ギャンブラーは日々勉強男こと・・・ゴマです

 

この記事は「ギャンブラーとして強くなりたい」「スロットで負けている人」に向けて書いている記事です

 

↑ってな感じで煽りながら書いてますが、本当に実践記事ではないです

 

雑談から…

 

ギャンブルをこえなく愛している方やギャンブラーの方は一度はこんな言葉を聞いたことはあると思う

 

「予想は嘘だ!」

 

世の中の「こうであろう…こうなるであろう」というのは嘘な話が多い

 

多くの方が「そんなことは当たり前田前田」と思いますが、現実に信じ込む人というのは限りなく多い

 

実際に「予想」という言葉を反対から読むと「うそよ」という言葉に繋がる

 

まぁ、居酒屋等でよく聞く話の一つでもありますね

 

そんな感じで「予想」の話より「予想を踏まえて実際の話に着眼点」を持ちながらギャンブルというのはやった方がいいとは思う

 

 

—–sponsored link—–




 

 

現実は無理

 

僕はずぅ~と「期待値」という言葉をブログ内では否定し続けている

 

じゃ~実際に「自分はどうなのか?」といえば「据え据えを使ったハイエナがメイン」というのが実情

 

基本路線はここがあるのは間違い

 

しかし、僕は「期待を積めば勝てる」とは言いたくはない…そうは思うがそうするには現実的に厳しいというのが実情にはある

 

・・・

 

僕は基本的に「凱旋」は打たない(と言って、次の新作動画は凱旋なんだけどね)

 

機種自体は勝ちやすいとは思う…600Gぐらい見つければ一応は問題ない

 

が、ある程度の数を打ち続けれる資本力が必要となる

 

ここが現実的には厳しい

 

実際に20K越えての天井恩恵を掴みに行くという機種はほぼほぼ「ギャンブル」である

 

お小遣い3万とかで挑んだ場合で負けた時に「期待値はあったから」と思えるか?


絶対に思えない

 

勝てば当然「やっぱりハマリ台」とは思うだろう

 

なので「期待値があろうがなかろうが打たないのが賢明」という選択肢があってもいいとは思う

 

というように、資金というのが厳しい

 

けど、いつまでもそうは言っていられない…どこかで這い上がりたいとも思う方も多いでしょう

 

僕自身で言うと、別にお金持ちでもないのでめちゃくちゃ資金があるという感じではないですが「パンクはしない」という程度は持っている

 

それでもスロット&競輪で「負けが重なる」と「そろそろヤバァイ」と思っている時は多々あるのも実情です

 

そういう中で「少ない資金の時にどうやって成り上がるか?」というのは物凄く研究はしている

 

それを今回、お伝えしようと思う

 

 

勝負をかける瞬間

 


先に言っておきますが「必ず成功する」という話ではない

 

資金が少ない時に「MBを拾う」という話を言う人がいるが「いつまでかかればいんんだよ」とは思う

 

超長期的にではなく「今資金を増やしたい」のだから無理な話だ

 

言葉的には100%勝つ方法ですので間違いはないけど、僕から言わせれば論外な話

 

「まずはお金を貯めてから」という話をする人も言うけれど「貯めれるならば苦労はしない」という話でまったく話にならない

 

そもそもそこまで待てれるならば人生苦労しない笑

 

では、資金が「1万円」としましょう

 

「どういう選択をしますか?」

 

ここは僕自身が昨年の12月に挑戦してみて僕は「1パチのミドル機」を選択した

 

別に釘がいいとかそうではなく「まずは20K勝ちたい」と考えたから

 

20Kあれば今の6号機ならばどんな機種でも天井までは追えるので「一回は勝負できる」

 

*結果的には1パチの「PGODイーター」で万発越えてリゼロで一発でMAX枚を勝ちとり企画は終わったという話

 

↑この時は結果はすばらしいですが「こんなことは稀の中の稀」とは思う

 

しかし、どこに勝因があったかと考えた時に僕は「勝負できたから」とは思う

 

*運よくパチンコで勝てたからリゼロで勝てたからという話で終わるのは考えが浅すぎる

 

この「勝負した」というのがスロットでは重要

 

では、どうして「1パチを選んだのか?」という話

 

例えば資金1万円で「Aタイプ」というのは僕の中で「勝負した」とはならない

 

単純に「ゴールがわからない」

 

Aタイプを打った場合に「いつやめるのか?」というのが自分の感情か負けた時となることが大半なので「Aタイプは勝負できない」と僕は考えてる

 

もっとも資金が少ない時に「Aタイプ」というのは選びやすい

 

必ず間違いという話ではないですが「少ない資金で当たるかも…少しでも遊びたい」という雑念が絶対にある

 

マジで1万円でAタイプを打つ人には上記の雑念は絶対にある

 

「Aタイプ」=「逃げ」ぐらいには思っている

 

と言っても「Aタイプ」が悪いという話ではなく「残り10KでAタイプで勝負したいならば朝から設定狙いで勝負しろ」とは思う

 

Aタイプこそ朝一からである

 

それでもAタイプからと思うのであるならば閉店30分前とかで明らかに設定6の台を閉店まで打つのはありかとは思う

 

閉店をゴールと決めつけれる

 

ならば「北斗の前回600G以上でスルー台」だとどうだろう?

 

これはありだ!

 

確実に予算内で勝負できるし例え失敗しても余りメダルをキチンと流せば3K~4Kの負けぐらいとは思う

 

じゃ~「4パチならば?」という声ならば

 

「ありだ!」

 

これも僕はありだと思う

 

当然、当たる可能性は厳しい部分はありますがHITした場合に一気に上抜けできる可能性は高い

 

コツコツというより「一発で上抜けする」を目指すことは重要

 

実際にコツコツ勝つって連勝するという話になるのですが「どれだけ連勝できる?」

 

僕は滅多に連勝はできない=そもそもコツコツは無理となる(通算の結果から見える話)

 

その中で「絶対に途中でヤメないこと」

 

勝負すると決めたならば途中で「ヤメ」てはダメだ

 

ハッキリ言ってどのみち厳しい状況からどうにかしたいというならば確実に何本かの綱渡りは必要

 

気持ちで渡りきるしかない

 

落ちたら来月まで耐えるしかない

 

適当に言っているかと思うが「これが出来る人は強い」

 

多くの方はこれができない

 

変な話ですがこういう勝負をしていれば「確実に良い時はやってくる」

 

この良い時を掴んだらしっかりとそこから組み立てれば地盤は強くなる

 

が、それでもそこまでのメンタルがある時とない時があるので僕は「1パチ」を選んだ

 

1パチならばチャンスは4倍あり、そのチャンスで勝負できるのでは?と考えた

 

*1パチでも当たらない可能性は確かにありますが、それは結構、稀な話

 

実際に1パチで10Kあれば一度ぐらいは普通ならば当たるでしょう

 

 

挑戦できない

 

動画をご覧の方は覚えているかもしれませんが「1パチのGODイーター」で勝利した後にすぐに「リゼロに挑戦できた」という話ではない

 

事前に作戦的には「勝ったらリゼロ」とは思ったが勝利した資金を手にした瞬間に「もし負けたらまた振出しだ」という思いが頭の中によぎる

 

ですので、なかなか台に座れなかったのを覚えている

 

これはこの企画をやって再度気づかされた

 

事前に決めていたのにいざそういう立場になると行動に移せない…やっぱり言葉を行動に移すのは難しい

 

それでも動画内で事前に言ってた建前はあるので「挑めた」

 

その結果「勝負できて勝てた」という話だと思う

 

改めて自分のメンタルの弱さに気が付かされた

 

ですので、ぼろ負けでもいいので必ず上抜けチャンス=勝負の形を無理矢理でも作りましょう

 

 

1番人気は30%

 

という考えもありますが世の中というのは広い

 

何もパチンコスロットが全てではないし、どんな手でも使っても上抜けしたい

 

例えば「競馬」で考えて見る

 

「競馬の1番人気がどんぐらいの勝率があるか?」

 

皆さん知っていますか?

 

*僕自身はそんなに競馬に詳しくないですがギャンブラーとしてっこのぐらいは知っているという話

 

ちなみに一着になるのは1番人気の馬が一番多いというデータはあります

 

勝率が約30%(正確には30%ちょっとぐらいです)

 

2番人気が20%を切るぐらいの可能性だっと思います

 

一番人気の連単率(2着以内)が50%で複勝率(3着以内)が60%

 

という様に、結構皆さんの予想というのは素晴らしいとは思う

 

この数値は安定感あるので今後も崩れることはない

 

当然、同じ1番人気でも倍率やさまざまな条件で変わる部分もあるかもしれませんが単純に「1点で勝負すれば30%の確率で勝てる」と考える

 

僕はそう考えます

 

ならばですよ…10Kからのパチンコスロットが30%以下の勝率ならば「競馬の方がいいかもしれない」

 

ここでも「一度様子見てまず1000円」という考えはダメや

 

どのみち30%で当たるという感じで買っているならば「ポンポン」と連続で当たると考える方が無謀

 

7割はハズレるという話

 

なので勝負賭けるならば「全額BET」

 

そのぐらいの気持ちがあれば3回に1回はとりあえず勝てる

 

っという様に「いくかいかないか?」の勝負もありと思う

 

 

中途半端はダメ

 

と、いろいろ言いましたが現実的に人の感覚を変えるのは難しいですので

 

「中途半端はヤメよう」

 

いくら資金が少なくても中途半端はダメ

 

何度も何度もいっていますが基本的に「中途半端にヤメる」という人がいるから「期待値」という言葉が生まれる

 

どんな時でもまずは狩りきりましょう

 

そしてチャンスができたら

 

25K勝ったならば「星矢」

 

20K勝ったならば「リゼロ」

 

勝負を賭けろ

 

そして勝つではなく「掴みとれ」

 

その後は狩られるではなく「狩りとれ」

 

資金は隙を生みますが絶対に

 

沖ドキは打つな!*BかもしれないはBじゃないと思え

 

凱旋打つな!*大量投資で50%の振り分け勝ちとっての80%ループより北斗無双のST継続率は80%だぞ

 

絆2は打つな!

 

北斗打て

 

ルパン打て

 

マジで北斗とルパンしか勝てんぞ!

 

終わり