捲り差し男こと・・・ゴマです

 

お昼の時間で~す

 

お便りと言うか質問がきたので答えます

 

「実践中はどのぐらい写メを撮っているのか?」という質問です

 

これは前にも少し言いましたが実際は相当な数を撮っています笑

 

僕の記事には基本的、拾い画は使わないで全部撮影しています

 

例えば前回のモンハン月下雷鳴の実践だと80枚ぐらいです

 

バトルではない所はありますね

 

ここで良い瞬間がなかなかうまく撮れない方に軽い裏ワザを伝授

 

あえて写メではなく動画で撮影してみてください

 

そして後から残したい部分をスクリーンショットで携帯で撮影して壁画アプリ等でサイズ変更すれば結構いい感じにはなります

 

あまりやる方はいないかな?笑

 

また写メ回数が増えるのは絆が一番です

 

単純にBCが多く当たるのとSET毎の人数の画面は撮ったり、BT中の巻物&強チェリーも撮る

 

巻物&強チェリーはハズれた瞬間に削除する時多いです笑

 

あと、僕への質問があれば答える範囲は答えるので好きなようにコメント欄を使ってください

 

もしくはお問い合わせファームでもOKです

 

お昼ですが5/25実践記事最終章です

 

—–sponsored link—–




 

前回までの実践模様

 

 

 

 

沖ドキラーです

 

絆で痛手を負ってしまいました…なぜだ?

 

やっぱり慣れない台を打つというのが行けなかったと思う

 

人間には適材適所という言葉がある

 

また僕な好きな言葉に「餅は餅屋」がある

 

どんなことにも上手いは上手いで、その上には専門家がいる

 

当然スロットでも同じことである

 

僕は「沖ドキラー」ある

 

 

 

0スルーの116回転

 

やっぱり「スル―回数狙い」もいいけど、自分のホールの現状的にも毎回はスル―回数が多い台は見つけれない

 

ならば、「引き戻し→モードB」の1スルー2スルーで上げる戦法がいいと思う

 

解析的には間違っているかもしれないが自分が打ちこんだ結果はそう思えました

 

ここ何回か言ってますが、1回か2回の初当たりで勝負

 

追って、何度も当てて天国に上げたところではどうしようもないことも既に分かっている

 

とにかく初当たりをいかにとれるかが運命の分かれ道

 

上がる時は上がる…そして偶数ならそういう展開になりやすい

 

奇数ならば話は変わってきますが自分の周りのホールは偶数をメインに動かしていると思う(推測の所はあります)

 

そんな感じで沖ドキはいいと思う

 

いい意味で自分で信じ切ってルール作ってしまえばと思います

 

 

 

スル―にビビるな

 

これがオカルトと思う方もいると思うけど、7割はオカルトだとは自分でも思う笑

 

しかし、そこまでスルー間でハマるということは実際には少ないと思う

 

どうしてもハマった時の印象が強く残るということも忘れてはいけない

 

別に沖ドキに限ったことではないと思います

 

例えば「バジリスク絆」

 

期待値などで打つ方は「5スルー」ぐらいは最低でも欲しいとは思いませんか?

 

人によっては6スルー、7スルーとベースを上げる方も多いと思います

 

けど、皆さんも絆の設定狙いとか長時間打って見たことは一度や二度はあると思います

 

それが全て確実に高設定ではないと思います

 

その時に結構「0スルー、1スルー、2スルー」でもBTに繋がったのでは?

 

大きな目線で見ればそこまでスル―回数ではハマらないはあるのでは?

 

もう一つ例えるならば「北斗の拳 転生」

 

転生はハマるイメージが僕にもあるし、解析見ても即ヤメがべストだとは思う

 

けど、履歴とか見ると思いのほかハマってないという感じはあります

 

100G以内に当たるかと言えば厳しいところありますが「あべしではなくG数で見るとめちゃくちゃ深くハマってない」という所はあると思う…

 

結局何だかんだで当たってくるという所か?笑

 

これは「スル―回数狙い」を否定してるというわけではない

 

実際にはそこまでハマることがないならばそこにも道があるのでは?と僕は考えるスロッターである

 

だから沖ドキに関しては養分打ちだと思う方も多いかもしれないが僕は結構真面目に言っている所もある

 

オカルトは信じ込めば武器になると思っている所もある

 

中途半端が一番いけない

 

けど、もしこれで結果がついてこなかったら再度思考する柔軟性は備えたい

 

こういう考えから僕はどんな打ち方でも「あり」と思う

 

スロットで一番重要なのは打ちだしではなく、「ヤメ時」と思うので

 

 

—–sponsored link—–




 

200G以内の謎?

 

沖ドキは当てれば必ず道は開けるし、「200G以内はアツい打法lで勝負だ

 

オカルトは強い・・・出陣

 

・・・

 

・・・

 

 

 

はい!オカルト万歳♪

 

これが経験則の差という所か?

 

BIGボーナスで嬉しい(このBIGが運命を分けるとは…)

 

・・・

 

・・・

 

32Gスルー泣

 

ひょっとして前回の23Gの当たりが「引き戻しならば…」という淡い期待はハズれました…

 

ならば再度「200G以内はアツい打法」に切り替える

 

メダルがドンドンなくなる

 

あ~終わりそう…

 

 

 

ノコッタノコッタ

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ピコ――――ン

 

はい!沖ドキラー地獄からの生還です

 

ピコ――ンは天国以上確定だよ~!

 

適当に言ってるのではなく全て経験則なのです笑

 

 

 

実際には…

 

と言っても、実際は200G以内はどうなのか?という所はある

 

僕は200G以内は他より当たると思っているが本当の所はどうなのか?

 

これに関しては、いろんなホール見て過去の当たりG数を見るとやっぱり何かある気がしてならない

 

ないことはわかっているがそう思わざるおえない

 

大きく言うと「100G~200G=201G~1000G」ぐらいの印象はあります

 

試行回数の違いなどはあるとは思いますが、今のホールならば過去〇回分の当たりG数ゾーンとか見れるデータランプあると思います

 

それを見るとあながち間違いではないのでは?と思う

 

実践に戻ります

 

 

—–sponsored link—–





 

目指すは7連BIG

 

「沖ドキはBIGのみが連チャン数」という格言がある

 

連チャン数を競っているのではなく獲得枚数が重要

 

絆での投資が29本ならば約BIG7回+αで元となる

 

 

 

2チカ目

 

 

 

3チカ目

 

 

 

4チカ目

 

・・・

 

・・・

 

 

 

5チカ目

 

ハァハァ…神経が磨り減らされるがあと少し…

 

 

 

6チカ目

 

あと一つ!

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ガッツポーーズでた!

 

いや!まだだ!この流れで押し込め!

 

一気に+域に変えろ

 

 

 

ピーースでた!

 

まだだ頂はまだ上にあるぞ!

 

 


ダメ押しだ~♪

 

・・・

 

・・・

 

 

 

沖ドキラーに敗北は無い!

 

その後少し打ってヤメ

 

 

 

まとめ

 

 

1848枚

 

他の沖ドキを3本未練打ちしたが当たらず終了

 

5/25実践結果

 

投資32本 回収35.4本 結果+3.4本

 

相変わらずの打ち方という所ですね笑

 

冷静に考えると沖ドキで最初のボーナスがBIGでなかったらと思うと…

 

「まっ、勝ったら全てOK♪」

 

けど、投資が重なる展開には気を付けたいですね…

 

さぁ~今月も第4コーナー回って残るとこ200Mぐらいという感じか?

 

風車鞭で何が何でも絶対に逃げ切るぞ

 

・・・あれ?鞭が落ちてるぞ…イニシャルは…「G・M」