数年高設定は打ってない男こと・・・ゴマです

 

本日は午前中から喉が痛いので「耳鼻科」に行ってきた

 

当然、僕が信頼する自ら「名医」と豪語している先生のもとへ…

 

GOMA「喉が痛いんですよ~すぐにでも治したいのですが…」

 

名医「どれどれ…あぁ~~これは…呼吸困難一歩手前だよ!」


GOMA「呼吸困難?」

 

名医「もうちょっとで手遅れ寸前!」

 

GOMA「えっ?最悪もありえたという事ですか?」

 

名医「・・・!」

 

まさか名医が言葉がでないぐらいだったとは…

 

というように、ひょっとして天国モードに突入しそうでしたが名医による復活演出によって今日もブログ活動が行えています

 

正直、軽く話は盛ってるけど、大筋は間違っていないです笑

 

多分毎日通えば「名医とGOMAの会話」でブログが作れそう

 

お昼ですのでくだらない記事になります

 

—–sponsored link—–




 

前回のくだらない記事

 

 

 

月下の設定判別

 

僕の2019年のメイン機種としている「月下雷鳴」

 

ここ最近も月下の記事は多くなってきました

 

そんな中、「GOMAちゃん目線からの月下の設定判別」だけの記事を書いてほしいという要望がありました

 

結構、地域によっては月下に高設定を入れているホールも多いらしいです

 

まず最初に言いたいのは、「僕は月下の高設定を打ったことがない」

 

しかし、「高設定の様な挙動はさせたことはある!」笑

 

また、そもそも多くの実践で設定を意識はすることはないです

 

これは僕の実践では「どんな設定でもいい…設定1でも全然OK」という考えがあります

 

前にも言いましたが、僕みたいな短時間実践の場合は設定の恩恵を感じれるほどまではないというのがあります

 

それでも「設定は設定と思う部分もある」ので高設定のイメージは常に頭の中には入れてます

 

そういう中でちょっと僕なりに書いてみます!

 

*最初はグダグダと大好きなスロット話しているので重要点だけ知りたい人は下の方までスキップしてください

 

*あくまでも「設定6」を判別しにいきます

 

 

 

高設定は何?

 

判別ポイントの前に僕の月下の設定に対する考え…

 

まず僕の中では月下の高設定は「設定6のみ」が高設定であとの設定1~5は「設定があってもない程度」ぐらいの感覚しかない

 

なので設定6を判別するしかない

 

他の設定は基本的には展開1本だと思ってる

 

ある程度「モード移行」「規定G数」でいい方に傾けば低設定でも高設定の数値になるし、高設定でも少し展開悪ければ数値的に低設定の判断が出てしまう

 

これは高設定ほど「ハマリにくい…」「連しやすい…」という感じで「ハマらない」「連する」という感じではない

 

これが設定6だと「ハマらない」「連する」と思うレベルの数値

 

設定6=EX設定ぐらいに思うし、「設定6で負けるとは思えない」と思ってます

 

「モンスターを狩れなければ負けるのでは?」という点には数こなせばそれなりになるとは思います

 

自力型と言ってもなんだかんだでソコソコの数値には収まると感じてます

 

—–sponsored link—–




 

基本的な判別

 

まずは設定56が確定する演出を今一度!

 

・終了画面等で「congratulation」(ほぼ設定6)

・「177G~192G」でゲーム数解除

・連続で同一モンスター

 

 

設定6が確定する演出

 

・ボーナス確定画面でエンタライナ

 

 

設定3以上が確定する演出

 

・ボーナス終了画面で「アキラ」

 

 

設定1or4or5or6の可能性が高くなる演出

 

・ボーナス終了画面で「さくや」

 

一発で判別系はざっくりとはこんな感じかな?

 

「アキラ」と「さくや」は出れば~という感じぐらいの補足的でいいとは思う…(YOU君の高設定ほど出やすいはスルーしていい)

 

重要なのは「ゲーム数解除での当選Gで設定56確定する」事は覚えておきたい

 

これって要するに「137G〜152G」から前兆が始まるという事になる

 

ですので…始まった瞬間に「当たり&設定56」と思っていい

 

ここでのフェイクはほぼ発生しない数値ですので前兆に入った瞬間にドヤ顔OKです(ハズレたらクールポコ的に「やっちまったな!」でOK)

 

 

天国は分からない

 

「128G以内で当たった=天国」と決めつけるのはよくないと思う

 

高設定になればなるほど正確にモードBと区別がつけれない



まず天国モードのG数振り分けが「1~64:65~128」=「50:50」という感じに前後に均等に振り分けられている(細かくは違いますがこのイメージでOK)

 

覚えておきたい所は、後半は「121G~124G:125G~128G」=「50:50」で均等に振り分けられていて、差がない!


重要なのでもう一度…「差がない」

 

次に設定6のモードBの振り分けがなかなか凄い(ここ重要!)

 

「1~64Gに約10%」、「125~128Gに」=「約18%」

 

覚えておきたい所は、「121G~124G」に振り分けがない(正確には0.2%はある)

 

と言うように、設定6の場合は必然的に「125G~128G」で当たりやすい状況になる

 

・・・

 

・設定6のモードBと天国を重ねたループは強烈である

 

モードBでも128G以内は約30%で当たり、天国への移行率は55%

 

天国からの移行率は、天国キープが約35%でモードBへ約30%で移行

 

なにかしら1/3を成功すれば128G以内に当たるということになる

 

 

即前兆ハズレ

 

あとはボナ後の即前兆ハズレは結構、信用できるのでは?と思う

 

というより、自分が遭遇したことない

 

低設定ばかり打っている自分が遭遇していないので、遭遇すれば高設定の匂いはしそう…

 

 

 

その他

 

後の設定差の部分はそこまで差を感じれるレベルではないよいうか、「55:45」ぐらいの出やすさなのでどっちにも転ぶとは思う

 

 

まとめ

 

「125~128G」での当たりは要注目!

 

っていう感じで、ほぼほぼ分からないと思う笑(結局それ?)

 

「なぜかハマらない、なぜか連する」

 

こんな風にいつもとの違和感が設定6になると思う

 

あいまいな部分が多いですが、それが月下!

 

最後は…狩れば全てが丸く収まるでしょう!

 

こんな感じでひつからも緩く頑張ろう!

 

次のくだらない記事