミドルでもなくミドルでもなく、ボクシングでいう「スーパーライトミドル」スペックで勝負!

 

スペック的には大当たり確率1/256で確変継続率65%といたって普通ですが、右打ち時の当たりに2000発越えの当たりがある台です

 

*取りこぼしは少ないと思いますが潜伏確変もあります(潜伏機はゴッドディセント以来かな?)

 

メーカーはパチンコで一番好きな平和さんでございます!

 

初打ちですので演出も内容も分からない

 

それでも体の細胞レベルでパチンコ・スロットに汚染されているのですぐに把握できるでしょう笑

 

あと実践後の一言でいうとこの台…「かなり楽しい」とは思いました

 

そんな1台です

 

「百花繚乱」…読み方も分からない

 

平和さんということで松方ハンドルは搭載

 

わらしべるぞ


出陣

 

・・・

 

打ち始めてすぐに思ったことが…

 

 

 

GOMA「あぁ~こういう台なんだ…」

 

萌え台というより萌えを通り越して18禁に入るギリギリで止まったようなキャラ達です

 

そんな台でも僕が萌えることは一切ない

 

GOMA「一刻も早く当たれ!」

 

熱き思いでハンドルを握る

 

・・・

 

 

 

雰囲気的にはいい感じではある

 

*平和の台って、初動からガツンとこないと厳しいので初動は大事です


GOMA「緑保留だがどうだ?」

 

 

 

僕には金文字に見えるのですがデフォルトなのかの判断に迷う

 

GOMA「これ…多分、アツい!」

 

急いで台の横にある説明書を取り出す

 

・・・

 

 

 

どのリーチ?ストーリーリーチでいいのか?

 

GOMA「右下のストーリーリーチということにしておこう♪」

 

↑気持ち的には勇気100%になれた

 

GOMA「ハンドル!ハンドル松方ハンドル」

 

あとは最後にくるであろうハンドルチャンスでしっかりと決めるのみ


ガッチリと握った!

 

・・・

 

 


そっちか!

 

不意を突かれたので体全体でボタンを押しにいった

 

・・・

 

・・・

 

 


萌えぇ~~~~

 

萌えない男も当たれば萌えるぞ!

 

 

 

座って64回転後の404回転で当たり

 

GOMA「成り上がりぃ~~」

 

甘デジからよくスーパーライトミドルまで成り上がったと自分でも思う

 

あとはここから「わらしべ億万長者になれるか?」である…

 

—–sponsored link—–




 

10回転の勝負

 

大当たり図柄は「五」でしたのでここから「確変なのか?」のジャッジに入る

 

 

 

大当たりラウンドは6人の仲間が増えた所で終了のみです

 

*ラウンド中でジャッジはしない

 

 


「サムライクライマックス」

 

ここから本気の本当の勝負です

 

 

 

ここから右打ち10回転が始まり、その間に「敵の鬼」を倒せば晴れて確変突入となる

 

*1回転1回転はゆっくりですので、保留を貯めたらハンドルは離していいと思う

 

 

 

演出的には見たまんまでいいかな?と思う

 

選択された武将(白<赤<金)で攻撃の強さが変わるという感じ

 

 

 

あとは必死にボタンを押してもらえばいいとは思います

 

注意点としては、パッと見は「5ライフ」に見えますが

 

 

 

3.5とかみたいに、.5で止まるので結構じれったいです…

 

 

 

倒せませんでした

 

GOMA「成り下がり…」

 

気持の高低差がありすぎて寿命がキューーーンと縮みそうだ…

 

 

潜伏…

 

が、この台…「潜伏確変の可能性がある!」

 

*一定の条件下では違いますが、潜伏確変は1回目の大当たり後に可能性あります

 

 

 

一応、ラウンド中にセグは撮ってあります

 

と言っても、調べるという事はないです(あとからどうだったか?を楽しむ為に撮っています)

 

実際にここ1.2年の台って「潜伏確変」でも打っていれば必然と分かる演出やモードにいますのでそこまでシビアにならなくていいかな?と思う

 

また、「百花繚乱サムライブライド」は潜伏確変ならば大当たり後に突入する「特殊ステージ」から転落することはない(確変ならば左打ちから30回転後にわかる=金のステージ)

 

話しそれますが「過去の潜伏確変機と言えば?」と言われたら「ピンクレディー」が真っ先に思いつきます~めっちゃ落ちてました!

 

・・・

 

 

 

金文字かな?

 

 

 

いたかな?

 

 

 

左打ちに戻して速攻の15回転で当たり(これなら振り分けいい右打ち時当たってくれよ!)

 

当たり回転的には「潜伏確変」であったとは思う

 

・・・

 

 

 

ということで、鬼との対戦

 

潜伏確変から潜伏確変というループはないのでここでダメだったら確変の可能性がないです

 

*1回目の当たりが通常→2回目の当たりが自力というパターンならば潜伏確変の可能性はありますが、確率的に考えればそれはかなり現実的でない話…

 

GOMA「勝負!」

 

・・・

 

 

 

キャラの攻撃パターンとかも多彩にあります

 

 

 

あと2回の時点であと1ライフ


GOMA「もらった!」

 

・・・

 

 

 

ウソでしょ…こうして終わりました

 

—–sponsored link—–




 

諦め悪い…

 

これがあるからパチンコというのはブロガー泣かせだと思う…

 

良くも悪くも確変の部分も伝えてこそなのに…

 

GOMA「続行すればいいだけ!」

 

ポジティブ~~~!

 

・・・

 

必死にもう1回当たりを目指す

 

 

 

残り玉が僅かな時に奇跡は起きた

 

 

 

5ラインリーチで当たり(122回転)

 

 

 

GOMA「今度こそ確変へ!」

 

 

 

ん?今までにはなかった攻撃

 

・・・

 

 

 

8回転目でサクっと勝利

 

GOMA「粘った~~~!この粘り!」

 

右手はしっかりと握り拳になっていた!

 

 

 

ありがとうございます!

 

というのが、前座部分です

 

 

 

本部分にはいります

 

確変中が本当に面白いと思った

 

続きはこちら