ミラクル男こと・・・ゴマです

 

今回は久しぶりにAタイプの記事になります

 

僕のAタイプの記事と言えば毎度のことですがほぼほぼ台選びは「特徴的な台」しか打ちません

 

さらに今回はオカルト等を前面にだした記事です

 

このオカルトという言葉は僕は悪くないと思う…むしろ否定する意味がわからない

 

しかし、オカルトはオカルトだ…その上が経験則である

 

本記事は3/9実践記事最終章になります

 

—–sponsored link—–




 

前回までの実践模様

 

 

 

設定8です

 

前回までの実践模様は、オッケーのウルトラセブン打ったら全然OKではなかったという所まで…

 

「ノーオッケー」

 

と叫んでホール移動…

 

・・・

 

とりあえず現在の収支は-16.6Kですが気持ち的には「ノーオッケー」という今後、使えそうな言葉をGETしたと考えれば実質勝ちみたいなもの

 

しかし、「ありがとう」の一言よりも福沢の微笑みを大切に生きている33歳ですので必死に台を探す

 

・・・


「あぁ〜打てば勝てるわ!」

 

早くも勝利宣言した台がこちら!

 

 

 

ミラクルジャグラー

 

前任者が意図的にヤメたかのような1111回転でB5R7…合算で言えば1/92

 

ではここで皆さんに質問します


「皆さんはこのミラクルジャグラーを打ちますか?」

 

打つ打たないは人それぞれの感覚ですが、このような場合に僕は「自分が最初から打っていた場合はどうか?」とは考える

 

多分、最初から打っていた場合はドヤ顔三昧で両手を広げて「ジャグざんまい」と言っているだろう

 

ならば打つべきだと思う

 

むしろここで「打たない」という選択によって矛盾が起るならば「何か違う思考」が入っているということになる

 

この場面で「ぶとう確率次第で…」という話は少しおかしい!

 

だって今現在は分からないのだからそこを言い出したら極論、朝一からしか打てないということになるはず

 

少し揚げ足取りみたいに言ってしまったが、ここがギャンブルの一番難しい所であると思う


やっぱり「人が出した」という後は打ちにくい

 

当然、僕もその感覚はあるし「出ている台が出る」と考えるより「出なかった台が出る」と思ってしまう

 

と言っても実際に「出ている台が出る」「出なかった台が出る」のどちらに多く遭遇するのか?と言えば多くの人が頭の片隅ではわかっている…


けど、できない

 

本当に不思議だと思う

 

少し話を戻す

 

僕の経験則的にはこの台は確実にまだ出るとは思う(後出しだから言えるとかでもない)

 

設定はご覧のように設定8はありそうなのでミラクル高設定で問題なし

 

あとはどのような波を描くかだけだ

 

毎度の事ですが僕はぶとうはカウントしない

 

根拠はないが「6ならば」体感でわかる気はする(ならばという所が重要と思う)

 

そもそも「ぶとう確率」が僕の中での押し引きの問題にかかわることはない

 

僕の中ではAタイプはその程度の判別でいいと思ってる

 

ちなみに単独やらなんやらも気にすることもない

 

出玉面のみで推測していく

 

あとは長年研究し続けたオカルトとギャンブラーとしての感覚のみを頼る

 

っと、こんな感じで今までも通用してきたと思うので問題はないでしょう

 

ミラクルな展開を期待する

 

僕がAタイプを打てばほぼ負けてないの知ってる?

 

第2種電気工事士の資格だけ持ってるよ(使用したことない)


出陣!

 

—–sponsored link—–




 

波理論

 

Aタイプではなんだかんだで「波」というのは感じると思う

 

「異常に当たる、異常にハマる」

 

これがあるから楽しいのかもしれない…

 

だからこそ反転する瞬間というのを何かしらで察知しないといけないと思う

 

この反転とは「良い波→悪い波」「悪い波→良い波」である

 

この波をちょっと面白い見方があるので皆さんもぜひ試してみてほしい

 

・・・

 

・・・

 

ちなみに総回転1111G→5000Gまで打ちました

 

これを1000Gづつで割った場合にどのような感じなのか見ながら打ってみようと思う

 

・・・

 

 

 

投資2Kでペカった!

 

 

 

BIGで一安心

 

*ちなみに「ぶどう抜き」をやらないという怠慢はあるがその分、「人より1回多くペカらせばいいんでしょ?」という屁理屈ポジティブ感はある


「ペカ!ペカ!」

 

「ペカ!ペカ!」

 

いきなりビンビンに反応する

 

 

 

とりあえず約250回転でB3R1(合算は1/85まで下がってきた!)

 

GOMA「まずは並んだ!」

 

ここ重要なオカルトポイントです!

 

みなさんもお分かりだと思いますがある程度回した時点で「突き抜けたREGの先行」というのを途中で反転させるのはなかなか厳しい…むしろ追いつくのも難しい

 

なのでなるべく序盤でBIG先行、もしくは平行ぐらいにはしたい

 

「結局BIGがこなければ大きくは勝てない」

 

 

 

ペカペカだぞ!(合算1/81まできた!)

 

GOMA「ん~ちょっとBIGが濃くなってきたか?」

 

BIGが多い分にはいいが、BIGだけで乗り切れるほど甘くはない…また、長期戦を考えるといかにREGを途中で挟めるかも重要なのでもう少しREGが欲しい

 

・・・

 

 

 

いい♪ドヤバイぐらいにペカる(合算1/76まで下がった)

 

GOMA「これ確実に3000枚コースや!」

 

もう止まらない!止まらない

 

 

 

まずは2000G経過(現在の合算1/80)

 

これを整理すると

 

1000G経過時点のボナ確率=1/83(前任者)

 

1000G~2000G間のボナ確率=1/76(GOMA)

 

と、まずは2000G間は絶好調だったということになる(この時点で2000枚ぐらいかな?)

 

GOMA「そろそろ…」

 

僕の中でこの「2000G」というのは過去の経験上は反転のタイミングとは考えてます

 

注意点しても必ずしも打ちだしから2000Gというより「1000G経過で反転3000G経過で反転」というパターンもある

 

根拠はないですが、だいたい良くも悪くも「3時間」とは思う

 

 

ハマった分は…

 

予測している3000枚まであと少しとなってきた

 

*この「予測」って記事の中で「後出し」でもなく実際にツイッターで「3000枚は出る」と予言してます

 

本当に本当に3000枚出るとは思ってた

 

こうなるまでは…

 

・・・

 

・・・

 

 

 

笑顔の僕はありませんでした

 

2000G経過後、BIG1回だけ挟んで804Gまでハマりました

 

唯一の救いはBIGだったという所かな?(←これは大きいですよね~気持ちが全然違う!)

 

しかし、Aタイプって不思議なもので真の高設定は「ハマった分は返って来る」という法則はあると思う←オカルトポイント

 

GOMA「一度ペカれば、先ほどのハマリが嘘のようにペカる!」

 

理論でない!経験則で語る!

 

 

 

とりあえず3000G経過

 

2001G~3000G間ではB3R1でボーナス確率=1/250

 

再度、整理してみる

 

1000G経過時点のボナ確率=1/83(前任者)

 

1001G~2000G間のボナ確率=1/76(GOMA)

 

2001G~3000G間のボナ確率=1/250

 

どう思いますか?

 

・・・

 

しかし、ここから再度、息を抜き返す形となる

 

 

 

中段チェリーは嬉しかったです

 

 

 

確かに流れ星をみました!

 

この強烈なジャグ連でハマり分を全回収して再度急上昇開始

 

GOMA「もう一度3000枚の壁にアタック!」

 

・・・


…と、この時は思っていた…



・・・

 

・・・

 

 

 

615Gまでハマりました…(BIGではありました)

 

この時点で3000枚は諦めたし、これ以上はないなとは考え始めたのでヤメ時を探る

 

あくまでも僕の中では前半の状況を加味して「出るならば1/100を下回り続ける」とは思ってましたので1/100以上になった時点で「もうダメかな?」とは思う

 

だからと言って、すぐにはヤメることはない

 

基本的には「高設定の域を振り切ってボナ当たっている」ので悪くはない台ではある

 

 

 

4000G経過です

 

3001G~4000G間ではB5R1でボーナス確率=1/166

 

再再度、整理してみます

 

1000G経過時点のボナ確率=1/83(前任者)

 

1001G~2000G間のボナ確率=1/76(GOMA)

 

2001G~3000G間のボナ確率=1/250

 

3001G~4000G間のボナ確率=1/166

 

GOMA「ここから反転の可能性はある!」

 

・・・

 

ペカペカ!

 

GOMA「マジきた!」

 

・・・

 

 

 

5000G経過です…ヤメます

 

4001G~5000G間ではB3R4でボーナス確率=1/142と微妙なのもありますが

 

 

 

再度、ハマってしまったんですね(5000G経過時点)

 

4001G~4673G間で、ボナ7回引いてからのハマリなので諦めました

 

 

 

まとめ

 

 

1482枚

 

ミラクルジャグラー結果 +24.8K

 

3/9トータル実践結果 +8.2K

 

とりあえず、ミラクルラッキーでは勝てました!笑

 

設定はどうなんでしょうね?

 

高設定と言えば高設定だし低設定の誤爆と言えば誤爆ですね

 

他の機種でもそうですが例え高設定の挙動をしようが僕は基本的には確定要素がない限り設定に関しては断言はしたくない…結局わからないから!

 

そういう面を含めて自分でどう解釈するかが大事だと思う

 

正解はないとは思います

 

また僕はAタイプで勝ったら「全て設定6」でいいと思う!

 

だって勝つには設定6を振り切る勢いが必要だから!

 

むしろ設定なんか何でもいいから、合算1/100を切る勢いの台を打てばほぼほぼ負けるとは思えない

 

「出る台は出続ける!」

 

という様にたまにはAタイプもいいですね

 

あと、打てば負けないですね(これも経験則の賜物です笑)←勝てば何でも言うスタイルなり

 

まぁ~僕のどうでもいい戯言は横に置いておいてぜひぜひ「1000G」で区切って一度見てほしいです(過去の経験上1000Gが丁度いい)

 

結構、面白いとは思います

 

出玉グラフでは見れない「波」がそこにあると思います

 

ミラクル~♪

 

続きはこちら