この一押しにかける男こと・・・ゴマです

 

本日の冒頭は「僕のスペック問題について…」という話

 

仕事がヤバイぐらいに忙しく困ってます~誰か助けてぇ~

 

ということは横に置いといて、ちょいちょい「問い合わせ」等で聞かれる僕のスペックについてここで再度書いておきます

 

前から見ている方は既に知っている事かな?と思います

 

ここまで公表しているスペック

 

年齢33歳(昭和61年)

 

萌えることはない男性

 

家族は女GOMA(同年)・チビゴマ(5歳)・ミニゴマ(2歳)・ゴマ姫(0歳)の5人家族

 

*奥さんは仕事はしていません

 

専門学校卒業なので最終学歴は高卒になるのかな?

 

仕事は建設業関連(休みは一応、日曜日であとは臨機応変に決める)

 

お小遣いは3万円

 

日常もブログぐらいのテンション

 

右利き・AB型

 

人見知りはしない

 

だいたいこの辺りが一番聞かれることが多く、既に公表している事です

 

こう見ると特に何もないですね~笑

 

常に墜落しない低空飛行という感じか?

 

まぁまぁ人生なんか適当でOKでしょう…問題はスロットで勝てるのかだ!

 

という本日も人生をスロットに喰われた男のブログです笑


GOMA「スロットへの熱量は半端ないから!」

 

本記事は5/11実践記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回の実践模様

 

 

 

お久のマサラー

 

時系列は前後しています(リゼロアタックは5/4終了時点、その他の機種が5/11の本記事という感じです)

 

・・・

 

この日は土曜日でしたので午前中は仕事して午後からホールへという黄金スタイルを発揮

 

GOMA「ホールを潰すぐらい出すぞ」

 

スロッターのホールに入る瞬間の強気以上に強気な事はないと僕は思う

 

・・・

 

すぐに台は決まった!

 

・・

 

 

 

政宗 前日95G+当日0G

 

ここにマイホのウルトラCを越えるスキルである「前回の当たりが4日前」が発動してグングン上昇!

 

GOMA「伸びろ…伸びろ…!」


「約500G」

 

GOMA「久しぶりに打ってみよう♪」

 

・・・

 

 

 

投資12Kの488Gで当たり

 

久しぶりに打ったら天井なのか直前の高確でなのか分からないけど、多分高確率でHITかな?

 

 

 

GOMA「マサラー残念でござる」

 

リゼラー・聖闘士ラー・月雷ラー・沖ドキラー・バジキッズ終身名誉会長とさまざまな称号はあるが一番最初に獲得したのが「マサラー」でありました

 

今後もまだまだいろいろな称号を獲得していきたいと思う

 

即ヤメで台移動←これだけぇ?笑

 

 

このペアならば…

 

政宗のマサラーが惨敗ならば次の手を出すしかない

 

 


月雷ラーの参上だ!(351G)

 

台選びポイント…打ちたかったから

 

月下に適切な台選びなどはない…300G以上ハマっている台があれば好きなように打てばいい

 

月下マニアの僕が言うのだから間違いない!

 

「運次第!狩り次第」

 

マサラーは過去の称号

 

月雷ラーは現在の本職

 

狩るぞ!出すぞ!


出陣!

 

・・・・

 

 

 

ハイ!月雷ラーの大勝利(持ちメダル+追い1K…総13K)

 

嬉しかったですね~普通に10K以内で当たればラッキーぐらいで考えていましたが「まさか400のゾーンで止まるとは…」

 

大当たり要因…数の差!

 

GOMA「数打てばこんな日もある!」

 

↑本当にこの言葉しか思い浮かばない!けど、これを常に常に期待している

 

GOMA「ガンガン狩るぞ!」

 

・・・

 

 

 

GOMA「最高のパターン!」

 

REGモンスター登場となる状況ですが仲間ハンターが「メル×ひろし」

 

REGならばこの二人の組み合わせが「一番最強にアツくて強いパターン」であります(メル&ひろしの相性はよくはないです)

 

REGモンスターはボルボロス・クルペッコ・ギギネブラの3モンスターいます


メル…ギギネブラに相性◎


ひろし…クルペッコに相性◎


メル&ひろし…ボルボロスは部位破壊できるハンター

 

「2/3」で相性のいいハンターとなる状況は非常にありがたい(REGでG数が短いと考えればなおプラス評価していいかも…)

 

「部位破壊」=剥ぎ取りGとなるボルボロスには「特定のハンターしか部位破壊できない」といのがある

 

*メル・ひろし・Laraのみが部位破壊が可能

 

上記の事を考えるとREGを迎える状況では一番だとは思います

 

「ひろし×Lara」のパターンはそもそもが発生しない組み合わせ

 

「Lara×メル」の場合はクルペッコに対して甘くなるので評価を落とした(Laraの苦手なモンスターでもある)

 

・・・

 

そんなマニアックな事を思いで迎えたモンスターは「ギギネブラ!」

 

GOMA「メルたん、出番ですよ~」

 

 

 

ギギネブラは眠った=樽爆弾

 

GOMA「これが相性の力!」

 

 

 

結構、ギリギリで勝利!汗

 

GOMA「さぁ~一気にいこうか?」

 

・・・

 

2頭目は、僕との相性が良いモンスターである「ティガレックス」

 

GOMA「いつものように!」

 

ティガ「OKOK!見せ場は?」

 

GOMA「記事の序盤でインパクト欲しいからね~ソコソコよろしく!」



ティガ「最後の捲り上げパターンで行くね♪」

 

GOMA「OKOK!ヨロ~」

 

しっかりと打ち合わせをしてからバトルへ…

 

口裏合わせの通りに序盤は終始劣勢でしたが20Gぐらいからだんだんと巻き返してきた

 

・・・

 

 


残り???Gであと1.7本で「閃光玉」

 

ティガ「どう?OK?」(音量1)

 

GOMA「全体的にはOK!けど、もうワンアクションほしい」(音量0.5)

 

ティガ「了解!」

 

・・・

 

 

 

あと1.5本で「落とし穴」

 

GOMA「OKOK!決めるよ!」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

GOMA「はぁ?なにやってんの?」(0.3本残し)

 

ティガ「え?違った?」

 

GOMA「いやいや、全然違う!話が違うでしょ!」

 

ティガ「めんご~モンスターもたまには間違えるって!」

 

GOMA「間違いないでくれよ~こちらお金が厳しいから…!」

 

ティガ「OKOK!わかったよ!」

 

・・・

 

 

 

GOMA「魅せるね~」

 

ティガ「しっかりと頼むよ!」

 

・・・

 

 


「部位破壊」

 

状況的に「部位破壊」もアツいがこの場面で「強チェ」はアツすぎる

 

まず「強チェ」はリプ扱いなので終わるにもあと最低でも2Gはある

 

さらに「約30%」でリバース演出が発生(演出発動まで最大で4G後)

 

この発動が確定している状態中は「バトルが終了しない」という法則はある

 

*リバース演出本前兆中はバトル終了はない

 

 

 

GOMA「決めきれ!」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

渾身の中押しもスカッ!

 

 

 

悲劇以外の言葉はないでしょう

 

天国フォローして余りメダルもって台移動

 

—–sponsored link—–




 

僕は100%

 

次の台を見つけようとしましたが、「これ!」という台がありませんでした

 

GOMA「たまには打ってみよう♪」

 

 

 

まどマギ 447G~

 

台選びポイント…たまには打たねばの精神

 

僕は「まどマギ」に関してはあまり知らないという知識レベルです

 

理由的には「まどマギ」がどうこうではなく「二段階で頑張る系」を僕が避ける傾向ではある

 

*二段階で頑張る…当てるまで頑張る→ボナ中に何かを起こしてRUSH→スタートライン

 

「サラ番」もほとんど打たないのはそういう理由で無意識に避けているのであろう…

 

GOMA「それでも1回は…」

 

と言いながら、人気機種ですので1回は「アルティメットを経験したい」という浅はかな思いはある

 

それが今日かも?

 

今日であってくれ

 

出陣!

 

・・・

 

 

 

打ち始めてちょっとしたら「僕は100%」演出発生

 

杏子さんまで行けば僕は「必ず当たる」

 

 

 

次回予告からしっかりと勝利(打ち始めて75G後の522G…持ちメダル)

 

多分、チャンス目からだと思います

 

GOMA「今日はそういう日か?」

 

「月下」も「まどマギ」も座ればすぐに当たるので調子に乗ってしまう…

 

「あとはRUSHに入れればミッション完了」

 

・・・

 

プチボーナスであっさり終了


「わけが分からないよ」

 

GOMA「わけがわからないよ」

 

しばらく、プチボ終了画面で軽い押し問答は繰り広げられました

 

モンスターペアレントではなくモンスタースロッターですね

 

・・・

 

そんなモンスターにボナ後の31Gで再び「僕は100%演出」が発生

 

GOMA「僕は100%だよ…」

 

↑プレミアムボイスであるGOMAボイス発生

 

 

 

委員長がアツイのは知っている

 

 

 

42Gであっさり当たり

 

GOMA「今度こそ!」

 

・・・

 

 


GOMA「わけがわからないよ」

 

↑モンスター登場してますよ!

 

2連続のプチボでガックシである…

 

・・・

 

 


きたぞ!ついにきたぞ!

 

↑切り替え能力は超人級です!

 

GOMA「リベンジチャ~~ンス」

 

↑チャンスボイスであります「リベンジチャンス」発生

 

調べてみたら2018年11月9日にぼくのもとへ「青カットイン」が発生している

 

その時はあまりの緊張と興奮にビビった挙句に逆押しで揃わずでした

 

それが半年の時を経て「いまここにやってきた!」

 

記憶の中で「次に出たら中押しで一発で仕留める」と宣言していた


GOMA「中押しでいくぞ!」

 

青カットインの期待度とか実際の確率的な期待度とかは関係ない!


「揃えるしかないんよ!」


「アルティメットがやりたいんや」(亀オヤジ風)

 

↑亀オヤジボイス発生

 

・・・

 

・・・

 

 


「下がれ!下がれ!キングキャメル的に動け!動け!」

 

止まったリールに叫んでいた!が動かなかった

 

もの凄く落ち込みました…

 

そのまま天国終了…

 

ここで僕の中にある「何か?」がプツンと切れてしまった…


「続行!」

 

もうね~こんなのでヤメれるわけないでしょ?

 

GOMA「攻め倒す!」

 

珍しく「まどかマギカ」と激闘することになる…・

 

次の実践記事