三本の矢・・・ゴマです

 

てんてんドンドン、、、てん・ドン・ドン♪

 

てんてんドンドン、、、てん・ドン・ドン♪

 

今日も元気にやっておりますか?お昼の時間です!

 

コンビニでお弁当買うと高いよね?

 

スロットで1000円…2000円…と、じゃぶじゃぶ使っていきますが日常生活では100円200円の違いで躊躇うことも多々あると思う

 

冷静に考えると1G回すのに60円ってスゴイよな~

 

うまい棒6本ってところだよ!

 

うまい棒で思いだしたのが子供の頃に行っていた駄菓子屋

 

僕が行っていた駄菓子屋さんは優しそうなおばぁちゃんが営んでいました

 

そんなGOMA少年は10円?20円?の棒ジュースを買った

 

くじ付きなので「当たり」がでればもう1本頂けるのですが…

 

1回目の当たり・・・ハイ!と笑顔で渡される

 

渡された棒ジュースを手にして駄菓子屋の外へ…

 

「当たった~」と再び店内へ

 

2回目の当たり・・・「凄いね!」と少しびっくりした顔で渡される

 

再び当たる

 

3回目の当たり・・・「名前は?」と聞きながら、渡される

 

再び当たる

 

4回目の当たり・・・「もう当たりはないよ」とまさかのハウスルールを発動

 

というような経験があったのを久しぶりに思いだしました

 

昼ですのでさらにどうでもいい記事です

 

—–sponsored link—–




 

三人衆

 

「三本の矢の教え」

 

皆さんも一度は聞いたことあると思うのですが、諸説はいろいろありますが「戦国随一の知将と言われた毛利元就」が行ったとされる通説がある

 

一本の矢では簡単に折れるが、三本では折れない

 

素晴らしい例え方だと現代の僕ですら思う

 

当然のようにスロットにもその魂は受け継がれてることはお気づきだろうか?

 

「番長3」では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように素晴らしい三人衆によって、番長シリーズが長く愛されていることは間違いない

 

「サキ・ノリオ・チャッピーは忘れてないか?」と思う方もいるかもしれないが毎度毎度

 

「メンコで弾かれる」、「バトミントンで吹き飛ばされる」、「相撲で投げ飛ばされる」

 

 

こんなことをされ続ければ、仏のGOMAですら鬼になろう

 

 

番長を越える三人衆は?

 

番長を越える三人衆を僕の中で考えたのですが、定番になってしまいますが

 

 

 

ケンシロウ

 

 

 

トキ

 

 

 

ラオウ

 

 

当然、この北斗三兄弟で成り立っていると言ってもいいのでは?と思う

 

 

忘れていないか?

 

「シン・サウザー・ジャギを忘れてないか?」と思う方もいるかもしれないが毎度毎度

 

「南斗キックでグハァと言わされる」、「南斗クロスチョップでグハァと言わされる」

 

こんなことをされ続ければ、天使のGOMAですら悪魔になろう

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

 

「GOMA~俺の名を言って見ろ・・・」

 

 

お昼からもお仕事・学業・家族サービス・遊び・スロット・恋愛などなどいろいろ頑張ろう!

 

みんなで今日も楽しくいこうぜ!