神は神だからこそ男こと・・・ゴマです

 

本日の冒頭の雑談は「子育てについて…」

 

ちょっと前にツイッターのDMで「ゴマちゃんの子育て論はありますか?」という質問について答えていく

 

「ない!」…以上です笑

本当に「ない」の一言で終わってしまいますが少し味気ないのでもう少し…

 

僕は公表しているように現在1985年・1986年世代の33歳であり結婚もして子供が現在(5才男・2才男・0才女)3人の子供がいる

 

4人目は…ないとは思います笑

 

そんな中で特に子供にどうのこうの言うことはないです…奥さんも言うことはない

 

一般的な範囲のごく普通の事ぐらいを言うぐらいとは思います

 

今後も「あぁしろこうしろ」「勉強しろ」とかも言うつもりはない

 

もっとも自分が「仕事・家族・パチスロ」ぐらいしかない人間なのでこうした方がいいとかはあまりわからない

 

その中で一つだけ徹底させていることはある


「挨拶」

 

僕の今まで生きてきた中で「挨拶」だけしておけばそこそこの人生は送れるとは思っている…なので挨拶だけはと思ってる

 

後は好きな事をやってくればいいとは思う…僕は選んだ道を最大限にサポートしてあげるのみ

 

あともう一つ長男には「体操教室」に通っている

 

理由が運動能力発達とか体操技術とかではなく、「一芸」を取得する為である笑

 

体操教室に通うとなった時に僕は教室の先生に「数年後でいいのでバク転ができるようになるまでにして欲しい、他は出来なくてもいいです」とはお願いしました


「バク転ってできます?」

 

当然、僕はできない…実際に世の中でも出来ない人が9.5割方だとは思う

 

が、あくまでも僕の感覚ですが「練習すればできる事」ぐらいで稀な人間だけができるという事でもないとは思う

 

なのでそれができるって結構お得感はあるように思う

 

「なんか一芸やってよ!」

 

どうです?皆さん何かできます?

 

モノマネができる人もいれば手品ができる人もいれば変顔ができる人もいるかもしれない…と、何かできる人はいいとは思う

 

けど、何もできない…正確には何をすればいいか困る方も多いとは思う

 

実際に無茶ぶりだし「困る話」とは思う

 

現代ではこういうのが「パワハラ」的に扱われるけど僕の中ではそういう感じはない…クオリティ関係なく何でもいいからやっちゃえば済む話と思っちゃう

 

しかし、時には相手がおちょくって振ってきた話の時もあるかもしれない…当然よくはない…よくはないが、そこで全ての事に盾突いても損は多いと思う

 

だからといって、「自分が見世物にもなる必要はない」

 

そんな中で「僕、バク転できますよ!」と言ってトキのようにヒラリとやりとげれば結構すごくないですか?

 

単純に僕は目の前でいきなりバク転されたら結構ビビる…お主やりおるなぐらいに思う

 

ある意味でおちょくられる時って「出来ないだろう」と相手が分かっている中でくるのでそこで相手に応える形でカウンターパンチ

 

ここは、いつも言ってますが揚げ足を取ってきてドラゴンスクリューで回されるぐらいならば延髄切りで返した方が爽快感はある

 

当然相手の要求に応えている形なので相手にマイナスが生じる可能性あれどこちらにマイナス要素はないはず…

 

だからバク転をできるようにとお願いしてる笑

 

そして息子が大きくなったら「困ったらバク転しておけ!お前にはそれしかない…いや!それがある」と言ってやりたい

 

再度言うがバク転は多分練習すれば誰でもできるようにはなるという僕の勝手な思い込みが前提である

 

そんなことぐらいかな?

 

まっ、後は適当に人生80年ぐらい後尾を擦りながらでもいいので低空飛行で逃げ切ってくれればとは思う

 

そんなことより僕は目の前の「7を揃える」のに必死である

 

本記事はゴッドの歴史についてちょっと振り返る回です

 

—–sponsored link—–




 

凱旋もあとちょっと

 

2019年もあと半年を過ぎました

 

ご存知の方も多いとは思いますが2019年で多くの5号機(旧5号機)が撤去されていく

 

直近の撤去台のビックネームで言えば「まどかマギカ」とか「化物語」ぐらいか?

 

当然GOD凱旋も2019年には撤去されていく

 

・・・

 

2015年3月からずーとスロットの最前線を引っ張ってきた「GOD凱旋」

 

みなさんはどんな思い出がありますか?

 

GODに震えた!SGGEXに震えた!アメグレに歓喜した!天井に泣いた!G-STOPで目押しができたなどなど各々に数えきれないドラマがあったと思う

 

そんなGODシリーズの始まりは4号機にまでさかのぼる

 

2002年に「ミリオンGOD」が登場した

 

僕はこのミリオンGODは打ったことがない…ゆえにPGG=10万は知らない

 

その後に規制等もあり後継機として「ゴールドX」&「ゴールドXR」が登場

 

ほとんどスロットの知識がない時に「ゴールドXR」はちょろっと打ったことがある程度

 

なので僕の中でGODというと5号機のGODである

 

—–sponsored link—–




 

初GOD

 

5号機は2005年から登場してしばらくは厳しい出玉規制でした

 

今でこそ「6号機の出玉」という問題もありますが5号機の序盤と6号機の序盤を比べたら天と地の差ぐらいある

 

では、どのくらい厳しい期間があったのか?というと


「約5年」

 

4号機と重なる部分ありましたが「2005年~2010年までの5号機は本当に厳しい」

 

イメージ的には今の万枚が5000枚ぐらい…今の2000枚が1000枚ぐらい

 

だから今の6号機の出玉って出だしとしてかなりいいスタートをきったとは思う

 

そういう中でメーカーの試行錯誤の結果、ようやく2010年になって「あれ?5号機もでるかも?」と思いだしたのが

 

「新鬼武者2010年」

 

この台が転換期となった台と思う(異論は認めないぐらいの自信はある笑)

 

そこから緑ドンとかの爆裂機ありましたがそれでも「A+ART」機

 

しかしA+ARTですのでボーナスの引き次第で出玉は大きく変わるという面がるので純増にバラつきはあった

 

当然ボーナス連打できればハイペースで出ますが、やっぱり確率は甘くないと言わんばかりにどこかでは止まる

 

なので「止まらない感」はありませんでした

 

そうした中で2011年7月に「ミリオンゴッド~神々の系譜~」が登場


「ついにGODが帰ってきた!」


「GOD揃いの衝撃が再び」

 

というように、ザワつく人は多かったのですが僕は先ほども言ったように「4号機のGOD」が知らないのでそこまで「出たか!」という思いはなかった

 

 

 

しかし、少しすると周りに「一撃5000枚!」やら「一撃万枚」などの声が聞こえた

 

なおかつ「高速の純増で止まらない」と口を揃えて言う

 

嘘でしょ?という思いで僕も打ってみた

 

・・・数字が回っているだけじゃん

 

たいした成果もなく初打ちは終了

 

今でもそうですが「光り系」以外は僕は単調な台があまり好きではない…演出こそスロットの醍醐味との思いもある

 

 

 

しかし少しすると周りに「ついにGOD引いた」と歓喜する人が増えた

 

GOMA「やっぱり強烈?」


「起点になるが何より引いたことが嬉しい」



とにかくその後に何枚でたとかでなく「GODを引いた」ということに異様に興奮していた

 

GOMA「そんなに震える?」

 

「いやいや!GOD童貞とは話ができない!むしろ話す身分でないから…引いてから声かけてくれ」

 

とりあえずGOD揃い=次の日は演説の図式が僕の周りにあった

 

だったら僕も1回は引いてみようと思った

 

確率的にも簡単ではないですが1/8192と考えれば一日打てばでるぐらいの確率

 

数回打った時に「プチッ」となった

 

・・・

 

ブルブルブルブルブルブルブルブル

 

体の底から震えた

 

・・・

 

何回出したかは覚えていない…けど、確実に次の日は「GOMA演説会」は一日開催された

 

 

赤7こそ神

 

ほどなくして僕の周りも「GOD揃い」は一巡する形で皆が味わった

 

が、スロッターというのは常に貪欲である

 

さらに非常に慣れにも敏感なのでいつしか「GOD揃い=演説」という図式はなくなり「GODを引いて何枚だしたか?」という所に焦点を絞りだした

 

最終的に少し前までGOD揃いで震えた人間も、いつしか「5号機のGOD揃いはショボイ」とか言い出す始末

 

そんな中でついに強者が現れた

 

「GODを越えるのは赤7だ」

 

凱旋の赤7は「ST方式」ですが系譜は転落式?という形

 

とにかく「赤7を揃えに揃えたらあっさりと万枚達成した」というのだ

 

となるとスロッターは単純なので「赤7狙い」に切り替える

 

そうしているうちに僕もついに「赤7連打」という状況に巡り合えた

 

・・・

 

その時に5号機になって初めて「止まらない」という感覚になった

 

空箱を2箱取りに行ったのは5号機では初めてだと思う

 

いろんな意味で衝撃できた

 

ZEUS verは僕は全く打たなかったです~純増が下がったのがどうも気になって気になって

 

 

レコード記録

 

スロットは18から打っているので歴は15年となる

 

今までに「万枚は何回だしたか?」は覚えてないですがそこまで多くはないと思う

 

実際に5号機で万枚って記憶に残ってるのが「リングにかけろ日本Jr」と「凱旋」の2回…

 

ブログ始めてからはこの凱旋での1回

 

 

 

17792枚

 

2017年8月15日の出来事でした

 

これが僕の歴代最高記録である

 

4号機でもここまでの枚数は出なかったし、ここまで出るとも思っていなかった

 

それが5号機で達成できるとも思わなかった

 

こうみると凱旋の力は凄いな~とは思う

 

ちなみにこれはマイホでの記録ですがそれ以降この記録を抜いた強者はいない

 

ゆえにマイホの「最高枚数記録者」の称号は持っている笑

 

 

まとめ

 

という過去の栄光を話になってしまいましたが「万枚を出す」というのは4号機より5号機の方が可能性は高いとは思ってます

 

4号機は一撃万枚というのはなかなか難しい…2撃3撃で達成するイメージ

 

それが5号機は一撃で出せる

 

個人的には凱旋が一番近いかな?とは思う…絆は無理だ笑

 

星矢は結構いけそうな感覚あるけど実際に「5000G分乗せる」と考えると厳しいかも…

 

ぜひぜひまだ万枚を出したことない方は「狙ってほしい」

 

一撃でなくてもチャンスあれば追ってほしいとは思う

 

やっぱりスロッターの夢であるしロマンの一つだとは思います

 

ってな感じでお昼の記事は終わります

 

あっ、あと半年は言い続けますが2019年中には必ず月下雷鳴で万枚はどこかではと思ってます

 

出来なかった時は批判の声の中で華麗にドラゴンスクリューで回されたいと思う笑

 

最新の実践記事も投稿してありますので読んでいただければと思います

 

 

お昼からも頑張ろう