1K失ってもBIGを勝ち取る男こと・・・ゴマです

 

本記事は後世に必ず語り繋がないといけない機種の話です

 

まずは雑談から…

 

世間で日々色々なNEWSで溢れて経済等を含めて混乱のさなかではある

 

今後はどうなるか分からないですが「3月は卒業…4月は新しい扉が開く」という季節になってくる

 

という事は皆さんにおいても「後輩」ができるという方も多い

 

しかし、今のご時世は何かとわちゃわちゃ言う先輩というのは「ウザイ」と陰で言われてしまう

 

しかぁ~~し、「僕はわちゃわちゃ言うからね!」

 

そりゃ~そうだ!人生少しでも長く生きればその分だけはさまざまな事を経験する

 

「そのぐらい喋らせてよ~」

 

個人的には「年齢の上下」というのはシビアな人間とは思います

 

特段、下の方を見下すとかでもなく上の人に敬意を払うとかはないですが「一定の線引き」としては重要と思う

 

上には上の…下には下のプライドはある

 

そんな感じでわちゃわちゃと後世に伝えたい機種を紹介する

 

 

—–sponsored link—–




 

 

最新の動画

 

メインはYOUTUBE動画をやってます

 

 

 

 

NEW島唄

 

4号機後半時代の後半に登場した

 

 

 

NEW島唄30

 

今回はこの機種をご紹介する

 

超絶ハイエナ機種であるので「物凄く勝った」といえば勝った機種ですがしっかりとハイエナしても「地獄も見える」というのがNEW島唄30である

 

の前に、もう少し事前情報を…

 

「NEW島唄30」と「NEW」がついている所を必ずチェックしてほしい

 

そもそも「島唄」→「島娘」→「NEW島唄」という感じで後継機を繋いでいる

 

もっとも「島娘」が非常に流行った…特に裏モノとして非常に流行った

 

通称「鬼娘」

 

スロットで「鬼娘」という言葉は「島娘の裏モノ」という認識でOK*僕もギリギリ鬼娘は打ったことある

 

ですので今後オリンピアが「鬼娘」を6号機で登場させたら超絶にヤバイと思っていい

 

名前だけでもうヤバイ

 

というより開発者も「島漢」とか1ミリも流行らない機種名をつけるならばこういう時代背景…ブラックジョークも取り入れながらの方がいいと思う

過去の栄光を使いたくないのか?それでも「後継機」というのはスロットの醍醐味だある

 

話それましたがそんな感じで結構、「島唄シリーズ」という感じで期待感はあった(NEW島唄の前に南国育ちの成功があったので余計に拍車がかかった)

 

そして僕は導入初日からしっかりと打って早々にハイエナができた

 

 

 

1/3を引いたか?

 

ハイエナポイントは間違ってなかったので問題なかったのですが「人というのは知らぬが仏」という言葉がある

 

N島唄には「低確C→低確B→低確A→通常C→通常B→通常A→チャンス」という感じにモードがある

 

*オキドキのようにスルーするほどモードが上がっていくという感じ

 

この通常モード以上を打つのがハイエナ(沖ドキと変わらない…スロットを打つ基本的な部分って大きくは変わりません)

 

そして通常モードでボーナスが当たるとBIGの可能性が出てくる(低確では99%REG)

 

BIGを引ければ以降は70%でBIGの1G連

 

1G連のたびに13%でフリーズ発生…恩恵はBIG1回

 

BIGは400枚ぐらいは獲得できるので瞬発力はある

 

で、何が一番の問題なのか?というと「通常モードでボーナスが当たった時である」

 

BIGなのか?REGなのか?

 

REGを引けば残念…BIGならば1G連の始まり

 

振り分け確率は2/3でREG・1/3でBIG

 

というように基本的にはREGで残念という方が多い

 

が、この振り分けというのは今の世代の人には「ない」振り分けの仕方である

 

もう一度言うが66%でREG・33%でBIGなのですが

 

「毎G抽選している」

 

意味が分かりますか?

 

当たった瞬間に「BIGかREG」を抽選しているのではなく「毎G振り分けで変わっていく」

 

要するに「レバー叩いて33%を引いたと思った瞬間にボーナスを揃える」

 

GOMA「33%を引いてないと思えばボーナスは揃えるずに次Gを回せ!」

 

「結果がわからないけど、やり直しありのガチ抽選」という感じ

 

本当にこのリール制御を知ってから「なかなかボーナスを揃えれない病気になった」

 

「なんか違う…」

 

「この叩き方ではダメな感じが…」

 

メダルが減っていこうが関係ない

 

たかが数枚のメダルを捨てでも「BIGの瞬間にボーナスを揃えたい」と考えた

 

・・・

 

GOMA「今引いたかな?」

 

B君「わかるはずないやろ!」

 

GOMA「ふざけるな!この1回のミスがどれほどの惨事を呼び込むのかわかるか?」

 

B君「わかるといえばわかるけど、もうそんなこと言って20G回してるやん!」

 

GOMA「なかなかファイナルアンサーが言えない」

 

B君「まさか、みのもんた以上の溜めを作る人間がいるとは…」

 

GOMA「シーサーでいくか?赤7でいくか?島唄でいくか?」

 

B君「そりゃ~シーサーの1択やろ!」

 

 

 

シーサー・シーサー・赤7はBIGなのです

 

GOMA「他に他にはなんかない?」

 

B君「オーディエンスですか?テレホンですか?」

 

GOMA「ミリオネア方式はヤメて…」

 

B君「使わなくていいんですね…」

 

GOMA「すいません…オー゙ィエンスで!」

 

B君「花笠ランプをさすりましょう」

 

GOMA「普通~超ありきたりやん!」

 

B君「ファイナルアンサー?」

 

GOMA「・・・ファイナルアンサー!」

 

・・・

 

というのが、NEW島唄でした

 

「やりなおしができるガチ抽選」があったことを後世に伝えておこう