GOMAマンこと・・・ゴマです

 

あっ、17日は朝からイベントは行けそうになく残念

 

めっちゃ仕事頑張りましたがどうにもこうにも間に合わなさそう

 

しょうがないけど、とりあえず昼からも加速装置三段階ぐらいギア上げてやって見よ

 

↑まだ諦めてないこの精神!笑

 

お昼ですのでGOMAマンの闘い記事です

 

—–sponsored link—–




 

 

仙豆を食べる

 

いつものように僕も仕事終わりにホールへ行くが前回の実践で心を痛めた…

 

しかし、ドラゴンボールで「仙豆を食べれば」元気になる、スロッターは「寝れば」元気になる方程式に沿って過去のことは既に忘れている

 

実際は忘れてるは言い過ぎだが、きっとあの敗北にはこの後の大逆転ストーリーの幕開けにすぎないと思っている

 

僕は実戦スロットブロガーであり、それをなるべくリアルタイムでお伝えしている

 

そう!僕は演者であるのだ

 

自分を自分でうまくプロデュースしなければならない


プロデューサー:GOMA、監督:GOMA、出演:GOMA、スポンサー:GOMA

 

この360度、全角度どの方位からも完璧なる布陣で今宵もいくぞ!

 

 

 

まずはここからだ!

 

ホールに入り一目散に・・・「沖ドキ」コーナーへ向かった

 

ま~~ず~~~は、ここからバシバシとリベンジしていかなければと思う

 

必ずやられたらやり返す精神だ

 

 

 

沖ドキ 本日当たりなしの85回転(据えの1スルー)

 

台選びポイントは・・・とにかく沖ドキを打たせてくれ

 

いくぞ!ビビるな・・・出陣

 

 

電源OFFでも通用

 

もう皆さんもお気づきだと思いますが、確実に沖ドキの200G以内には何かがある

 

ここからはさらなる上級者になる為の応用編になる


「200G以内は据えの朝一でも通用するのか?」

 

こういう変化球にも対応していく所が僕ではないか?

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ホイ!キターーー♪

 

136Gの投資3000円です

 

ということで、電源OFFでも通用するのでは?笑

 

 

 

VS解析数値理論マン

 

幸先よくBIGで心も踊る♪

 

ここからは一回で上がるか上がらないか?

 

気合で何とかするしかない!

 

けど、こんな風に言っていると「解析しらね~のか?」、「完全確率だから~」など解析数値理論マンが出現してくる

 

ならGOMAマンは「気合だ~」とアニマル浜口の必殺技であるダイビング・エルボーを発動

 

しかし、解析数値理論マンも強敵であるのでヒラリとかわしてからのバックドロップ

 

・・・

 

・・・

 

GOMAマン、大ダメージで大ピンチだ!!

 

すぐさま解析数値理論マンがGOMAマンをフォール!

 

GOMAマン「グハッ!」

 

カウントは?

 

・・・

 

・・・

 

1(ワンーー)

 

・・・

 

・・・

 

 

 

2(ツー)で返した~~!

 

 

自力マン

 

GOMAマン「私の力を見くびるではない」

 

そこに新たなる敵が現れた!

 

「自力マン」の登場だ!

 

自力マンの特徴はせっかく天国に上がったことに喜んでる所に「自力かも?」と異議を唱えてくる

 

そんは者には「オカルトの名に誓い、自力の不義に鉄槌を」とGOMAマンはパンチ!

 

・・・

 

・・・

 

自力マンはヒラリとかわしてからのパワーボム

 

GOMAマン「グハッ!」

 

カウントは?

 

・・・

 

・・・

 

1(ワンーー)

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ツーで返した♪

 

あぁ~しかし、GOMAマンのダメージが多すぎる、立ち上がれるか?


1(ワン)、2(ツー)、3(スリー)、

 

4(フォー)、5(ファイブ)、…

 

・・・

 

・・・

 

 

 

6G(シックス)立ち上がった~~!

 

—–sponsored link—–




 

再び・・・

 

過酷な戦いが続くがまだまだいくぞ♪

 

そんなGOMAマンの前に再び解析数値理論マンが現れた

 

解析数値理論マン「天国モードでも理論的にはそろそろ終わる頃だ」とラリアット

 

↑天国モードと認めてる所は評価してあげたい

 

このラリアットをGOMAマンは完璧にくらってしまった

 

カウントは?

 

1(ワンーー)

 

・・・

 

・・・

 

 

 

2(ツー)で返した!

 

 

 

最強の敵…現る

 

粘り強い!この粘りこそがGOMAマンである

 

そこに「沖ドキプロレス」の最強の人物現る

 

 

 

1G連マン(黄)参上!

 

1G連マンの特徴は味方だと喜ばさせといて実は敵であったという展開がしばし起きる

 

さらに1G連マンは4種類存在している大きな違いがある

 

1G連マン(赤)1G連マン(緑)1G連マン(虹)1G連マン(黄)

 

そして、赤&緑&虹は裏切ることはないがはよく裏切る

 

・・・

 

・・・

 

事件発生!

 

・・・

 

・・・

 

 

 

1G連マン(黄)裏切ったか?

 

GOMAマン「まさかあなたが敵だったとは…」

 

横たわるGOMAマンがそこにいた!

 

CONTINUE(コンテニュー)?

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ノーコンテニュー

 

 

 

まとめ

 

このように沖ドキにおいて「1G連マン(黄)」は非常に気を付けた方が良いことが判明しました

 

また新たな情報入り次第お伝えしよう

 

ご観戦ありがとうございました!

 

89Gまで打って台移動!

 

昼からもがんばろう!