出るまで打ち続ける男こと・・・ゴマです

 

ちょっと久しぶりに僕にし書かないようなブログを書いてみます

 

まずは雑談から…

 

僕はスロットが日本一好きなスロッターと自負しているがそれ以前に「真のギャンブラーでありたい」とは思う

 

別に常に大金を賭けたいとかでもなく、賭ける人が凄いとは思わない

 

なので何を持って「真のギャンブラー」かは分からない

 

しかし、「閃き」は極限まで高めたい

 

その為に柔軟な考えが大事と思っていて僕はさまざまな数値や法則・心理等を調べたりすることは好きである

 

何度か話したことがある「リードの法則」

 

これは簡単な言葉で言うならば「1/2の確率を何度もやればやるほど実は1/2にならない」という様な話

 

確率で言えば1/2なのだからいつかは1/2になる

 

しかし、最初に10連勝した人がその後10連敗して1/2に戻るということはほぼない…当然逆も言える

 

スロットで言い換えれば「最初に運がよかったら勝てる、最初に運が悪かったら負ける」という話

 

まとめると全体で見れば1/2だが真の中間層は少なくなっているという感じ

 

ですので「運がよかった」というのはギャンブルにおいて「運が良かった」ではすまない話でもある

 

ここを利用して僕は「6号機は展開の良い低設定でも打ち続けろ!」という考え

 

機械割が100%切っていようが先手で抜ければ設定の割まで落ち続ける方が稀

 

スロットは回せても一日10000~8000Gほどと区切りがあるのも追い風である

 

勘違いしてはいけないのは好き好んで低設定を打つという話ではなく真横で高設定が空けば間違いなく移動する

 

そういう発想で僕はレバーを叩いている

 

せっかくなのでもう一つ面白い話

 

ちょっとあることが気になって検索してみた


「本命と穴はどちらが勝てるのか?」

 

明確な答えは分からないが検索して出てきたサイトを数か所見た結果、全体的には「やや穴より」ぐらいが一番よさそう

 

「こっちだ!」と答えるサイトは少なく「臨機応変に…どちらかと言えば穴の方が…本命は資金と忍耐力がいる」という感じ

 

この答えすらスロットに応用できる

 

要するにある程度は「一撃」がある台じゃないと勝ちにくいという話=勝った時に大きく

 

ですので「Aタイプで勝つ」というのは至難の技

 

勝ちやすいと思えそうな機種ほど落とし穴はある

 

実際に他のブログサイトを見てもサムライさん以外はなかなかAタイプは打たない…なんなら「沖ドキも打たない」人が多い

 

明確に「勝ちにくい」と思っている、そう感じているということだろう…

 

まぁまぁあとは皆さんがどう考えるか?

 

最後はどんな形でも「勝てば正義」と思っている

 

—–sponsored link—–




 

動画VER

 

 

 

設定狙い

 

1/11実践稼働になります(YOUTUBE内の日付はここが最新)

 

土曜日でしたので「設定狙い」を行う

 

正直「設定狙い」となるとマイホ・サブホでは厳しいので「遊べもっと…」に出陣

 

ここ最近はイベ日にかなり力入れているのは把握している

 

ちょっと僕の地域のイベ日に関して…

 

僕は以前から言っている様に愛知県の豊橋にいる

 

で、愛知と言えばライターさんがたびたびくる様なイメージがある人も多いかと思いますが現実には違う

 

愛知でも「東と西」では全然規制の強さが厳しい

 

特段、僕の豊橋は厳しく数年以上前から「ライターイベント」というのは「ない」*昨年の12月からやっと「抽選入場が解禁された」ぐらいです

 

それでも「イタチごっこ」なのがパチンコ業界

 

「商品入荷」がイベ日の合図である笑(あとはチラシ広告ありとかそんな感じ…)

 

・・・

 

ってな感じで「北斗天昇」に着席

 

やっぱり一度は設定6を掴みたい(後々、設定6は打ちますが今回ではない)

 

*今回の設定は最後に言います

 

初当たりは投資5Kで200ゾーン

 

GOMA「はい!高設定」

 

当然、信じ込む力というのは恐い…恐ろしいものである

 

だって沖ドキで20連している人の顔を見て見なよ…「チカって当たり前!」

 

北斗の設定判別の一つに「バトル内容」はよく聞くと思う

 

ここは間違いない

 

が、個人的には世間で言われている内容とは「少し違う」と感じている

 

「強さの入り方」

 

例えば「有利区間2回目の強敵バトル」ですが「見えない力」は働いている…ですのでハイエナが効いてくる

 

僕自身もそれは感じている

 

が、3rdバトルまで強いか?といわれると「そうなのか?」と思う

 

明らかに1st2ndまでの戦いと3rdバトルのガチ感の違いは感じる

 

ですので「どこまで強さが入っているか?」というのには注目している

 

結果的には設定判別するだけならば「ハズレ・ベル」の当選を見ていけば問題はないとは思う

 

1st2ndの内容より3rdバトルの内容に比重を置いているという感じ

 

*なんなら無理矢理ATまでもっていくような「確定強敵バトル」も内部的にはあると感じている…その際に当選契機を「ハズレ・ベル」で表記しているというような感じ

 

僕の中では自信はある

 

間違いないと思うぐらいに「どこまで強いか?」が設定に大きく左右する

 

なお設定6でも有利区間1回目は400G越えじゃないと「強さが入らない」とも言われています

 

*400ゾーンで強敵バトル敗北→400強敵バトル敗北はかなり設定6の期待度は落ちるというような感じ(強いと言われるバトルに2連続で負けている為)

 

GOMA「んなこと関係なく勝ちに行くよ」

 

 

 

1戦目は良い感じ

 

上記のように言っているがそれでも「ハズレ・ベル」の当選があると好材料とはする(柔軟な考えと自分本位に考えるタイプや!)

 

 

 

GOMA「もうやるしかない!」

 

あと1戦まできたならば設定どうとか強さとかではなく、とにかく勝つしかない

 

ここはジャグを打っていて「21時以降はREGはいらん」の精神と同様である

 

GOMA「誰で行こうかなぁ…」

 

「だれ?」

 

・・・

 

・・・

 

GOMA「気合だぁ!」

 

アニマルかっ!

 

・・・

 

・・・

 

 

 

GOMA「京子~」

 

もうシンが京子に見える

 

 

 

って感じで700枚ちょっと!

 

GOMA「先手とれたのでGOGO!」

 

設定判別も重要ですが大前提として「6号機の設定6は特徴的」というのは忘れてはいけない

 

ある程度は特徴的なグラフを作ってくるので必然的に「打てる展開」となる

 

何だかんだで「勝っている…粘れている」というのは大きな材料として捉えていいとは思う

 

実際に「これだ!」と分かるのが「示唆」しかないのはある

 

この後に「設定6」を打った時も「示唆がなければ分からない」とは感じました

 

—–sponsored link—–




 

 

ついに来た

 

そんな感じで続行

 

・・・

 

 

 

次も気持ちで強敵バトルに勝利

 

GOMA「気持ちで結果は変わる」

 

ハッキリ言って「誰が打っても一緒」という言葉には笑うしかない

 

「僕に打たしてみれば違いを感じさせるよ」というぐらいに違う

 

生まれ持った何かがある…と信じ込んでいる

 

 

 

1000枚越えて「V」

 

GOMA「昇天への挑戦権GET」

 

動画をご覧の方は知っているかと思いますが僕はまだ「昇天」はしたことがない

 

北斗揃いでも達成できなかったしAT性能が良くなるハイエナで30回ぐらいATに入れているがそれでも未体験

 

GOMA「いくぞ!」

 

ここがチャンスとばかりに運気を解放

 

・・・

 

 

 

次ゲームでスイカからV

 

GOMA「これは大きい!むしろ最後の赤をしっかり!」

 

・・・

 

 

 

うひょ~空気読んでくれた!

 

で、「昇天」へのラインは一応1200枚が基準とは言われている

 

が、この1200枚のラインも結構曖昧な所が多い

 

 

 

一般的には「転生ZONE」外で1200枚が一つのライン

 

ギリギリで1200枚に届くよりなるべく早めに1200枚に到達した方がいい

 

しかし、一応1400枚ぐらいまでは油断しない方がいいとは思う

 

というのが先日に記事とは違う実践で1200枚越えて「昇天いただいた!」と思ったら1270枚で叩き落された

 

それでもまずは「1200枚が目標でしょう」

 

 

 

初昇天できました

 

いや~打ち続ければ「いつかは出る」ということでしょう

 

GOMA「さぁ~続行続行」

 

若干「設定6はAT性能が弱い」という部分を見ると悪材料ではありますが既に上抜けしているのでこのまま打ち続ける

 

 

 

本日3回目の有利区間もATに繋げて11時の時点で3000枚突破

 

そして昇天から2時間30分後…

 

・・・

 

・・・

 

 

 

ラオウも昇天させておきました

 

*「修羅モードだとカイオウ昇天」「世紀末モードだとラオウ昇天」になる

 

そのまま勢いに乗って打ち続ける

 

 

 

有利区間9回連続AT達成で6500枚突破

 

有利区間10回目も有利区間内で「AT当選」を達成

 

バトル内容は申し分ないし、そこまでハマる(400抜け)という感じもない

 

なので一応「設定6」と思っていた

 

一つ懸念しているのが「ATがすこぶる強い」

 

*示唆は「高設定示唆が2回&3以上」

 

GOMA「設定なんか何でもいいから万枚狙う!」

 

・・・

 

と思ったらここから9連敗した笑

 

 

 

AT11回で打ち切って終わり

 

 

 

それでもほぼほぼ5000枚ぐらいは残りました

 

 

まとめ

 

AT内容

1.736枚:ヒョウ(偶数示唆)
2.2412枚:GOMA(MAX枚示唆)
3.499枚:レイ(高設定示唆)
4.487枚:サウザー(偶数示唆)
5.2412枚:GOMA(MAX枚示唆)
6.678枚:リン(高設定示唆)
7.638枚:シン(奇数示唆)
8.1060枚:ハン(奇数定示唆)
9.1081枚:シン(奇数示唆)
10.730枚:シン(奇数示唆)
11.約500枚:シン(奇数示唆)

*銀トロフィー(設定3以上)

 

自分の中では「設定3」とは判断しています

 

示唆も奇数よりもありますがさすがにこのATの強さは奇数かな?

 

「設定5」の可能性ですがこの実践の時に隣の台が設定5なんですよね~

 

それと比べるとやっぱり弱いかな?とは思う…456示唆もなかったし

 

けど、ワンチャン5の可能性もあるかもしれません

 

まぁ~勝てればOKかな?とは思います

 

・・・

 

一つだけAT性能に関して思うこと書いて終わります

 

「設定6はAT性能が弱い」といわれていますが結構「わからない」

 

ある程度引きが良ければ出ちゃうしそもそも設定6は平均700枚あるんだよね?(純増も大きく左右する)

 

そう考えると500枚ぐらいで終わるのはヒキが弱かったという部分はある

 

またATでどれだけ出せるか?…ある程度出していかないと設定6でも厳しい

 

その中で僕はたくさんハイエナしています

 

で、「有利区間2回目」は強敵バトルに強いというのもありますが「AT性能も優遇されている」というのがある

 

一般的な解析で出ている振り分けはトータル的な感じで「有利区間1回目」「有利区間2回目」でAT性能に違いは大きくある

 

で、低設定でハイエナしている=有利区間2回目を多々打っていると「500枚で終わる方が稀」ぐらいには思う

 

最低でも700枚以上はいただいたと思うし1000枚ぐらいも多々出る

 

ですので「有利区間2回目にAT性能が弱かった」というのは少し設定6の材料と見ていいかな?と僕は思ってます

 

何度も言いますが「示唆出ずに設定6と言い切る」のは厳しい*もっとも示唆はでやすい

 

その中で序盤は「低設定で起きることが起きない=高設定の可能性の高まる」という曖昧な感じも必要

 

最後は「どのみち設定6は打ち続けれる展開になることが大半」ということを忘れずに

 

そもそも有利区間内で「負ける方が珍しい」のが設定6

 

こういう時もあるを自分に当てはめるのではなく大半が…という部分を強調して

 

ではでは…またいつか…