8か月ぶり男こと・・・ゴマです

 

どうも~久しぶりのゴマちゃん外伝の時間です笑

 

というのも、前回の更新が昨年の9月とかなり前でした

 

当時はこれを書くとアクセスが全然なかったので不安で不安でなかなか続きが書けませんでした

 

今はアクセスが弱い日も「そんな時もある」ぐらいにポジティブに捉えれるようになりました

 

どんなこともず~とはうなくいかないので壁に当たった時にどうするか?が重要ですね

 

僕自身ここからが踏ん張りどころと考えてます

 

お昼ですが外伝話です

—–sponsored link—–




 

前回までの外伝話はこちら

 

 

 

 

それでも一人で打つ

 

B君とのコンビ打ちをしたことでB君がただの暇人ではないということがわかった

 

「うん、この戦法ならば勝てる気がする」

 

単純だが、そのように当時は思った

 

だからと言って、毎回毎回一緒に打つということはまだこの時はありませんでした

 

ガッチリとコンビ打ちが始まるのはもう数か月後の「カイジ」が登場する頃である

 

 

 

大型店を攻める

 

学生生活も3か月過ぎて、季節はもうすぐ夏休みになろうかというぐらいになった

 

その頃になれば初めて彼女ができたりもした

 

平日は学校に行って、それ以外の時間は

 

彼女と遊ぶ、バイト、スロット

 

このどれかしかやってなかったが、これが最高に至福の時間であったと今でも思う

 

スロットの方は「設定が大事」ということはわかった

 

しかし、一応は学生なので朝からスロット屋へ行ける時は少ないのでイベントに毎回行くということはできない

 

「どうする?」

 

もうこの辺りからやみくもに打つだけでは勝てないことは薄々感じていてたと思う

 

そう思っていた時に「なんとか夕方からでも高設定に座りたい」

 

考えて考えた挙句に、ある秘策を思いついた

 

学校終わった後にすぐさま自転車に乗って、熱田イオンの横にある大きな大きなパチンコ屋に到着

 

僕のいけれる範囲では地域一番の台数が置いてある店だ

 

当然のように人も溢れんばかりいるので、万枚などは日常茶飯事に毎日出現していた

 

「大型店ならば夕方からでも高設定にありつける」と思った…これが秘策である

 

と、行ったはいいが困ったことが発生

 

「台数が多すぎてどこにあるかわからない…」

 

これは現代においても大型店ならではの悩みであると思う

 

それでもデータを見て自分なりにとりあえず打って見るが、そんなことで勝てるほどスロットは甘くない

 

結局は負けるのですが、数回通った時にビビビット、僕の中に電流が走った

 

「これ3日続けて回数ついてるよな?」

 

実際の設定などはわからないが、大当たり回数が多い台は3日間は回数がキープされている

 

この衝撃なことに気付いたと思い、店内をグルグル回って確認すると全てではないが高い確率でそういう傾向にある

 

 

—–sponsored link—–





 

B君に報告

 

謎が解けたという思いに興奮して、急いで自転車をこいでアパートに帰る

 

当然ながらカーブでは体を斜めにしながら曲がるぐらい

 

アパートにつくなり2階にいるB君の部屋に突撃

 

当然のごとく部屋に鍵などはしていない

 

GOMA「見つけた~必勝法を見つけたぞ」

 

B君「とりあえず、靴は脱ごうか?」

 

GOMA「悪い、悪い!それより凄いことに気付いてしまった」

 

B君「んにゃ?」

 

GOMA「キャッスルは3日間出続けるぞ!」

 

B君「んにゃ?」

 

GOMA「一度、出た台はその後2日間は出る傾向にあるということがわかった?」

 

GOMA「嘘ではなく真実だ!どう思う?」

 

 

世紀の大発見を堀田で叫ぶ少年にB君は少しの沈黙した後にこう言い放った…

 

・・・

 

・・・

 

B君「設定変更しきれないだけじゃない?」

 

GOMA「…どいうこと?」

 

意味が分からないことを言われると人間と言うものはここまで???となるのだろうか…

 

そんな僕にB君なりに優しく解説してくれた

 

・あれだけ台数ある大型店であれば高設定を使う可能性は高い

・台数があるゆえに毎回毎回、すべての台を設定変更はできない

・3日というサイクルで設定をいじることによって、その面をカバーしているのでは

 

という、隙がない回答を言われた

 

B君「けど、その発想は面白いとは思う」

 

僕はB君のこういう所がとっても好きだ

 

全てを否定するのでなく、いい点はいいと評価してくれる人である

 

となれば、後はこの法則に従って打つのみだ

 

 

けど、勝てない

 

次の日からバイトがない時はB君と「3日戦法」を掲げて出陣

 

・・・

 

・・・

 

勝てない!

 

正確には勝てないというより、勝ちきれないという感じだ

 

良い時も確かにこの法則ならば遭遇することは多くなったが、ストック時代ゆえに負ける時も大きい

 

結局、この戦法では勝てないのでジリ貧になりバイト生活からは抜けられなかった…

 

このように僕が作戦を考えて二人で実行するというスタイルは二人の学生生活が続く限り続きました

 

 

 

夏休みに突入

 

学校生活も1学期が終わり夏季休暇に突入

 

僕は地元には帰らずに名古屋にずーといたが、B君は早々に地元に帰っていった

 

さて、この長い長い夏休みをどう乗り切るか?

 

時間はある!とにかく時間はあるのだ

 

しかし、B君の支えはない

 

この後、夏休みであるパチプロに弟子入りを志願してスロッターとして大きく成長することになる…

 

次回へ…(不定期更新です)