人生も天昇したい男こと・・・ゴマです

 

本日の冒頭の雑談は「このペースだと…」という話

 

ここ最近の日々は「動画編集→動画編集→ブログ」という3日に1サイクルの形で動いている

 

このペースは結構、楽で…ちょうどいい感じでもある

 

が、それだと単純に月に10本の動画となってしまう…

 

ん~もう少し投稿したいのでもう少しペースを上げないともいけないかな?とも考えてます

 

まぁまぁ地道に地道にポツポツと行きたいと思います

 

そんな中でとりあえず今現在はいつも通りに「遊びを入れながらしっかりと打つ」という形では打っています

 

少しボーダーは上げ気味にはしてます(収益が止まっているので遊びきれないという面が大きいです)

 

が、もう少し自分にミッションを与えてみようかとは思う…また動画にも少しストーリーがあった方がいいかな?

 

ってことで、12月は「福沢1枚」のみで勝負

 

当然、いきなり4パチ20スロでは厳しい…そうなると低貸しからスタート

 

そして理想像はそこからコツコツと勝利を積み重ねて12月の中ごろには4パチ20スロに舞い戻りそこからサクッと勝利して年末の「競馬・競艇・競輪」に勝ち分をドカーンと入れてみる

 

ちょっと頑張ってみようかと思う

 

・・・

 

一応、方針というか「どうすれば可能性を広げれるか?」はいろいろ考えた結果、僕は1パチのミドルorライトミドルで攻めるとは思う

 

その後は明確には考えていませんがなんとか20Kまで勝ちを積み上げたら「20スロのリゼロに持っていく」

 

結局の所どこかでジャンプアップが必要と考えた場合にリゼロがいいかな?と思う…

 

しかし、ちょっと気になるのが「星矢SP」ってどうなの?

 

運任せの一発勝負ならばどちらがいいのか?とは考えてしまう…

 

ここに北斗という選択肢はでませんでした

 

さてさてどうなるやら…

 

本記事は前回の続きの動画になります

 

—–sponsored link—–




 

動画VER

 

 

 

パンチ力ないが…

 

前回までの実践は「GODイーターでスサノオと久しぶりに遊んだ」という所まで…

 

・・・

 

「やれるのか!オイ!」

 

・・・

 

6号機猪木の410Gを発見

 

GOMA「パンチ力ないけど…」

 

初打ちでATの弱さと間延び感から「1回打てば十分」と思いましたがここからならばリスクはないでしょう

 

引退試合はドン・フライを熱烈応援してた

 

なぜにグランドコブラを最後に選んだ?

 

卍じゃなんか?

 

行けばわかるさありがとう

 

出陣!

 

・・・

 

 

 

なにごともなく天井(721G)で当たり

 

天井は「CZが少し突破しやすい?」という曖昧な感じだったとは思います

 

 

 

あれ?これって…

 

 

 

当たってからでも突入するんだ!

 

「コロシアムZONE」は赤7が揃えば闘魂ボナ&闘魂RUSH

 

GOMA「決めれば闘わずATだぞ!」

 

・・・

 

 

 

猪木「揃えてみろよ!」

 

GOMA「揃えてみせます!」

 

という事で、瞬時に闘魂ボナGET

 

闘魂ボナ中は「リプレイ&レア役」で闘魂RUSHのストック抽選


リプレイ時の12.5%でストック=7揃い

 

 

 

リプレイ時は100%カットイン発生する感じですね(12.5%なのでなかなか揃わない)

 

結局、一度も揃うことなく終了

 

4闘魂の564枚で終了

 

GOMA「もう打つ事ないかな?」

 

やっぱりもっとATにパンチが欲しいですね

 

その後は軽く悪魔女ドラキュラを打ってREGでメダルを減らす

 

それでもGOD ETERでの勝利が大きく1782枚ありました(投資は11K)

 

この結果、朝一はサブホの星矢で勝利、マイホで追撃の勝利とできたので「再びサブホに戻る」

 

—–sponsored link—–




 

リベンジしたい

 

サブホに到着するなり次なる台を発見

 

 

 

前回が540GでCZスルーの北斗天昇を発見(現在0G)

 

GOMA「いけるでしょう!」

 

というより、今回打つのが2回目

 

前回は初打ちで北斗揃いを引くもまさかの1100枚ちょっと

 

ここ最近でた解析見ても「北斗揃い=昇天して当たり前」という感じもあるのに昇天できなかった

 

そうなると僕の中でも「一度は昇天したい」とは思ってくる

 

ってな感じで、今後「北斗天昇で何回CZ…何回ATに突入すれば昇天できるか?」をしっかりと数値を見ながら打っていこうと思います

 

いきなり昇天を狙ってるよ


出陣!



・・・

 

当たりは意外にも357Gで断松魔ZONEからHIT(昇舞×7)

 

GOMA「勝つのみ!」

 

1stではバトル7・小役3まで上昇

 

 

 

勝ったけど「そこで勝つ?」とツッコンでしまった

 

そんな余裕をかましていたら2ndでアッサリと敗北…

 

・・・

 

GOMA「ふざけるな!続行」

 

・・・

 

迷うことなく続行である

 

6号機は「有利区間継続があると次回パワーアップという流れがある」とは思うが僕にも「続行からはパワーアップ」が備わっている

 

GOMA「負けは全て演出!」

 

余裕があるからこそ初戦は負けるのが王者です

 

ってな感じで233GでHIT

 

GOMA「ここ勝負だぞ!」

 

・・・

 

 

 

こういうヒキは持っている

 

 

 

しかし、3SETの423枚

 

GOMA「弱い…ATが弱すぎる…」


一体どうすれば昇天できるの?とは思います

 

少ないですが持ちメダルできましたのでもう一度打ちます

 

北斗もリゼロと同様に低設定でも「いい展開の低設定」を打つ作戦で問題ないとは思う

 

多少、北斗の方が厳しいとは思う…それでも通用するとは思う(この辺りは動画で深く話しています)

 

この「ツインターボ作戦」は「コイン持ちの良さ」があるので通用するはなしで5号機や今後コイン持ちベースが下がってくるとこの作戦は通用しないでしょう

 

 

設定看板はいらない

 

少し北斗の設定看板に関して…

 

もう既にいろいろと情報が出ているので皆さんもいろいろ知っているとは思います

 

設定6は「ハズレ・ベル」でのCZ突破が異様とは聞いています

 

しかし、基本的には「打てば分かるのが6号機」という側面はある

 

実際にみなさんも台の遊戯内容などを見なくても「データグラフ」を見れば高設定の判別はできると思います

 

↑このことからそもそも「設定看板というのは打てばわかるレベル」という話に繋がるとは思います

 

ですのでそもそも「高設定があるのか?というホール選びが全てにある

 

設定判別より「ホール選択」

 

今の6号機のシステムを考えても「並んでいる時点…ホールに入った時点」でほぼ勝敗の大部分は決まっていると考えていいとは思います

 

本当、設定判別に力入れるより「高設定があるホールにまず行く」という一番の根本をどれだけクリアできるかの勝負とは思います

 

実践に戻ります

 

—–sponsored link—–




 

こっちがビビる

 

手持ち少ないですがちメダルできましたので続行です

 

401Gで当り(昇舞×8)

 

GOMA「フゥゥゥァッター!

 

・・・

 

・・・

 

 

 

「このタイミング」という感じで弱チェが活躍して勝利

 

 

 

通算4回目のATだよ

 

・・・

 

ATは2SET目以降が勝負ですので最初はしばしの休憩タイムでOK

 

・・・

 

 

 

現在556枚で保留色はそこそこ染まっている

 

GOMA「3個は最低でも…」

 

・・・

 

 


そこハズすの?

 

 

 

苦し紛れで「V」

 

GOMA「ヤバい!一気にアクセルいれと!」


ブォォォッォォン!

 

・・・

 

 

この場面の2チェはどうよ?なにかある?

 

・・・

 

 

 

なにもないんかよ!恩恵無し(保留に色の変化がおきやすとかがあるかな?)

 

678枚で終了

 

その後、4連続で敗北で北斗で16Kの負け

 

GOMA「帰る!」

 

 

まとめ

 

結果は今回も昇天が出来なかったという話でした笑

 

いつか必ずですね!

 

北斗通算結果

 

・総CZ・・・9回
・総AT・・・4回(赤3・北1)
・AT平均獲得枚数…735枚
・CZ勝率…44%
・CZ敗北ROUND…(1st…2回、2nd…2回、3rd…1回)