屁理屈男こと・・・ゴマです

 

昨夜は北斗の記事を投稿した後に「動画編集だ~」と気合入った瞬間から記憶がないです…

 

寝落ちですね笑

 

本当、一瞬気を抜いた瞬間に寝てしまう…

 

僕は今までの人生で24時間以上起きっぱなしは一度もないです

 

今年のオールナイトスロットに行った時も途中で車で寝てしまいました笑

 

いつかは24時間起きっぱなしをやって見たいが…

 

あと、もう一つ業務連絡です

 

 

 

配送がまだの方のTシャツが出来上がりました

 

随時、配送していきます

 

LINEで住所などを教えてもらった人は再度、連絡します(携帯変えたら履歴が消えてしまいました)

 

よろしくお願いします

 

お昼ですのでくだらない記事になります

—–sponsored link—–




 

前回の番長の謎話

 

 

 

 

前回を振り返って…

 

数日前に記事にした、番長の謎話シリーズはまさかのコメントが0という最近では珍しい出来事でありました

 

くだらな過ぎたのか、まったく面白くなかったかの2択のどちらかと思うのですが…

 

そのぐらいではめげません

 

鋼鉄のメンタルとロビンマスクの冷静さを備え、宇野徹のようなおっちょちょこさがある僕は今日もお昼の記事に向かう…

 

 

 

勝ち=価値?

 

 

轟高校の体育館は観戦設備が整っているのでよく試合に使われる。
今大会では轟高校のバトミントン部は部員不足により危うく棄権するとこだったが、轟が助っ人として参戦。
ライバルの猛攻に立ち向かう

 

上記のようにバトミントンコートについて書かれている

 

まさかのバトミントン部の部員不足問題が発生しているという状況にビックリした

 

探索部になどはこのような問題が発生してないことから、非常に部員確保に各部、気合を入れて行っているという背景が容易に想像できるだろう…

 

そんな部員確保に失敗したバトミントン部に助けに来た轟は「助っ人的な立場」であるという事になる

 

野球でもサッカーでも「助っ人」は成果を上げてこそ「助っ人の価値」が出るというものだ

 

勝ち=価値・・・負けたら次はないと思うべきだと思う…

 

 

 

食べるは最高♪

 

 

轟高校では、食こそが漢の活力の源であるという教育哲学に基づき、調理実習は全校生徒必修科目になっている。
そのため料理修行に邁進する漢も多く、ここ家庭科室は究極を目指す漢達が腕を競う闘技場と化すことがよくある

 

「腹が減っては戦はできぬ」という言葉があるように食・食べるという事は人間にとって大切なことである

 

その部分を、教育哲学という点も素晴らしい

 

しかし、食べるという所にスポットが当たっているかと思いきや「作る」という、反対側からの目線を重視しているとは

 

さすが轟高校…目のつけ所が素晴らしい

 

ちなみに僕が小学6年生の時に給食で「グリンピースごはん」が出た時に、クラスの大半の子が残していることに担任の先生がめっちゃ怒って

 

「グリンピースを配る鬼」に変身してました笑

 

そんな担任の先生に2年前ぐらいだったかな~仕事先で偶然あった時にその話をしたら「あの時は若かった」と言っていました笑

 

僕は好き嫌いがないのでグリンピースだろうが食べてたのですが…

 

 

—–sponsored link—–





 

不良子こそ相撲

 

 

スポーツ教育に力を入れている轟高校には相撲専用施設もある。
他校の生徒にも広く利用を促しているのでいつもぶつかり稽古や練習試合で賑わっている。
血気盛んな不良生徒の飛び入り参加もよくあるらしい

 

と、土壌に関してには書いてある

 

この辺りからは轟高校は勉強と言うよりはスポーツ系の高校ということがわかる

 

よくよく考えてもあまり勉強している風景は見られない

 

そもそも轟は教室では寝ているばかり

 

また、他校にもオープンな心で場所を提供している点も注目したい

 

そして何より不良生徒の飛び入り参加がよくあるらしい…

 

「あ~ちょっと、ぶつかってひねってやるから見とれよ!」てきな感じで参加してるんだろうな~

 

ということで、大相撲対決では「軽くひねってやる」という不良になった気分で挑んでほしいと思う

 

 

 

まとめ

 

今後も番長の謎にはどんどん迫っていきたいと思います

 

ただ適当な所を言っているのではなくこれも全て「番長での万枚」への過程の一つである…

 

いつか必ず爆発させるぞ…

 

アツいけど、昼からも不良ぐらい気合入れて頑張ろう♪