る敗北者男こと・・・ゴマです

 

W杯を必死に応援はしましたが残念でした

 

「負けてしまった」

 

負け=敗北と言う言葉にフォーカスをあててみた記事になります

 

お昼ですのでくだらない記事になります

 

—–sponsored link—–




 

負けては意味がない?

 

そもそもW杯の結果とスロットの話を繋げることに温度差がある事は重々承知の上の話です

 

W杯を見た方も多いと思います

 

非常に期待できる展開に一喜一憂できた試合であったと思います

 

個人的には本田選手の最後のFKには感動しました

 

やっぱりものすごく期待したし、いろいろ言われても最後は皆さんに期待されるという場面に持っていけるという所に特別な何かを感じました

 

「やくやった!力を出し切った!」と思う人もいると思います

 

しかし、「負けてしまっては意味がない」という方もいると思います

 

どちらの意見もあるべきだと思うし、さまざまな声が今後の発展にもつながる一つではないでしょうか?

 

4年後はわかりませんが、日本が「W杯に行くのが当たり前」という感情が国民の片隅にあるような気もするので…

 

感動と夢をありがとう!けど…悔しいぃ~!

 

 

 

 

敗北を繋げる

 

一応、スロットブログですのでここから無理矢理スロットの話にこじつけて見よう

 

どんなことでも敗北から学ぶことはある

 

当然ながらスロットも同様であると思う

 

しかし、なかなか修復できないのもスロットの難しさでもある

 

僕は基本的にはスロットでは負けて帰ることが多いということがデータ的にも間違いない

 

勝率は約40%

 

ずーとそのぐらいならばそのような感じの打ち方なのだろうと思います

 

今更、打ち方を変えるつもりがないのでどういう風に持っていくかが重要か?

 

スロットは面白いことに勝率40%だから必ず負けるとは限らずトータル的には+になる可能性はある

 

当たり前の話ですが単純に負け額を勝った時に捲れば+になっていく

 

少しデータを出して見ていきたい(僕のデータ)です

 

 

 

今年では?

 

2018年も半分すぎたので結構データは集まっている

 

ブログ記事の時刻は6/27の途中ですので2018年1/1~6/26までとします

 

132戦51勝81負け…勝率約38%

 

ざっくりと-200野口ぐらいです

 

-200野口って÷6にするとほぼお毎月の小遣いぐらいんでちょうどいい具合に収まっている笑

 

また、51回勝っていますがこの勝ち額の平均が26,607円(1357000÷51)

 

勝った時は案外そこそこあるということだと思います

 

細かな計算はわかりませんが、パッと見だと

 

負けた時は1万円ぐらいの負けで済んでいけば問題はない感じなのか?

 

この辺りを今後は少し意識してみようかな笑(熱くなってすぐ忘れてそうですけど…)

 

皆さんも収支つけている方は一度やって見てはどうでしょうか?

 

僕の心はすでに

 

「10野口の負けは負けではない」というポジティブな心に変身しました

 

ちなみに今年の一日負け額TOP5は

 

1/4・・・-112,000

3/10・・・-87,000

2/1・・・-66,000

5/22・・・-47600

2/17・・・-46000

 

お昼からはデータを分析したようにお仕事を頑張りましょう

 

あと一つ…最後には必ず勝つことだけは間違いないと思ってます笑

 

全て負けは演出でヒーローは最後には勝つと思いアッパースイングで頑張ります