月雷ラーへの入門待ってます♡男こと・・・ゴマです

 

年末のオールナイトスロットに向けていよいよ作戦を練らないといけない時期になってきたと思います

 

僕が行く店は昨年も行った「桑名市にあるマリオンガーデンさん」

 

ホール内にPCがあるので昨年と同様に途中で何度か更新しようと考えてます(ブログLIVE的な感じ)

 

31日の朝から打つので「何を打とうかな?」とちょっと迷ってます

 

「この機種がいい!」とかはありますか?

 

どれだけ朝から人がいるかわからないし並ぶつもりはないので、出たとこ勝負にはなりますが一応、候補は立てておこうかな?とは思います

 

僕は何でもいいです!

 

けど、GOD系は定番すぎてあまり打とうとは考えてないですね~

 

あと単調な演出の台は空きそうなので沖ドキや華系も候補にはない

 

個人的には「月下雷鳴」がどうかな?とは思ってます

 

やっぱり月雷ラーを名乗っているだけはあるし、止まらないが体験できる機種でもあるかな?

 

もしくは「ギアス」もありかな?と思う

 

昨年同様にあまり打たない「サラ番」や大好きな「牙狼」とかでも全然OKかな?(牙狼打ちたいな~笑)

 

まどマギとかでも全然、打てると思います

 

またこの辺もアンケを一回やってみましょうかね?

 

どんな形にせよ「奇跡」は起こせるとは感じています(ハードルを上げて飛び越えよう)

 

本記事は12/13実践記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回の実践模様

 

 

 

 

止めるならここ!

 

高熱という病み上がりですので「実戦感覚が二日空く」という長期休養明けの復帰戦になります

 

自分の中でもまずは感覚を取り戻すために一番好きな機種を打とうと思いました

 

仕事終わりでホールヘ…

 

・・・

 

・・・

 

 

 

月下雷鳴 270G~

 

台選びポイント・・・YOU君のやる気を感じれる履

 

履歴を見る限りでは前任者さんは12連という「YOU君が非常にやる気に満ち溢れているバトルであった」と思う

 

当然、まだまだ気持ちは入っていると思うので当たれば連チャンは確定的

 

僕の中ではもう既に「台の波を読む」というレベルを超越して「台の中にいる人を読む」レベル域についに達した

 

GOMA「完璧である」

 

復帰戦でもしっかりと完全無欠な立ち回りを行える自分のスキルの高さに酔う

 

まだ微熱があるか?

 

高熱ではないか?

 

アマツよこい!

 

出陣!

 

・・・

 

まずはどこで当たるか?という事を前任者の運に託す

 

しかし、僕はスネ夫的な卑怯者ですので前任者を信じ切ることもない

 

 

 

自分でCZを呼び込む

 

GOMA「ねだるな!勝ちとれ!」

 

・・・

 

・・・


「失敗!」

 

GOMA「前任者さん…お願いします!」

 

自分が失敗したとなれば後は前任者さんにおもいっきり頼るのも僕の性格上の問題であると思う

 

 

 

627Gで赤背びれ演出

 

GOMA「止まるならばここで…」

 

基本的に月下雷鳴において600Gのゾーンを否定した瞬間に新しい福沢さんを追加していいぐらいに最後の砦であると思ってる

 

GOMA「天井は嫌だ…」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

648GでHIT(投資は12K)

 

GOMA「ありがとう…前任者さんありがとう」

 

正確は卑怯ですがしっかりと感謝はします

 

GOMA「さぁ~ここから始まるぞ!」

 

最高に楽しい「月下雷鳴のAT」が始まった

 

 

対ボルボロス

 

そもそも僕がブログで書く内容というのは「打つ上ではあまり関係ない部分は多い」です

 

ちょっと知っているとより楽しめるという部分を、大きく捉えた形で僕なりの表現で伝えていけたらとは思ってます

 

そんな中で「月下雷鳴のバトル中に関してはあまり多くは言っていない」というのがあります

 

単純に、唯一無二のバトル展開に一喜一憂してほしいという思いもあります

 

けど、知っているとちょっと面白い部分を伝えて見たいと思う

 

・・・

 

 

 

1戦目の相手は部位破壊で「ボルボロス希少種」に変化するというボルボロス

 

「ボルボロスの部位破壊=剥ぎ取りG」ですので部位破壊時には確実に勝ってください

 

 

 

ひろし大王が降臨

 

既に彼の存在だけで僕の勝利はほぼほぼ確定したような気さえするのは彼の器のデカさ故でしょう…

 

 

BJの強攻撃について

 

 

BJの強攻撃は「ボタン長押しでコツコツとダメージの後に、ボンっと大きなダメージ」が入る


これは「ボタン長押し時に削れば削るほど最後のボンの時のダメージが大きくなります」

 

なので「やけに長押し時間が長いな~」と感じた時にはニヤっとしてください

 

*途中で離して、再度押しても問題ないです

 

 

部位破壊について

 

ボルボロスの部位破壊は特定のハンターのみとなります

 

相性の良い「Lara」は部位破壊ができます

 

もう一人の相性の良い「我らの隊長」は部位破壊ができません

 

確実に何かの忖度が働いているのでは?と思います

 

ひろし&メルとなってます

 

そして全モンスター共通して「体力ゲージが半分以下になる時点」からしか部位破壊が発生しません

 

*4ライフのモンスターならば2本以下になる攻撃からです

 

バトル後半の勝負所で発生するのはそういう点から来てます

 

レア役の方が多少発生しやすいというのはありますが、僕自身も打っている時はそんなことを考えている余裕がないです…

 

 

 

ひろしでレア役で一瞬、「部位破壊」かと思いました(カットインあれば部位破壊だったかな?)

 

・・・

 

・・・

 

 

 

残り???Gであと0.2本

 

「月下雷鳴で一番ヒリヒリする瞬間!」

 

「勝負!」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

うぉ~~い!(敗北!)

 

「高設定か?」と疑うかもしれませんが「高設定挙動はするが示唆は出ないという」マイホ特有の現象です

 

そのまま天国スルー

 

復帰戦でここでヤメるのは月雷ラーの名が汚れてしまう

 

GOMA「とりあえず、続行!」

 

—–sponsored link—–




 

リプレイのタイミング

 

結構、いろんな機種で続行と言って打ち続けていますが…内心はかなりヒヤヒヤはしてます

 

けど、そもそも天井に行くとは思っていないというのはあります

 

実際にスロットで「天井に到達する確率」ってかなり低いと思う

 

 

 

もしくは己でなんとかする

 

困ったらCZをクリアするしかないんです(追い10Kの総22K)

 

リスクがある打ち方をしているとわかっているからこそ、「何が何でもCZは成功させる」と必死にCZは研究してます

 

研究してもどうにかならないのではなく、そこを研究し尽くすと「CZハンター」になれます


GOMA「めっちゃラッキー」(これが本音!笑)

 

・・・

 

・・・

 

 

 

仕切り直しの1戦目は「ウラガンキン」

 

硬いですが序盤からコツコツ攻撃すればいいというモンスターでもなく、「なにかしら状態異常を発生」させないとなかなか勝利までは厳しい

 

 

 

相性が良いミラ姉さんはウラガンキン戦では非常に重要

 

普通に数回攻撃してくれればどこかでは「毒状態」にしてくれるので、0.5本は削れる計算ができる

 

 

 

「体勢を崩した」発生ですが残り1Gで残り2.3本と絶望的

 

「絶対に諦めるな!」

 

月下雷鳴のバトルはどんな展開でも最後の最後まで「モンスターが逃げる」までは諦めてはならない

 

何が起こるかわからない…予測不可能が起きるのが月下雷鳴

 

 

 

体勢が崩れたが終了(残り???Gであと1.5本)

 

GOMA「最低でも1Gはチャンスあるぞ!」

 

上記の画像の出目がリプレイなのがわかるでしょうか?

 

モンハンのバトル終了は「リプレイ」ですが「リプ連中はバトルが終了しない」というのがあります

 

*チャンス目&チェリーもリプレイ扱いです(スイカ&強ベルは違う)

 

なので、展開的には「次Gで終了することはない」という状態です

 

・・・

 

・・・

 

 

 

おぉ~~と、メルの「眠り」が発動(次Gで樽爆弾)

 

「モンスターの状態異常中」もバトル終了がありません

 

 

 

樽爆弾終了でリプレイ(残り0.8本)

 

GOMA「最低でも1Gはチャンス!」

 

・・・

 

・・・

 

 


キタキタキタ!

 

GOMA「タイミング・状況・展開・愛してる…くるぞ!」

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ミラ姉さんの毒状態も「モンスターの状態異常中に含まれます」

 

「毒状態中の数G間は終了しない」ということになります

 

 

 

これが月下雷鳴の諦めない闘いだと思います

 

続きはこちら