常連の呪い男こと・・・ゴマです

 

なかなか時間取れなくて雑談はしばし中止してませ汗

 

本記事は7/3実践記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回までの実践模様

 

 

 

ガチが掻きまわす

 

前回までの実践模様は、加藤さんだか斉藤さんだか佐藤さんだか分かりませんが〇藤さんが打っていた台を僕が打ったら何だかんだで900枚ぐらい獲得したという所まで…

 

「加藤という事にしておこう!」

 

とりあえず自分の中でモヤモヤ感があってはこの後の実践に影響するのでそういう事にしておいた

 

手持ちメダル的に「リゼロ1発勝負」もいいかな~と思いましたが、なんとなくだがこの空間がちょっと楽しくなってきたのでもうしばらくこの独特な「よそ者」感で戦ってみることにした

 

すうなるとこのままこの台を打つということは0スルー台なので非常にリスクは高まる

 

GOMA「少しでも可能性を求めて…」

 

台移動を決意

 

・・・

 

箱レスのホールなので素早くメダルをカードにしまい「返却」ボタンを押す

 

そして…「ポン・ポン」と隣の隣に移動した

 

どういう状況なのかを正確に説明すると

 

「GOMA・ささやきお婆・空き台」

 

 

「空き台・ささやきお婆・GOMA」

 

というように移動したのである(ささやきお婆と言っごめんね♪)

 

が、ここで常連がザワつく

 

*あくまでも常連の声は僕が感じ取った雰囲気なのでイメージしていただければと思う

 

常連「小僧が動いた!」

 

ただ台移動しただけなのに若干の注目を浴びた

 

GOMA「絶対にチカらせるぞ!」

 

 

 

こんな感じの台

 

↓拡大します

 

 

 

2スルーの48G

 

台選びポイント…ここしかない!

 

履歴的には17連→メーター1本→メーター3本と引き戻し経由したのでは?という履歴

 

なおかつ48Gという「200G以内はアツい打法」のドンピシャの状況

 

GOMA「確実にいける!」

 

今の状況で外敵として最大限の攻めは出来たと思う

 

GOMA「速攻で当てて、爆連させてやる!」

 

ヒールになるならば徹底的にヒールになりたい…

 

・・・

 

しかし、最初に動いたのは「ささやきお婆」の方であった(僕は必死にチカらせようとしてます)

 

「〇〇さん、この台空いたわよ!」

 

↑こんな感じで友人なのか知り合いだかわかりませんが「お婆B」に進め始めた

 

当然、進めた台は僕がヤメた台だ!

 

こうなると僕にも若干の動揺は走る…

 

「見逃したか?」

 

もし速攻でハイエナをされる可能性があるならば「三三七拍子」などの特殊点滅しかない!

 

速攻で写メを確認(普段から特殊点滅の時はわかりやすく、手を写しておく等の写メを間に挟んでる」

 

確認するが当然「ない」

 

そりゃ~そうだ!はっきり言ってこれだけスロット・パチンコ打っている異常者だ

 

そんな異常者がそんな些細な事を見逃すはずはない!

 

・・・


GOMA「勧誘だ!あれは勧誘だぞ!」

 

実際には見えない何かの部分で情報提供しているのかもしれません…が、僕から見れば勧誘レベルの行為だ

 

GOMA「うぉ~~負けられない!」

 

ということで、

 

「お婆B・ささやきお婆・GOMA」

 

という、三つ巴の戦いが始まった!

 

—–sponsored link—–




 

先行したのは?

 

勘違いして欲しくないのが正直ブログですので多少の所は話を盛っている…盛っているのは間違いない


「中盛り」を「大盛り」レベルに…

 

・・・

 

こうなると誰が最初にチカらせるのか?でデットヒートが繰り広げられた…

 

状況的には僕がヤメた台の「お婆B」が「引き戻し」の可能性でややリードか?

 

僕とささやきお婆の状況は似たような感じ…

 

・・・

 

 

 

チカ!

 

先行したのは「ささやきお婆」であった

 

GOMA「クソーーやられた!」

 

なぜか異様に悔しがるGOMA…

 

当然、ささやきお婆は隣のお婆Bに報告→その流れに乗って、遠くで打っている知り合い(6台ぐらい離れている)に手で「パッパッ」とやる仕草

 

GOMA「なんだこのジェスチャーは…」

 

これは当たったの報告に使われるものか?

 

と思ったら遠くで打っていたお婆Cが歩いてくる!

 

・・・


お婆C「ほら~よかったじゃない!おめでとう!」

 

・・・

 

伝わっていたぁーーー!

 

若干、「ほら~~」が何を示唆しているのかは気になりましたが確実にお婆Cはこの当たりを予言していたとは分かった

 

そんな自由すぎる空間に僕も楽しくなってきた

 

・・・

 

 


チカ!

 

GOMA「おらぁぁぁ~どうよ?」

 

 

 

拡大しますよ

 

 

 

打ち始めて92G後の140G

 

というように、データランプが上にあるのでどうしても写メる時に多少立ち上がりながら撮らないといけない…

 

写メって再び着席したら…

 

・・・

 

めっちゃ視線を感じる…全方面から視線を感じる…

 

が、既に「この空間は自由だ」ということは分かっているのでローリングドヤで抵抗!

 

歯は見せていないが確実に眉毛の位置は上がっていたであろう…

 

—–sponsored link—–




 

情報伝達の速さ

 

GOMA「一気に詰めるぞ!」

 

チャンスはしっかりものにしてインパクトを残したい

 

・・・

 

 


光るよ~

 

キタキタキタキタキタ~GOMAちゃんの「光るよチャンス」

 

2スルー入っているのでワンチャンでドキドキの可能性も十分にある

 

GOMA「お婆よ!見とれよ!」

 

↑断末魔的な心が出てきたぞ~

 

・・・

 

 


ぐぁーーーー!

 

ガックシのGOMAちゃんであった

 

しかし、再び一斉に注目を浴びる…

 

「あの台カナちゃんが…カナちゃんが…」

 

両端まで即座に情報伝達されていた!

 

ということで、1発で天国に上げれたのでしっかりと10連ぐらいさせてドヤってこの空間を立ち去ろうと計画

 

・・・

 

 

 

2連で計画失敗…

 

GOMA「やっちまった…1G連の後だった…」

 

沖ドキラーの極意である「1G連の後は気をつけろ!」を忘れていました(前回の台も1G連で終わっている…)

 

この結果に落胆している僕をしり目に常連の皆様はご納得

 

・・・

 

と、見せかけて!

 

・・・

 

 

 

拡大しますよ

 

 

 

38Gでウェイヨー!

 

「ポンポン」と腕を叩く仕草のGOMAちゃん

 

GOMA「僕はブロガー!自分で自分を演出するからね~」

 

油断させておいて仕留めにいくタイプです

 

さぁさぁさぁこの展開、どう仕上げるのか?に注目だ

 

GOMA「並じゃないから…並のスロッターと一緒にするなよ!」

 

・・・

 

 

 

拡大しますよ

 

 

 

32Gでチカチカ!


「32Gのチカチカは天国と思え!」

 

↑沖ドキラーの格言がでました

 

終わったと思いきやの逆転劇…僕自身もこれほど嬉しいことはない当たりでした

 

こうなると水を得た魚状態

 

 

 

ドヤドヤドヤ

 

 

 

BIG5連で終了

 

この時点で持ちメダルも1900枚ぐらいまで上昇

 

GOMA「もう少しいけるか?」

 

沖ドキで一番やってはいけない「欲」が出てきた

 

—–sponsored link—–




 

特殊点滅…

 

差枚数的には1000枚は浮いているのでヤメ時かもしれない…

 

けど5連という内容に達成感はない

 

それでも大きくは減らしたくないという冷静な気持ちもある

 

・・・

 

GOMA「200Gまで…」

 

再度沖ドキラーの秘技である「200G以内はアツい打法で攻める」

 

・・・

 

 


チカ!

 

と、86GでBIGで特殊点滅(高速)

 

GOMA「好機だ!」

 

一番待ってましたの展開となった

 

32Gスル―しましたが当然ここは続行

 

226GでBIGで天国スルー

 

120GでBIGで天国スルー

 

GOMA「うぉ~~い、どうなっとんじゃい!」

 

113GでREG

 

GOMA「REGは流れが悪くなる…ここで決めないと!」

 

沖ドキラーが焦った

 

・・・


天国スルー

 

・・・

 

GOMA「こうなると上がらない…」

 

確率とかの問題でなくこうなるとどうしようもなくなるのが沖ドキである

 

この時点でまだ1500枚以上はあるので一瞬ヤメようかと思う…

 

GOMA「お婆にまた打たれたら…」

 

謎のプレッシャーを感じて続行

 

それでもBIGBIGBIGと来ている中でのREG後なので嫌な予感はした

 

・・・

 

予感は的中

 

・・・

 

 

 

421GでBIG

 

GOMA「やっちまった~!」

 

といっても、持ちメダル的にはギリギリ投資分はある状況

 

ゆえにこのBIGからは全て+分ということなので考え方によっては問題ないか?

 

GOMA「天国に上げれば全て解決!」

 

・・・

 

 

救われた

 

3GでREGでした!

 

 

 

が、伸びないんですよね~

 

やっぱり偶数のホールは伸びきらない事が多い…

 

悔しかったのでそのまま勝ち分だけのメダルだけ打ったらサクっと飲まれた…

 

おしまい

 

GOMA「ガッデム!」

 

 

まとめ

 

ん~やっぱりスンナリとヤメを決断できない点は6月の流れを引きずっているのかな?とは思います

 

自分の中で慌てなくていいのにどうしても「もう少し…もうちょっと…」って言う焦りがでてしまう…

 

厳しいですね~どこかで一発復活の狼煙をあげれば解決するような気はするのですが…

 

7月も厳しい戦いになりそうです…トホホ

 

それでも楽しい空間で打てたな~とは思いました

 

実際にこういう空気が嫌いとかの人もいるとは思うし、他人同士が自らのお金を使っている中での環境なのでどこまでが許容範囲なのかも難しいライン

 

ボタンの押し方、レバーの叩き方、音量に関しても同様と思います

 

その中で出来る限り「自分が楽しい打ち方をしてもらえば」と僕は思う

 

個人的には普通にガッツポーズする人間ですからね(小さく)

 

32Gで光った時はガッツポーズ出てしまったな~あれはヤバかった

 

そしてやっぱり沖ドキはヤバいね…いろんな意味で寝床潰せるわ!と思いました

 

次の実践記事