至高打法を生み出した男子こと・・・ゴマです

 

先日の12/2の日曜日はチビGOMA(長男)の幼稚園の発表会でした

 

ミュージックベルというベルを振って演奏していたのですが、その楽曲が「アメイジングレイス」で一人興奮してました

 

女GOMA「頑張ってるね!」

 

GOMA「ここからだ…あと最低でも5SETはあるから!」

 

女GOMA「家で練習してたもんね!」

 

GOMA「2連続は震えろ!」

 

世の中にはいろんな形はあると思いますが夫婦の会話的にはギリギリ成立しているとは思います

 

本記事は12/3実践記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回の実践記事

 

 

 

高設定っぽい?

 

12/2は日曜日なので恒例の稼働は休みです

 

迎えた12/3の月曜日!

 

朝からフルスロットで働いて夕方にはしっかりとホールにチェックイン!

 

GOMA「たまには違うホールに行ってみよう♪」

 

という事で、出先の近くのホールへ…


「何を打つ?」

 

前回の実践では聖闘士星矢を聖闘士ラーの秘技である「出るまで打つ」という完璧なる立ち回りの末に大捲りで勝利した

 

「〇〇ラーは無敵である」

 

ということで、本職である「沖ドキラー」に変身

 

変身理由…「チカらせたい」症候群が発生したため

 

・・・

 

まずはしっかりと全ての沖ドキを見ました

 

GOMA「この台…っぽいぞ!」

 

 

 

沖ドキ 2スルー 282G~

 

スルー回数は気にしませんがグラフが「いかにも!」って言うようなグラフ

 

「初当たりは良好、天国移行もいい感じ、連はしない」

 

三種の神器が揃いました

 

「高設定のような台だぞ~」

 

プンプン匂う

 

マイホ以外で打てばほぼ勝てる法則ある


出陣!

 

 

ドキラーの感覚

 

実際、この台を選んだ理由は「ギャンブラーとしての感」以外は何もない

 

補足的に頼りにするならば「ハマらない台は不思議とハマらない」というパチンコ・スロットの七不思議を頼りにする

 

・・・

 

・・・


「チカ!」

 

 

 

投資2Kの314GでチカチカREG(打ち始めて32G後)

 

大当たり要因・・・打ち手がリセットモード

 

沖ドキを数多く打っていると「1/8ぐらいで打ち手がリセットモード」という状態に入ります

 

座って1K…2Kと少ない投資で当たる時がある

 

当然、沖ドキラーの方は今「コックンコックン」と頷いていると思う

 

その際に重要な所は「打ち手の設定を15ぐらいまでは上げておいた方がいい」

 

多くの方がこの「自分設定を10」ぐらいにしているので、もっと高めに設定しましょう

 

沖ドキの勝敗の85%はそこで決まります

 

・・・


GOMA「天国に上がれ…!」

 

 

 

20GでBIG

 

GOMA「天国ではなさそう…」

 

 

 

あくまでも僕の沖ドキラーとしての感覚レベルになりますが、G数と当たった時の感覚的には「通常時モードでのチェリー解除」だと思う

 

「この感覚を共感してくれる人はいませんか?」

 

なんとなく天国中って感じではないんですよね…

 

言葉で伝えるのが難しい感覚です…笑

 

GOMA「むしろ天国中のチェリーなら次回は連確定…スルーなら僕の感覚通り」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

あっ!

 

 


「よっしゃーー!」

 

再び20GでBIG!

 

結局ね~そういうことなんですよ!

 

最後は「チカ」ればなんでもいい…つべこべ言わずにそのチカりに魅了されろ!

 

「32G以内の当たりは全て天国と思え」という沖ドキラーの格言もあるぞ!

 

 

 

ずっと至高打法

 

けど、連しない台は本当に「一日ぐらいずーーと連しない」という事も起きるのが沖ドキ

 

 

 

3連で抜けてしまいました…残念…泣

 

「今ヤメれば勝ちチャンス」ですがここでヤメてもツマラナイと思うし、「この台がこの後どうなるか?」が気になったので打ち続けてみた

 

GOMA「ならば至高打法を出すしかない…」

 

当然ここは沖ドキラーの至高打法である「200G以内はアツイ打法」で攻めるのみ!


「いくぞ!」

 

 

 

98GでREG→天国スルー

 

GOMA「OKOK!ここは天国に上がらなくてもOK」

 

あくまでも僕の狙いは「ドキドキモード」ですので0スルーから上がっても「ドキドキモード」には期待できないので1スルーは実際には欲しい

 

↑っと、ちょっと上級者的に言ってみた

 

GOMA「再度、200G以内打法で勝負」

 

 

 

174Gでメダルなくなる

 

ここでヤメてはいけない…「あと26Gある…!」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ほれキタ!197GでBIG(追い1Kの総3K)

 

むしろチカるのは分かっていたというレベル的に「チカって頷く」沖ドキラーがいた

 

GOMA「やっぱり200Gは何かある…ここから一気に!」

 

意気込みは激しいですがまたもや天国はスルー

 

GOMA「ならば再度、200G以内打法をだすしかない」

 

 

 

77GでBIG!

 

GOMA「どうだ!これが沖ドキラーの力!天国は?」

 

・・・

 

・・・

 

上がりません!

 

・・・

 

GOMA「こうなれば究極奥義である「ずっと200Gでチカ」を出すしかない」

 

 

 

80GでBIG

 

GOMA「天国は?」


上がりません!


GOMA「設定は?」


分かりません!

 

GOMA「究極奥義は」

 

 

 

沖ドキラー最高♪(47Gで特殊点滅からREG)

 

*特殊点滅からREG=ドキドキモード

 

久しぶりにこのパターン(初当たり時で)を味わいました!

 

沖ドキで一番震える瞬間かもしれない!

 

—–sponsored link—–




 

ドキラーは永遠に不滅!

 

久しぶりに目に見えてわかる「ドキドキモード」に興奮する

 

チカるに酔いしれる

 

ボナ中は不意打ちの「ドキドキランプ」点灯してもいいように心の準備はしておく(爆音でビックリしますね)

 

・・・

 

・・・

 

 


嘘だろ…

 

B3R2の5連で終わりました…

 

GOMA「やっぱり連しない台は連しない!」

 

絶対に自分ではなく台の理由にする所も沖ドキラーの特徴という所か?

 

しかし、本日2回目の「ヤメれば勝ちチャンスが到来!」

 

GOMA「ここでヤメるわけない!」


これはスロットブロガーとしての性なのか?

 

これは沖ドキラーとしての性なのか?


これはギャンブラーとしての性なのか?


ノーノーノー!

 

ドキドキモードで「5連」で頭がヒートアップしているだけ

 

自分の中で勝手に「10連」をイメージしていたので現実とのギャップに引くに引けないという感じです

 

GOMA「持ちメダルで再度、天国に上げる!」

 

狙いを天国モードまで下げました

 

 

 

89GでREG→天国スルー

 

GOMA「これで6連続で200G以内で当たっている…自己新記録かも?笑」

 

あれだけ「200G以内はアツイ打法」を言っていて自分自身が「6連続」で本当に当たってしまうという状況に若干ビビる

 

GOMA「閉店まで粘れるんじゃない?」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

と、思った瞬間に200Gを抜けました泣

 

 


「グハッ!」

 

386Gでついにメダル切れです

 

そのあと4K使って当たらずにヤメ!パチンコへ移動

 

 

 

沖ドキまとめ

 

う~ん、どうなんでしょう…

 

もう少し粘れていたら何か見えてきたかもしれませんがやっぱり「粘り打ち」は沖ドキでは厳しいですね

 

そもそもあまりギザギザのグラフの沖ドキから「一撃」ってあまり見る感じがしないんですよね…

 

やっぱり上下に大きく波打つグラフの台の方が「上にも下にも振り切ってくれる」イメージはあります

 

当然、ギザギザグラフの台の方が座りやすいのですが…←こういうギャップがパチンコ・スロットの一番難しい所だと思う

 

そして、もう少しだけ「200G以内で当てたかった」ですね

 

簡単ではないですが「ずっと俺のツモ」的に「ずっと200G以内で10回ぐらい初当たりを積んでみたい」

 

いつか10回ぐらい連続で至高打法を炸裂させてみたいです

 

続きはこちら