もしスロットがなかったら、趣味が何も無い人生のゴマちゃんです
 

—–sponsored link—–





そう言っても、仕事はきちんとはやっているつもりでございます

 

10年以上前の学生時代の話をよくこのブログでさせてもらっているのですが

 

時系列が行ったり来たりしてるのでざっくりとスロットに出会ってからの話をしようと思いまして

 

 

【ゴマちゃん外伝】のシリーズで伝えていけたらと思います

(何話までいくかゴマちゃんも想像してません笑)

 

 

初めてスロットをやったのは、高校3年生の秋頃(10月?)ぐらいだったと思う

 

ちょうどあの伝説的な名機種「北斗の拳」が新台として登場したかしないかぐらいだった記憶があります

 

4号機の全盛期ですね

 

 

高校生の発想は凄い

 

 

当時は高校生活とバイトにひたすら汗水流していたのですが、ある時

 

 

 

「自転車で京都に行こう」

 

 

 

と、思って一人で行くことにしました

(ラーメンの漫画見てたら、京都ラーメンがおいしいみたいなこと書いてあったから笑)

 

 

ちなみに、豊橋から京都駅までは約180キロぐらいあります笑

(実際に、本当に一人で行きました、この話はまたいつか笑)

 

 

 

行くにあたり、途中で自転車に不備があってはいけないと思い、夕方デパートに自転車を買いに行ったんですよ

 

 

自転車を買って、家まで乗ってくのがめんどくさいので父親に電話

 

ゴマ「家まで、〇〇デパートにいるんだけど、自転車を運んでよ」

 

ゴマ父「今、スロットで出ちゃってるからすぐにはいけんぞ」

—–sponsored link—–





 

ゴマ「困ったな、、、」

 

ゴマ父「ちょうど、デパートの目の前のパチンコ屋にいるから、ちょっとこい」

 

 

初スロット

 

 

ゴマ父「今でとるから、代わりに打ってみろ」

 

ゴマ「打ち方とかわからんぞ」

 

ゴマ父「左から押してれば、ドンドンメダルが出てくるで大丈夫」

 

ゴマ「おぉ、わかったよ」

 

ゴマ父「俺は他の台を打ってるからな」

 

そんなこんなで、わけもわからずにスロット台の前に座り、ボタンを押す!

 

押すたびにどんどんメダルが出てきた

 

 

まったく楽しくない

 

本気でそう思いました

 

ちなみに打った台は、ベルコの「ベルラッシュR」です

(マイナーすぎる台ですね)
 

一時間ぐらい経っただろうか、連チャンは終わり、即やめて父親と帰ることに

 

ごま父「勝ったからこれ、やるよ」

 
父親は3万円くれました

 

 

「どやべぇ~~~~じゃん」

 

 

あまりにも大金GETに大興奮のゴマちゃん

 

バイトで時給800円で、月に5万円稼ぐのに必死だった当時のゴマちゃんに

 

一時間弱で3万円

 

 

ここで人生観が変わりましたね笑

 

その日の夜、布団の中でこう思いました

 

スロットって簡単にお金増えるな・・・

 

 

こうして、スロットの世界に入りこんだゴマちゃんでした

 

続きはこちらから↓↓↓

 

—–sponsored link—–

↓他のメシウマ日記が読みたい方はこちらから↓ にほんブログ村テーマ 大負けメシウマ逝った委員会へ

大負けメシウマ逝った委員会

↓他のメシマズ日記はこちらから↓ にほんブログ村テーマ 大勝ちメシマズ委員会へ

大勝ちメシマズ委員会

↓↓応援PUSHお願いします↓↓


にほんブログ村