愛姫を打ってない男こと・・・ゴマです

 

特に何ということもない雑談の記事です

 

3月に入ってから忙しかったこともありあまり稼働ができていないのですが、勝ててもない笑

 

この辺りはもうすぐ「2月の収支報告会」という記事で話そうとは思う

 

勝てないのはそういう時期もあるのでしょうがないと思うのですが「どうも打つ気力がなくなっている」というのが正直なところ

 

と言ってもまったくホールにいっていないとかではなく、ホールに行く→「打てる台がない」→軽く1パチ→3K負ける→はい!帰宅!

 

多分ですが「打ちたい台がない」というのが一番とは思う

 

僕の中で「勝つ負ける」も大事なのですがそれ以上に「この機種で出してやる」という気持ちがないと…

 

ってな感じで、少しYOUTUBEの作成の合間にPCを叩いているという感じである

 

少し「今話題の愛姫騒動について…」書いていこうと思う

 

—–sponsored link—–




 

 

最新動画はこちら

メインはYOUTUBEです

 

 

愛姫騒動

 

「愛姫騒動」を知らない方に軽く説明すると、少し前に新台で登場した「いろはに愛姫」の撤去がどんどん始まっているという感じ

 

撤去でなくても、「とりあえず次の入替えまで稼働停止中にしてある」ホールもあるとは聞く

 

理由としてはさまざまなことがあれど根本的には「甘い」という置いてのが主な理由

 

「儲けれない」機種をいつまでもホールが置いておかないということでしょう

 

ちなみに機種台は45万とは聞いている(違ってたらゴメン…)

 

それでも今後の「番長2」の下取りで10万ぐらいとかなんやらみたいな感じ

 

それでも単純な差額で35マンかぁ~大きいですね

 

*↑こうやって考えると「ホールの経営」ってかなり厳しいですね

 

・・・

 

が、こういう事ってのそんなに珍しい話というより「数年に1回はある話」でもある

 

というか「スロットの風物詩みたいなものである」

 

もっとも今回のように「甘い」という話もあれば「辛い」という台もあれば「本当に謎のバグ」や「コピー打法」などなど多種多様

 

直近の「甘い台」と言えば5号機の「サクラ大戦」はみなさんの記憶に新しいところなか…あまり打ってないので割愛…

 

・・・

 

僕も先日34歳になりスロット歴16年ですので過去の「辛い台」を紹介する

 

と言っても「辛い台」というのは珍しくなく日常的にポツポツある

 

もっともそろそろ皆さんの記憶から風化されそうな6号機の「ザクザク七福神」のボナ確率は忘れないように

 

そういう中で鮮明に…一番記憶に残っているのは「4号機のポパイ」

 

マジで無理!ヒキ強い僕でも「さすがに無理」と思った

 

とりあえず「毎日456以上は当たり前田」で「全6のホールも普通にある」

 

なのにマジで勝てないという台であった(正確には出し方の何度が高いという感じです)

 

僕の中では「ポパイ事件」というぐらいである

 

もう少し深く話す

 

これって単純に「そういう台があった」という話ではなく「あまりにも登場した時期が悪かった」という側面がある

 

・・・

 

「北斗の拳」のブームの後に最初に出した台なのである(正確な順番は北斗の拳→ワンタッチャブル→ポパイですがワンタッチャブルはほぼ無かったことにされてます…)

 

当然、期待度はスロッターもホールも最高潮だった

 

正確な導入台数は調べても出てこなかったのですがそれでも「最低でも5万台~8万台」は導入はあったとは推測できる

 

数値を言ってもパッとわからないと思いますが「リゼロが7万~8万台」ぐらいと思います

 

この台数が新台から数日すると「辛い台」と判明して「高設定でも誰も打たない」という現象になりました

 

「ほうれん草食べれば爆連!」とかの冗談などを言えるレベルではないです

 

ちなみに「ポパイ」の後に出たのが「ウルトラマン倶楽部ST」でしたがこれまた大コケでした

 

ここで若い世代…僕より若い20代の方に一つだけ伝えておきたいのが「ウルトラマン倶楽部」のことを「マンクラ」と呼ぶ

 

しかし、名機なのに5号機になってから今現在まで「ウルトラマン倶楽部」の後継機は出ていない

 

ここは版権の問題ではないとは思うが基本的に「サミー系」って「一度コケると後継機をなかなか出さない」のもありますね

 

 

無限のバグ

 

もうちょっとどうでもいい知識を教えましょう

 

「永遠=無限にARTが終わらないバグが5号機でもあった」

 

2027

 

非常に人気がある台だし今でも「後継機が出ないか?」と思っている1台ではある

 

「無限の話」の前にこの2027でスロット台の中身に変化したことがある

 

この「2027」にはたくさんのバグがあった中の一つに「AT終了画面でリセットボタンを押すとATが再始動(復活)する」というバグ的なゴトが流行った

 

台を開けてボタンを押すだけだから一瞬である

 

これ以降にリセットボタンに蓋がされるようになったらしいです(メダル詰まりやコイン補給後に店員さんが押すボタンです)

 

で、「無限ART」なんですがARTを800G継続させたのちに1/16384でひける単JACを引けば突入らしい

 

らしい…と言っているのはそういう情報がネットに出てるのですが「バグなのに誰がその突入経路を解明したのか?」と思うので「らしい…」と書いている

 

ネットの情報=正しいと信じ切るほど怖いものはない

 

それでも「無限ART」は本当に実在していくつも「一撃万枚超え」の画像はあったので無限は真実である

 

1SET20Gで最高継続率95%でしたのでさすがに永遠に続くというのは限度ある…

 

というように、「何かしらの現象があるとスロットは進化していく」という側面もありますね

 

 

—–sponsored link—–




 

 

強制終了?

 

再び「愛姫」の話に戻す

 

先日、愛姫に関して「ART中に稼働を停止させられた」という話がツイッター内でザワザワしていた

 

 

まとめサイト等にもまとめられていた

 

要するに「甘い」がゆえに「ホール側がART中なのに稼働停止させた」

 

まずこれが「真実か?」「嘘か?」となりますが、これは嘘ではないとは思う

 

もっとも情報発信をした方は会ったことがある方で嘘つくような感じもしないですし、今回の話に嘘をつくメリットがない点もある

 

仮に嘘だったら強烈に「揚げ足を取りに行く」けどね…

 

まぁこのままでは話が進まないのでこの話が「真実であった」という流れで話していく

 

・・・

 

まず最初に「稼働停止された」という話はかわいそう…かわいそうですが別に「100%ホールがいけない・悪い」という話でもないとは思う

 

基本的にハウスルールがある限りパチンコ屋が「止めようと思えばいつでも遊戯は止めれる」というのはある

 

例えば「プロとみなした」と言われればそれまでだと思う

 

この辺りはみなさんも最低限は把握しておいたほうがいい

 

別に「お客様が神様」という話ではないし…なんなら「適度に勝って最終的に負けてくれる常連」がホールに一番欲しいお客である

 

*それでも普通は…普通にしていればまず「止められる」ことはないですね

 

またこういう話は珍しいことでもなく、理由はいろいろあれど結構耳にするし、そのたびに「拡散してやる」という感じでホールを晒す人もいるが「ほぼ意味はない」とは思う

 

よっぽどのインフルエンサーの人が言わない限り「ホールに大したダメージ」」にはならないし、本人の見バレのリスクの方が上がりま

 

一日二日は話題になるかもしれませんが2週間すれば無風です

 

くれぐれも周りに煽りに調子に乗らないように…

 

・・・

 

で、今回の話をさら~と呼んでいくと「それなりに稼働を止められる理由はないことはない」とは思いました

 

一番の要因は「二日連続で打っていた」というのは大きな要因でしょう

 

その中で「二日目のART中で止められた」という部分は面白い

 

一日目は+2500枚で二日目はマイナスからの±0ラインに到達…ここで止められた

 

これは面白いですね~マイナス中は打たせるけどラインになると判断した瞬間に止める

 

「勝たせない」というホールの執念すら感じる

 

・・・

 

「やりすぎの客はホールが成敗する」

 

別に普通のことだとは思うしホールにとっては大事なことである

 

今回はそれに該当したということですし、そう感じさせたという点がマズかったのでは?と思う

 

・・・

 

・・・

 

が、ホールもホールである

 

ハッキリ言って「ホールはパチンコに関してはプロ中のプロ」という中で経営しているならば今回の愛姫がいつかはこういう可能性になるということが容易に想像できたとは思う

 

ならばこのやり方はあまりにも下手すぎる

 

煙が立つやり方で成敗している時点でリスクがありすぎる

 

そういう意味で下手である

 

 

まとめ

 

愛姫打つならば働いた方が楽に稼げる

 

↑えぇ~ここが一番言いたいところです

 

それでも悪くはないとは思います…確かに「甘い」と感じるデータは多々ありますね

 

ぜひぜひ打てるうちに打つのもありかもしれませんね